ニュース
» 2020年10月14日 07時00分 公開

Twitterリプライ制限機能に賛成が半数以上 「安心して投稿できた」と使用経験者の5割以上

12%の人が使用したことがあると答えました。

[関口雄太,ねとらぼ]

 ジャストシステムが「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2020年9月度)」を公開し、Twitterでリプライ(返信)相手を制限する新機能について、使用者の約半数が「安心して投稿できた」と実感していることを発表しました。


Twitterリプライ制限機能に賛成が半数以上 「安心して投稿できた」と5割以上が実感 約4割の人がリプライ制限機能を認知

 調査は17歳から69歳までの男女1100人を対象に実施。そのうちTwitterを利用している525人に、Twitterのリプライ相手を設定できる新機能の利用状況を聞きました。

 Twitterは2020年8月から、投稿者が投稿に返信可能な相手を制限できる機能を導入。この機能について知っていた人は44.4%。内訳は「使ったことがある」と答えた人が12.4%、「使ったことはないが知っている」と答えた人が32.0%でした。

 新機能利用者のうち52.3%が「安心して投稿できた」、50.8%が「不快に思うことが減った」、43.1%が「自分の意見を気兼ねなく投稿できた」という結果に。新機能により快適にTwitterに投稿できる人が増えたことがうかがえます。

 また、新機能を認知している人のうち、導入に賛成する人は54.5%と半数以上であることに対し、反対と意見を持つ人は3.4%にとどまりました。賛成理由として「悪意のある返信が減る」「トラブルを防げる」などが挙げられています。

 新機能ではリプライできる相手を3段階で設定可能。この機能により、見ず知らずの人から一方的に悪意のある言葉を投げつけられることを防げます。反面、デマや間違いを指摘できなくなるのではとも指摘されています。


Twitterリプライ制限機能に賛成が半数以上 「安心して投稿できた」と5割以上が実感 新機能利用者の半数以上が他人を中傷する「クソリプ」を減らす効果を実感しています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」