静岡駅「駅弁屋のカツサンド」(700円)〜総理大臣の交代時期……令和の「興津詣で」!

» 2020年09月25日 09時00分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年9月10日)

駅弁 373系電車・特急「ふじかわ」、東海道本線・由比〜興津間

アユ釣りの名所として知られる、静岡市の興津川を特急「ふじかわ」が渡っていきます。

東海道の鈍行旅を楽しむ方にとっては、しばしばお世話になる興津(おきつ)駅。

静岡駅周辺では、熱海〜島田間と興津〜浜松間の普通列車が交互に運行されており、島田より先へ向かう人のなかには、興津で始発の下り列車に乗り換える方も多い様子。

興津駅のホームにも、下り始発列車の案内が大きく掲示されています。

駅弁 旧東海道興津宿

学生の頃は、ひたすら乗り継ぐ旅ばかりしていましたが、年齢を重ねるにつれて、段々と途中下車が楽しくなってくるものです。

興津を代表する古刹・清見寺の前に、興津のまち案内がありました。

飛鳥時代(西暦680年頃)には、この地に関所(清見関)が置かれており、江戸時代には東海道十七番目の宿場町として栄えてきたといいます。

駅弁 身延道入口

興津は薩埵峠(さったとうげ)の峠越えを前にした宿場で、身延道への分岐点でもあり、国道1号沿いを歩くと、法華経が刻まれた身延道への入口を表す石碑がありました。

現在も、国道1号から国道52号が分岐、中部横断自動車道の建設も進みます。

身延道は興津からのルートのほか、岩淵(現・富士市)からの富士川沿いルート、由比(現・静岡市)から内房(現・富士宮市)を経由する3ルートがあったと云われています。

(参考)山梨県身延町ホームページほか

駅弁 興津坐漁荘

明治に入って東海道本線が通ると、興津の清見潟に面したエリアは、明治政府の重鎮たちの避寒地として、別荘が建ち並ぶようになりました。

約100年前に建てられた最後の元老・西園寺公望の坐漁荘には、内閣総理大臣の交代時期となると、政府要人がやって来たことから、「興津詣で」という言葉も生まれました。

現在は、平成16(2004)年に当時の建物を復元した記念館「興津坐漁荘」があります。

駅弁 駅弁屋のカツサンド

明治の元勲たちに愛された興津を旅したら、サンドイッチ駅弁をいただきたくなりました。

静岡駅弁「東海軒」の「サンドイッチ」も歴史があり、明治33(1900)年発売といいますから、ちょうど今年で120年の節目を迎えます。

平成に入ってからは、姉妹品「駅弁屋のカツサンド」(700円)も登場。

富士山と豚のイラストが描かれたレトロ風なパッケージが旅心をくすぐります。

駅弁 駅弁屋のカツサンド

【おしながき】

  • カツサンド
  • たまごサンド
  • ハムサンド
駅弁 駅弁屋のカツサンド

箱を開けると、ソースがよくしみ込んだ3切のカツサンドの間に、たまごサンドとハムサンドが1切ずつ挟まっていて、いただく人を飽きさせない作りになっています。

東海軒によると、トンカツの肉には、豚肉のほぐし身を使用することで、冷めても柔らかく、年配の方も美味しく食べられるようにしたといいます。

こういった工夫が嬉しいのが、駅弁屋さんのサンドイッチなんですよね。

駅弁 211系電車・普通列車、東海道本線・興津〜清水間

明治の文明開化に合わせて広まっていった、カツレツやサンドイッチ。

そんな時代の政府重鎮のアドバイスで生まれたとされる、日本のサンドイッチ駅弁。

そして、明治の元勲たちが愛した、東海道本線沿線の風光明媚な別荘地。

総理大臣の交代時期となったいま、明治の元勲たちに思いを馳せ、令和の「興津詣で」と駅弁と共に、歴史ある東海道本線の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」