ニュース
» 2021年02月21日 21時00分 公開

買うつもりのなかった机を買った、その決め手は“怪異”? 大きな机とおじさんをつなげた「不思議な出来事」描いた漫画(1/2 ページ)

日本でも「母艦」「処女航海」「姉妹船」などありますね。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 船名に女性の名前を付ける、英語では船を指して「she」と呼ぶなど、世界的に見て船は古来から女性として見られ、扱われ、呼ばれ続けてきました。その理由には諸説あるのですが、どうにも決定的な言説は見つかっていないそうで、「さまざまに説はあるものの、古くから続いている習慣としか言いようがない」とのことです。

 今回ご紹介する作品では、この「船は女性である」という説をもとに、船に宿るモノも女性であると信じたくなりそうな……実に不思議な体験談が紡がれています。


机に購入主として選んでもらったのかもしれない話 漫画

 ある人から聞いたお話。その人の親戚のおじさんは、とても大きくて立派な座敷机を持っていました。さて、このおじさんがその机を買うに至ったきっかけは、実に不思議な出来事にあったのだそうです。


机に購入主として選んでもらったのかもしれない話 漫画

机に購入主として選んでもらったのかもしれない話 漫画

 その座敷机は、街で見かけた店先に置いてありました。その机はとても出来がよく、値札には「セール品 古木リメイク」と書かれています。「古木か、何で作られたのかな」と思いつつ、なんとなく眺めていたおじさんでしたが……唐突に「お船の底だったのよ」と、その疑問に答える女性の声が聞こえたのです。

 驚き振り向いたおじさんでしたが、そこには誰もいませんでした。思わずお店へ入り話を聞いてみたところ、その机は本当に「木船をリメイクして作られたもの」だったのです。


机に購入主として選んでもらったのかもしれない話 漫画

机に購入主として選んでもらったのかもしれない話 漫画

 それを聞いたおじさんは「船は女性だとよく聞く。それに不思議な体験だったが、不気味な感じはなかった」と考えます。そして近く大きな机を使う予定を思い出し、おじさんはその場で机の購入を決めたのでした。

 おじさんは「どうして自分に声を掛けたのだろう、まだ人間と一緒に働きたかったのかな」と、あの不思議な声を思い返します。かくしておじさんの家にやってきた、座敷机に生まれ変わった木舟は、今でも家族の団らんの中心で愛されているそうです。

 作者は漫画家のみつつぐ(@mitutugu)さん。ガンダム情報公式ポータルサイト「GUNDAM.INFO」で「週刊ガンダムニュース」を連載中です。また、本作品のような「人から聞いた不思議な話を漫画にしてみた」をまとめた書籍『いつもきみのそばに 動物たちが残した25個の不思議なメッセージ』が2月26日に発売予定です。



作品提供:みつつぐ(@mitutugu)さん


たけしな竜美(@t23_tksn


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響