ニュース
» 2020年11月19日 08時20分 公開

「なぜ悪口を言ってはいけないの?」 陰口が自分のためにならない「4つのリスク」を動物たちで説明したイラストがわかりやすい

悪口のリスクについて図説しています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 「ヘビは性格がわるい」――かわいらしい動物たちで「なぜ悪口を言ってはいけないのか」を説明したイラストがわかりやすいとTwitterで話題になっています。投稿したのはWebプロモーション会社free web hopeの相原ゆうき(@fwh_aihara)さん。



 リスがヘビの悪口をほかの動物たちに話す、陰口の伝わり方をシンプルに絵とセリフで表現。「なぜ悪口を言ってはいけないのか」について4つの理由が挙げられており、“最終的に自分に返ってくる”という部分を分かりやすく描いています。

 最初の理由は「そもそも伝えたいように伝わらないから」。陰口を聞いた側は、陰口を言うリスをみて「僕の悪口も言われてそう…」と思うかもしれず、マイナスな印象を持たれる可能性があります。


なぜ悪口を言ってはいけないのか 自分に返ってくる 説明 イラスト 図説

 次に「意図しない伝播の仕方をするから」。リスから陰口を聞いた動物たちは、今度はそれぞれ友達に自分の意見なども含めて話をします。例えば「リスにヘタな事言わないほうが良いよ」等。なお、この言葉もまた陰口として伝わることがあります。


なぜ悪口を言ってはいけないのか 自分に返ってくる 説明 イラスト 図説

 続いて3つ目が「ヘビ(本人)に伝わるから」。イラストでは、動物づてに話を聞きいたモグラが、「ぶっちゃけお前リスに嫌われてるみたいだよ。(中略)フクロウが言ってたんだけど。あ、俺の名前出さないでね」と、ヘビに話す姿が描かれています。


なぜ悪口を言ってはいけないのか 自分に返ってくる 説明 イラスト 図説

 そして最後が「面倒な事になって返ってくるから」。“ヘビが悪口を言われている”という話を聞いた大きなヘラジカに問い詰められ、リスは「いや悪口を言ったのではなくて…」としどろもどろに――力のある人や自分の尊敬する人、あるいは社会に対して、悪口が伝わってしまうリスクが描かれています。


なぜ悪口を言ってはいけないのか 自分に返ってくる 説明 イラスト 図説

 Twitterでは18万いいねを集めるなど話題になり、「こうやって説明されれば理解しやすい」「動物だと客観的に見られて良い」「大人にも子どもにも大事なこと」といった声が寄せられています。中には「授業で使いたい」という教師の声も。

 一度口から出た言葉を取り消すのは困難です。どうせ自分に返ってくるのだとしたら、ネガティブな陰口よりも、誰かを褒めるポジティブな言葉の方が建設的かもしれませんね。





画像提供:相原ゆうき(@fwh_aihara)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10