ニュース
» 2021年03月01日 07時30分 公開

「このまま自分を気に入らないまま人生終わらせたくない」 長年悩んだ「受け口」の治療に踏み切った実録漫画(1/2 ページ)

過酷な治療をユーモア満載に表現。

[関口雄太,ねとらぼ]

 下顎が成長しすぎてしまう「顎変形症」を治療している実録漫画で、コンプレックスの自覚から治療の初期段階であるブラケット装着までに至る苦労がコミカルに描かれています。

「歯の上で鈴鹿8耐が開催」「厚めのネギが歯の間にめりこむ」 顎変形症の治療過程を描いた実体験漫画が面白くて勉強にもなる 上の歯よりも下の歯が前に出る顎変形症

 作者のまりえ(@C_M_Y_K_CNN)さんは、小学生高学年の頃、下の歯が上の歯よりも前に出ている状態の「受け口」だと自覚し始めます。当時は就寝時に、成長期の子どもの顎の成長を阻止する道具「ヘッドギア」を装着していたものの、その効果は実感できないまま年月が流れていきました。

 やがて大人になるも顎変形症の症状は改善せず、顎をコンプレックスとして抱えながら社会人になったまりえさん。あるとき、大きな地震に巻き込まれ、自宅の中がかき回されたような被害にあいます。被災を機に、「このまま自分を気に入らないまま人生終わらせたくない」と決意し、幼い頃から通い続けていた歯科医師のもとへ。ところが、まりえさんの口内を知り尽くした歯医者さんでも、顎変形症の治療はできず、大きな病院を紹介されます。

「歯の上で鈴鹿8耐が開催」「厚めのネギが歯の間にめりこむ」 顎変形症の治療過程を描いた実体験漫画が面白くて勉強にもなる 口内を知り尽くした心強い歯医者さん

 紹介先の病院で問診を受けた結果、治療完了までに4年ほどかかり、治療の中で顎の骨を切る必要があると明かされます。さらに、何度も通院や入院があるので、治療に充てる貯金や職場からの理解が必要とのこと。それでもまりえさんは、困難をひとつずつ乗り越えながら治療の準備段階に入っていきます。

 最初のゴール地点は、ブラケットと呼ばれるワイヤーで歯を修正する器具を取り付ける治療。装着に至るまで、拷問器具のようないかつい治療具で抜歯を行い、虫歯治療で鈴鹿8耐(鈴鹿8時間耐久ロードレース)が開催したようなドリルの振動を体験し、ブラケット装着直前には歯と歯の間に厚めのネギがめりこむ感じの治療を受け、ようやく上顎ブラケットの装着が完了します。

「歯の上で鈴鹿8耐が開催」「厚めのネギが歯の間にめりこむ」 顎変形症の治療過程を描いた実体験漫画が面白くて勉強にもなる 歯の上で鈴鹿8耐開催……!
「歯の上で鈴鹿8耐が開催」「厚めのネギが歯の間にめりこむ」 顎変形症の治療過程を描いた実体験漫画が面白くて勉強にもなる 歯の間にめりこむ厚めのネギ

 2018年11月に病院へ通い始め、2019年3月までは噛む力や顎の軌道計測、頭部のCT撮影などを実施。2019年6月中旬に上顎ブラケットを装着しました。およそ半年の月日がかかっていますが、治療が完了するまでの道はまだ続きます。

「歯の上で鈴鹿8耐が開催」「厚めのネギが歯の間にめりこむ」 顎変形症の治療過程を描いた実体験漫画が面白くて勉強にもなる 約半年かかって上顎ブラケット装着完了

 まりえさんは体験談を漫画にした理由を「同じ治療を検討・経験している方の目に留まればと思い描き始めた」と教えてくれました。また、「身近に受け口で悩んでる人がいたら、その人自身の意思で始めたいと思うまで無理に治療させないでほしい」と広くメッセージを伝えたいとコメント。その理由は、ご自身が術前矯正や手術を受ける中で、想像以上にたくさんの辛い経験があり悩んだからだといいます。

 さらに、まりえさんは、もし、ほかの人から「顎を治しなさい」と言われて治療を始めていた場合、術後の回復がうまくいかないときに「あなたがやれって言ったじゃない!」とストレスのはけ口にしてしまうようなこともあっただろうと語っています。本当にコンプレックスを治すのなら自己責任で始める覚悟がいると感じたそうです。

 漫画の展開はまだ治療が開始したばかり。更新ペースは定められていませんが、今後の展開がとても楽しみです。まりえさんはTwitterだけでなく、Instagramで漫画とあわせて歯の情報も随時更新しています。

まりえさんのInstagram

※作品提供:まりえ(@C_M_Y_K_CNN)さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/12/news047.jpg 冨永愛、タクシー乗車中の事故でムチウチに 痛々しい写真公開「もし、シートベルトをしていなかったら…もっとひどい事に」
  2. /nl/articles/2106/11/news125.jpg オーブンレンジが大量に吐血!? “事件現場”にシャープも反応「ご愛用ありがとうございますが自首してください」
  3. /nl/articles/2106/10/news102.jpg 岡田義徳、0歳次男がRSウイルス感染で緊急入院 涙を流した妻・田畑智子に「一番しんどいだろうな」
  4. /nl/articles/1809/17/news031.jpg 「お前ホットケーキなんだよな?」 フライパンにしか見えないホットケーキが生成され戸惑うTwitter民
  5. /nl/articles/2106/12/news013.jpg 先輩犬に怒られた柴犬さんの表情とポーズに爆笑! 「犬ってこんな顔できるの?」「アニメみたいw」の声
  6. /nl/articles/2106/06/news003.jpg 透明標本を作るために2カ月カニの甲羅を煮込んでいたら包丁が完成 「ゾッとする」「やっぱり狂ってる」と大人気に
  7. /nl/articles/2106/11/news143.jpg 「新垣結衣さんとランチ」 小籔千豊、突然の報告にファンのツッコミが響き渡る「そっちかーーい!」「ガッキーなのは事実やけど」
  8. /nl/articles/2106/12/news007.jpg 「なんだその髪色は」 → 「疑ってすまなかった(涙)」 怖そうでみんなに好かれる体育教師の漫画がギャップ萌え
  9. /nl/articles/2106/11/news136.jpg 壇蜜、五輪聖火ランナー姿に“随分やつれてる”と心配の声 祖母逝去の精神的ダメージを告白「目まい結構ひどくって」
  10. /nl/articles/2105/25/news027.jpg 髪の長い女子生徒をその場で散髪……と思ったら? “厳しすぎる生徒指導”の漫画が予想外に良い話

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10