ニュース
» 2021年03月02日 20時00分 公開

2020年2月、フランスにいた留学生の記録 漫画でつづる「新型コロナ」感染拡大と帰国判断の難しさ

ついに大学が閉鎖に……。

[SONO,ねとらぼ]

 2020年3月、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の流行が原因で、多くの留学プログラムが中止になり、緊急帰国を余儀なくされた学生が続々と日本に帰ってきました。

 かくいう私もその1人。帰国直後は、念願の留学がこんな形で終わってしまったことがショックで、なかなか筆が進まなかったのですが、ようやく当時を振り返ることができるようになってきました。

 この連載では、マンガと文章でコロナ流行当初の雰囲気や状況の流れをお伝えします。

前回の記事はこちら

書いた人:SONO

 1995年生まれ。漫画家。

 キリスト教、歴史を題材にした漫画を執筆している。著作に『教派擬人化漫画 ピューリたん』(キリスト新聞社)がある。

Twitter:@0164288

2月のバカンス明けの緊迫

コロナ 帰国日記

 2月末〜3月初頭の休暇が終わり、大学の授業が再開されたころの出来事です。コロナは怖いけれど、学生である我々の目下の敵は、3月末にせまる期末試験。ところが授業開始直後の3月10日、日本外務省が、フランスを感染症危険レベル1(=十分注意してください)に指定しました。この影響で、いくつかの日本の大学が留学プログラムを中止し、留学生たちに帰国要請を出しはじめました。

 出身大学や、参加していた留学プログラムやビザの種類にもよりますが、都内某私立大学から留学していた友人たちは危険レベル1が出された日に「来週の飛行機で帰国するように」との指示を大学から受けたそうです。

 留学生を帰国させる決定をしたのは日本だけではありませんでした。アメリカ、アジア、EUの他の国からきている留学生なども、次々に荷物をまとめて帰国しているようでした。おそらく、大学の要請を受ける前に、自主的に帰国する決断をした人もいたのではないでしょうか。

 私が住んでいた学生寮(フランス人学生も留学生も入居している)でも、帰国の準備をする学生たちが目につき始め、廊下やロビーでは帰国するか否かを真剣に話し合っている学生たちの姿がみられました。

 私自身は、こうした状況の急変にとまどいつつも、妙に落ち着いた気持ちでいました。自分の出身大学からは、まだ帰国の要請は出ていなかったし、大学院生だったので、取るべき単位もなく、就活する予定もない。「日本に帰ってもすることないし、私は帰国しなくていいかな〜」などと考えていたのです。

大学が閉鎖に

コロナ 帰国日記

 そして、3月14日土曜日の朝。コロナの感染拡大を防ぐため、月曜日から大学が休講になるという知らせがきました。この時の私の気持ちは「コロナが怖い」よりも、「定期試験のために準備してたのに!ひどい!」「でも、しばらく勉強する時間ができるぞ!ラッキー」というものでした。

最後の外食になった中東料理

コロナ 帰国日記

 とはいえ、不安な状況には変わりなく、勉強もなかなか手につきません。癒やしを求めて、同じく日本人留学生の友達と猫カフェへ行くことにしました。リヨンには2軒の猫カフェがありますが、1軒目は満席だったので、2軒目へ。猫を愛でながらの話題は「フランスが、イタリアみたいに外出禁止になったらどうしよう?」「学校もお店も閉まってたら、どうやって過ごそうか? Netflixに加入すべき?」「せめて試験を受けて、単位をもらってから帰りたい」「滞在を続けるために、どうやって大学とか先生とか親を説得しようか?」などと言う、ぼやき&愚痴&妄想。このときは、十分な情報もなく、見通しの立たない状況のなかで、少しでも気分を晴らしたかったのだと思います。

 その後、夕食をとるために立ち寄った中東料理レストランで、当日深夜からのバー・レストランなどの休業要請が出されたことを知りました。さらに、翌々日の16日にはマクロン大統領が演説をし、コロナ対策について詳しく説明するとのこと。

 店員さんに「このお店も閉めるんですか!?」と聞いてみると、意外にも「こんな状況じゃしょうがないから、バカンスだと思ってしばらくお休みするよ。明日から車で南仏にいくことにしたよ〜」とのんびりとした返事がかえってきて、少し安心したのでした。実際にはこの後、緊急の理由がない長距離移動が禁止になってしまったので、彼はきっと南仏には行けなかったでしょう……。

ついに帰国要請の予告が

コロナ 帰国日記

 そして翌朝15日、ついに私の派遣元である日本の大学から「外務省の感染症危険レベルが2に達した段階で交換留学プログラムを中止し、帰国を要請する」という予告メールが届きました。この時ようやく、「もしかして私も帰国させられるの!? 他の留学生たちみたいに!?」という不安が実感として襲ってきました。

 はたして、私は帰国させられてしまうのか? それとも、意地でもフランスに残るのか? 第3回に続きます。

第3回に続く

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声