20代後半で出会った「ポポロクロイス物語」を25年間追い続ける ファンサイト管理人の半生

2000年から続くファンサイト「ポポロクロイス探偵局」管理人さん。

» 2021年03月13日 18時00分 公開
[ねとらぼ]

 毎年のように話題の新作が登場するゲームの世界。その一方で、長年にわたって同じ作品を遊び続けている人たちもいます。そこで本記事は「10年以上、同じRPGを遊び続けている方」にその作品と出会ったきっかけ、遊び続けている理由などを伺う読者募集企画。

 今回は、「ポポロクロイス物語」シリーズのファンサイト「ポポロクロイス探偵局」を21年にわたって運営している、ぱぐ☆5匹さん(@pugfive)にお話を伺いました。



「ポポロクロイス物語」とは


PS公式サイトソフトウェアカタログより。初代作などゲームアーカイブスで遊べるタイトルも

 「ポポロクロイス物語」は、1980年代に朝日小学生新聞にて連載された漫画作品(作・田森庸介さん)。1990年代以降、同作を原作とするゲーム、アニメが登場した。

 ゲーム版初代作「ポポロクロイス物語」(PS)は1996年7月に発売。暖かみのあるグラフィック、ポポロクロイス王国の王子ピエトロの成長、家族愛などを描いたストーリーが高く評価され、「PS黎明期の名作RPG」と評されることも。

ピエトロとの旅立ち

 「ポポロクロイス物語」を初めて知ったのは、私が20代後半のころ。ゲーム雑誌を読んでいると初代作「ポポロクロイス物語」の紹介記事があり、その独特な絵柄の雰囲気、キャラクター、アニメーションなどに強く心をひかれました。

―― 当時のゲームファンなら遊んだことはなくとも、まるで絵本のようなキャラデザなどに見覚えがあるかもしれませんね。

 発売当日、ワクワクしながらオモチャ屋さんに買いに行って、主人公ピエトロ王子に思いっきり感情移入して、二人三脚でありつつも一人称の冒険を進めていきました。

 今でも強く印象に残っているのが、スタッフロールで流れる主題歌「ピエトロの旅立ち」です。歌詞で描かれるピエトロの冒険と成長の軌跡がなんともうれしい一方、「これで冒険は終わってしまうんだ」という一抹の寂しさ。そんなないまぜになった気持ちを抱きながら、当時まだブラウン管だった画面を眺めていたことを思い出します。

 いまだにカラオケでこの曲を歌おうものなら、あらゆる記憶がよみがえってきてしまい、涙なしには歌えない、聴けないというありさまです。

※涙なしには歌えない、聴けない:「ポポロの主題歌の破壊力はシリーズ作全てに当てはまります」とのこと

―― ぱぐ☆5匹さんにとっての「ポポロクロイス物語」シリーズの魅力とはなんでしょうか。

 一番の良さは「優しさ」でしょうか。

 エンディングを迎えた後、心の底から温かな気持ちが湧いてきて、「その世界のキャラが幸せでいてくれることが本当にうれしくてたまらない」と感じずにはいられない、そんな優しさにあふれた作品だと思います。

 それから、「ポポロクロイス物語」シリーズは小説「ポポロクロニクル」を含めるとピエトロのお父さん(パウロ国王)、ピエトロ、その息子・ピノンの実に3世代にわたるストーリーなのですが、過去作では謎だった世界の秘密が後続のシリーズ作で明かされていき、追いかければ追いかけるほど奥行きが広がる世界観にも大きな魅力を感じています。

 ファンとしてはうれしいことに、最新作「ポポロクロイス物語 〜ナルシアの涙と妖精の笛」(iOSAndroid)では今なお新たな物語が紡がれていて、私は「その内容を踏まえたうえで、過去のシリーズ作を最初からプレイしなおす」という楽しみ方をしています。

 そうすることで新たな視点で物語に触れることができますし、さらにプレイ回数を重ねていくと、以前は気付けなかったことにも気付けるようになり、ポポロの作品世界をより広く大きく感じられるようになっていきます。

―― 各作品のストーリー自体は変わらないけど、見え方が変わっていく。そこに同じ作品を遊び続ける楽しさを感じたわけですね。

 物語の大きな流れを楽しんだり、各作品のつながりを考えたり、まだ解き明かされていない謎に思いをはせたり……と、いろいろな面白さがあります。ちなみに、初代作発売から25年たった今も、答えがありそうで見つからない謎がいくつも残っていて、探求のしがいが大いにありますね。

21年間続くファンサイト「ポポロクロイス探偵局」

 初代作をクリアして原作漫画を読んで以降、私はゲーム雑誌でポポロ情報を積極的に集めはじめ、アニメ版、ゲーム版続編の放映/発売日を心待ちにするように。どの作品もリアルタイムに追いかけてきました(※)。

※どの作品もリアルタイムに:ゲーム版第5作「月の掟の冒険」(PS2/2004年発売)に関しては「当初はアニメ放映より先にゲームが発売される予定だったのですが、制作の遅れのためにアニメ放映が先に。ゲームを終えるまで、アニメ視聴を封印していました」とのこと。

―― ファンサイト「ポポロクロイス探偵局」を作ろうと思ったきっかけは何でしょうか?

