ニュース
» 2020年11月11日 17時30分 公開

海面が100m上昇したらどんな世界になる? 「日本のようで日本でない列島」描いた地図が妄想を刺激する

今とは違う世界線の日本が見られます。

[関口雄太,ねとらぼ]

 海面が現在よりも100m上昇した場合の、日本周辺の地図が、九州から長崎が分離していたり、関東平野が水没していたりと、今とはまるで違う顔を見せてくれます。

 投稿者のにゃんこそば(@ShinagawaJP)さんが、「日本のようで日本でない列島」と表現するように、そこには日本とどこか違う雰囲気の島国が広がっています。

「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する

 拡大した画像を見ると、変化をよりはっきりと確認できます。にゃんこそばさんは「九州から長崎群島が分離」「大阪平野・濃尾平野・関東平野が水没。→次なる大都市圏は?」「山形盆地や北上盆地にシアトルみを感じる」「北海道は東西に分離」と各地の変化を考察。

 都市部の東京を含む関東平野、関西では大阪平野が海に沈んでおり、新たな土地に人口が集中するのか、それとも分散しているのか、空想が広がりそうです。

「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する

 さらにピンポイントで拡大した画像では、瀬戸内海が日本海とつながりそうになるなど、大きな変化が確認できます。「宇都宮・高崎・八王子が港湾都市になるのではないか」など、新たな商業形態の発達が予測できそうです。

「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する 山梨県は南部町が港町に
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する 琵琶湖は内海に
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する 沖縄方面もあります

 さらに広域版では、日本だけでなく、世界とのつながりも把握できます。「チベットが雪を被ってたり五大湖が干からびてるのはご愛敬」と現実との違いも見られるものの、、オセアニアやヨーロッパなどの大陸でも日本と同様に、都市部などが水没しており、今とは違う発展を想像させられます。

 ちなみに「世界の人口の3割強、日本の人口の8割強が海抜100m以下に居住」とのことで、もし本当に世界が100m沈んだら、人間はシビアな選択を迫られるかもしれません。

「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する
「日本のようで日本でない列島」が出現 海面が100m上がった世界線を描いた地図が想像力を刺激する

 その他、現実世界の人口分布を重ねたマップ、反対に海面が140メートル下がった世界の画像も投稿されました。大半の人が、自分の住んでいる場所は海の下となっていそうですが、もしもこの大陸の形が実在していたら、交通や商業、人口などはどのようになるのだろうかと想像がはかどります。

画像提供:にゃんこそば(@ShinagawaJP)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