新神戸駅「二種のお揚げのきつね寿し」(800円)〜古都・京都をイメージした市松模様が美しい創作寿し駅弁!(1/12 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新神戸駅「二種のお揚げのきつね寿し」(800円)です。

» 2021年02月07日 08時30分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
駅弁 新神戸駅「二種のお揚げのきつね寿し」(800円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年4月23日)

駅弁 221系電車・普通列車、山陰本線・京都〜丹波口間(2016年撮影)

京都・梅小路は、電車が走り、気動車が走り、蒸気機関車が走る街。

再び自由に移動できる時期が来たら、「京都鉄道博物館」から、さまざまな列車が走る風景をのんびりと眺めたいものです。

訪れたこの日も、何気なく眺めていると、山陰本線(JR嵯峨野線)の221系電車が、C62形蒸気機関車の2号機けん引の「スチーム号」をオーバークロスで越えていきました。

駅弁 電気鉄道事業発祥の地(2013年撮影)

しばしば「列車」と「電車」の違いを聞かれますが、基本的には列車という大きなカテゴリーのなかで、電気を動力源とした車両に客や荷物を載せられる列車が「電車」とされます。

京都は、日本で初めて「電車」の営業運転が行われたまち。

明治28(1895)年に開業した京都電気鉄道の“路面電車”が伏見まで約6kmを結びました。

京都駅近くには昭和50(1975)年に建てられた「電気鉄道事業発祥の地」の碑があります。(参考)京都市ホームページ

駅弁 二種のお揚げのきつね寿し

この京都〜伏見間を結んでいた路面電車は、伏見稲荷大社の参詣にも重宝された様子。

そんな京都の鉄道風景を思い浮かべていただきたいのが、神戸を拠点に京阪神の駅弁を手掛ける「淡路屋」の「二種のお揚げのきつね寿し」(800円)です。

令和元(2019)年7月に発売された比較的新しい駅弁で、京都をイメージして作られており、スリーブ式の包装にも、きつねの絵と一緒に、京の町家らしい風景が描かれています。

駅弁 二種のお揚げのきつね寿し

【おしながき】

  • 酢飯
  • 味付け油揚げ(白・黒)
  • 小松菜のおひたし
  • くるみ甘煮
  • ガリ
駅弁 二種のお揚げのきつね寿し

ふたを開けると、一面に敷き詰められた市松模様の白と黒のお揚げが現れました。

白は普通の油揚げ、黒は黒糖の油揚げで、酢飯の香りとお揚げの甘い香りが入り混じって、酢飯の上に敷かれたガリと共に、食欲がかき立てられて、箸がどんどん進みます!

「淡路屋」によると、古都をイメージした市松模様は碁盤の目の街並みにも通じるとのこと。

一条、二条、三条…と、油揚げ1枚ごとに箸を入れていくのが、楽しくなりそうです。

駅弁 221系電車・普通列車、山陰本線・馬堀駅(2013年撮影)

「二種のお揚げのきつね寿し」も、淡路屋の「通信販売」で購入可能です。

221系電車も、山陰本線・奈良線など、京都周辺の各路線に活躍の幅を広げていますが、いまは旅したい気持ちをグッと我慢するとき。

家から1歩も出ることなく、駅弁の通信販売などを活用して、いまできる最大限の旅気分を存分に楽しみましょう。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  2. /nl/articles/2405/16/news184.jpg どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  3. /nl/articles/2405/16/news185.jpg “ジョジョ婚”じゃん! 結婚報告の「岸辺露伴」高橋一生&飯豊まりえ、“連名サインの本名”に集まる驚きの声「直筆見て初めて知った」「これが正解」
  4. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  5. /nl/articles/2405/17/news019.jpg リモート会議中の“マナー違反”に共感の声が殺到 「全く同感」「マナー講師はなぜこれを教えないのか」
  6. /nl/articles/2405/16/news123.jpg “1K8畳”の新居を一人暮らし男子が模様替え→“ホテル”みたいに大変身する様子に「シャレオツ」「センスよー!」と称賛
  7. /nl/articles/2405/17/news054.jpg 「これは罠」「本当に紛らわしい」 現役清掃員が教える「保冷剤」を捨てる際の“落とし穴”が話題
  8. /nl/articles/2403/21/news104.jpg 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. /nl/articles/2405/17/news046.jpg 北陸新幹線に空のペットボトルを持って乗ると…… “あるもの”が見える実験に「知らなかった」「教科書よりわかりやすい」
  10. /nl/articles/2405/16/news194.jpg 牛丼チェーン「松屋」、深夜料金を導入 一部の店舗で
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評