 「ポポロクロイス物語2」(PS/2000年発売)をプレイし終えたときに「こんなにも素晴らしくて、いとおしい物語が終わってしまう。この気持ちをどこにぶつけたらいいんだろう」「よし、それじゃあ、ファンサイトを立ち上げてポポロの良さを世に訴えていこう」と。

 それまでにも「ファンサイトを作ってみたい」という気持ちはあったのですが、すでにいくつもあったので「でも、後から立ち上げるのもなあ」と踏ん切りがつかなかったんですよね。そこにクリアしたときの幸福感と寂寥感で、一気に火がついた感じです。

 ただ技術的には「Webサイトってどうやって作るの?」「HTMLって何?」という状態。大いに苦労しましたが、今となっては良い思い出です。


2000年10月ごろ(開設半年後)のポポロクロイス探偵局


現在の「ポポロクロイス探偵局」。関連書籍、グッズなどへのリンクはいずれもアフィリエイトではなく、「少しでもポポロのことを深く知るきっかけになってもらえれば」という意図で設けているそうです

 「ポポロクロイス探偵局」ならではの要素として力を入れてきたコンテンツの1つは、非売品を含めた関連グッズを紹介する「ポポロ資料館」。販促用のポップなど一部は入手できていませんが、ほぼほぼ網羅しているという自負があります。


コレクションの一部(ポポロクロイス探偵局より)


ポポロ資料館」では原作漫画からゲームソフト、関連グッズまで紹介

 また、現在は設定解説、考察などを行うコラムのコーナー「ポポロ広場」が主力となっています。以前のように毎週更新をするのは難しくなっていますが、それでも常日頃からポポロの世界の謎や出来事の関連性について考えているので、頭の中でパズルのピースがガコン! とはまるたびに、思うところを書いています。

 コラムの文章は年月を重ねるにつれて長くなっているので、それだけポポロの世界への見識や思い入れが強く、深くなっていることの証だと思います。考えれば考えるほど、深く知れば知るほど、広がりを見せてくれるのもポポロの魅力の1つなのでしょう。

―― それから現在まで、約20年にわたってサイト運営を続けてきて良かったことは?

 人の縁が広がったことが何よりの宝です。

 オフ会で知り合ったファン仲間の結婚式に招待してもらったり、出会ったころは高校生だった方が、今では立派な飲み仲間になっていたり……。

―― 「ポポロクロイス物語」のオフ会って、よく行われているんですか?

 東北オフ、関東オフ……と各地で開催されたり、コミケ終わりに集まったりと、いろいろな形で行われてきました。

 私が主催している名古屋オフに関して言うと、2000年からほぼ年1回のペースで続いています(コロナ禍のため2020年以降、開催が難しくなっていますが)。

 2018年の名古屋オフでは、開催日が「ナルシアの涙と妖精の笛」リリースの約1週間前だったこともあり、開発元epicsの代表取締役社長で、ゲーム「ポポロクロイス物語」シリーズの歴代プロデューサーの山元哲治さんに意を決してお誘いを投げかけてみました。

 短い時間ながら本当にご参加いただけることになり、すさまじいサプライズになりました。

 また、同年末には「ポポロクロイス物語」の原作漫画生誕40周年記念として開催されたポポロ初の公式イベント「ポポロファンフェスタ2018」がありまして。会場運営にある程度の人手が必要ということで、実行委員会からお声を掛けていただき、スタッフの一員として関わることができたのも貴重な思い出になっています。

これから「ポポロクロイス物語」を楽しむなら

 ポポロの各作品のストーリーは、どこから手を付けても楽しめるようになっています。ただ全く触れたことがないなら、やはり2021年で25周年を迎える初代作からプレイすることをオススメします。

 特に「ピエトロとナルシアがどのようにお互いを想う気持ちを抱くようになり、その想いをどう育んでいったのか」「そして、想いの行き着く先は?」といった点に注目しながらプレイすると、最新作(ナルシアの涙と妖精の笛)まで楽しめると思います。最初はあんなに初々しかったのに……と、これ以上多くは言えません(笑)

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/21/news116.jpg 都知事選掲示板に“ほぼ全裸”ポスターが掲出で騒動に→アイドルが懸念示す 「300万円を考えると安いものなんでしょう」「真面目に頑張りたい人が可哀想」
  2. /nl/articles/2406/21/news008.jpg 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」
  3. /nl/articles/2406/21/news019.jpg “男は餌代0円で、大量の魚を釣り上げます” 驚きの釣果と予想外な料理への変貌に「この人凄いな〜〜」「てっきりお刺身と思いきや」
  4. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  5. /nl/articles/2406/22/news026.jpg 「ファッションなんか年齢関係無く自由だろ」 80代母の“好きを着る”姿が210万表示「カッコよすぎィィィイ!」
  6. /nl/articles/2406/22/news008.jpg 家族がランチを注文する中、おばあちゃんが頼んだのは…… 自分に素直な姿が1800万再生「私もあなたのおばあちゃんみたいになりたい」【海外】
  7. /nl/articles/2406/19/news096.jpg 「エラー品ですかね?」 カッターの刃にあるはずの“あれ”がないと思ったら…… 「そういうの需要あります」「便利ですよ」
  8. /nl/articles/2406/21/news151.jpg 「読める?」 セガが“謎の暗号”で挑戦状 → フォロワーがゲームのように“攻略”して盛り上がる 「画面傾けてみて」
  9. /nl/articles/2406/20/news203.jpg もしや「これは扉?」と思い手をかけたら…… 築100年超の実家での“まさかの新発見”に「すごい!」「隠れ家みたい」 現在はどうなったか聞いてみた
  10. /nl/articles/2406/20/news177.jpg なぜ作った……? “100時間”かけて制作した「コンクリキーボード」がもはや芸術 狂気の手作業が80万再生「笑った」「バカで最高」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」