ニュース
» 2021年02月16日 11時30分 公開

【10年以上同じゲームを遊んでる人取材】小1で“初めて買ってもらった自分のゲーム”「ポケモン エメラルド」をプレイし続ける理由

成長過程が伺える遊び方の進化。

[ねとらぼ]


 毎年のように話題の新作が登場するゲームの世界。その一方で、長年にわたって同じ作品を遊び続けている人たちもいます。そこで本記事は「10年以上、同じRPGを遊び続けている方」にその作品と出会ったきっかけ、遊び続けている理由などを伺う読者募集企画。

 今回は、2004年にGBA向けソフトとして発売された「ポケットモンスター エメラルド」を16年間プレイしているという方にお話を伺いました。

はじめて買ってもらった“自分のゲーム”を16年間プレイ

 ポケットモンスターエメラルドを遊び始めたのは、小学1年生のとき。兄弟のお下がりではなく、生まれてはじめて“自分のゲーム”として両親に買ってもらったソフトでした。

 ポケモンシリーズ自体、小さいころから好きで、今でも「ルビー」「サファイア」「ファイアレッド」「リーフグリーン」「ポケモンコロシアム」「ポケモンXD」……などを遊んでいます。

 ストーリーを楽しむというよりは「『エメラルド』に出現しないポケモンを調達するため」という理由のほうが大きいです。

 「エメラルド」の累計プレイ時間は、2500〜3000時間程度かと思います。16年間遊んでいるわりには少ない方ではないでしょうか。

ーー とはいえそれだけの時間、同作をどんな風に遊んできたのでしょうか?

 小学生のころは適当にレベルを上げたポケモンを使って、友人や兄弟と対戦する程度。中学生になって「個体値」「努力値」(※)の存在を知り、いわゆる「個体厳選作業」(※)をするようになりました。

※個体値、努力値:ポケモンの隠しパラメータとして知られている同じレベルの同じポケモンでもステータスの伸び方が個体によって違ったり(個体値)、育て方によって変わったりする(努力値)

※個体厳選作業:理想的な個体値などを持つ強いポケモンを手に入れるために行われる作業

 そのころにはすでにポケモンシリーズの新作が発売されていましたが、それでもまだ遊び続けている友人とよく対戦していたことを覚えています。

 そして、同時期に「バトルフロンティア」(※)の攻略も始めました。

※バトルフロンティア:ポケットモンスターオフィシャルサイトによると、「エメラルド」で初登場した要素。特殊なルールで対戦を行う「バトルドーム」「バトルタワー」など7つの施設がある

 攻略が比較的容易な「銀シンボル」(※)はすぐに全施設コンプリートしましたが、難易度の高い「金シンボル」(※)はそううまくはいかず。中学生のあいだに金シンボルまでゲットできたのは、自分でポケモンを育成する必要がない「バトルファクトリー」のみでした。

※バトルフロンティアの各施設で連勝し、さらに「フロンティアブレーン」と対戦して勝つともらえるのが銀シンボル。同じ施設でさらに連勝を重ねて、さらに強くなったフロンティアブレーンと対戦して勝つともらえるのが金シンボル。ちなみにピクシブ百科事典によると「バトルフロンティア自体が単純にゲームをクリアしただけのパーティーでは、ブレーンまで辿り着くことすらできない敵わないほどの難易度であり、ブレーン達も本編のポケモンリーグチャンピオンなどとは比べ物にならない強豪ぞろい」

 「他の施設で勝てなさすぎて、ずっとバトルファクトリーに引きこもっていた」と言った方が正しいかもしれません。高校生になってようやく、難易度が低めの「バトルドーム」「バトルピラミッド」の金シンボルを入手することができました。

ーー 6歳から16年間遊んでいるとのことなので、ここまでで約10年間かかってますね。

最後の施設「バトルタワー」で金シンボルを取ってから

 2019年の12月ごろ、知人に勧められたポケモンを使って最後の施設「バトルタワー」に挑戦し、金シンボルを入手。そのままのめり込むような形で、バトルタワー攻略に挑むようになりました。

ーー まだ攻略する要素があるんですか?

 金シンボルを手に入れるだけなら数十連勝で終わるのですが、連勝数自体はその後も負けるまでカウントされ続けます。私は「その連勝数をどれだけ伸ばすことができるか」ということがバトルフロンティア最大のやり込み要素、魅力だと考えています。

 先に話した“知人に勧められたポケモン”では金シンボル入手後、すぐに連勝が止まってしまって。それで「このパーティのこのポケモンをこう変えれば、もっと安定するのでは?」と考えたことをきっかけに、バトルタワー攻略のための考察、実践を行うようになりました。

 「ああでもない、こうでもない」とゴチャゴチャ考えて失敗しながら、だんだん正解に近づけていくような作業が好きだったので、相性が良かったのかもしれません。おかげで、「エメラルド」の対人戦情報をまとめるために開設したブログも、すっかりバトルタワー攻略ブログと化してしまいました(笑)

 年内に500連勝はしたいのですが、少し厳しそうですね。

ーー 自己ベストは何連勝ですか?

 324連勝です。

 ちなみに、世界記録は2457連勝のようです。2020年11月に海外のプレイヤーが達成しました。

ーー 世界ってスゴいなあ……。


 ポケットモンスターはこのタイトル以降も「ダイヤモンド/パール」「ブラック/ホワイト」……と続いていったわけですが、今でも「エメラルド」を遊び続けている人たちはおり、Twitter上での交流などを通じて、ゆるいコミュニティーが形成されているとか。また、リアルでの対戦オフ会なども開かれているそうです(現在はコロナ禍の影響もあり、なかなか難しいところもあるようですが)。

 ちなみに、今回お話を伺った方によると“オフ会参加者の「エメラルド」を遊んでいる理由”は「初めて触ったポケモンが第3世代で思い入れがある」「『エメラルド』でしか手に入らないポケモンを捕まえるために始めたら、そのままハマった」「バトルフロンティアをクリアするために、プレイし続けていた」など人それぞれだそうです。

本企画では取材させていただける読者の方を募集しています

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/20/news011.jpg 飼い主の指をしゃぶりたい保護子猫、大声で激おこ→「満足です……Zzz」 別猫のようなビフォーアフターがかわいい
  2. /nl/articles/2201/20/news094.jpg 「今日もぐんぐんグルトは買えませんでした」 “雪に埋もれた自販機”を1カ月間観測し続けた道民に注目集まる
  3. /nl/articles/1902/28/news005.jpg 「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
  4. /nl/articles/2201/20/news012.jpg 守りたい小さな背中の保護子猫が、5カ月後…… ずんぐりむっくりに成長したビフォーアフターに感動
  5. /nl/articles/2201/20/news010.jpg 「猫はコタツで丸くなるんですか?」「いいえ、雪道を猛ダッシュします」 兄姉犬と元気に散歩する猫がかわいい
  6. /nl/articles/2201/19/news025.jpg 「ペレットはお付けしますか?」 ハンバーグの注文でよく分からず「食後で」頼んでしまう4コマがシュール
  7. /nl/articles/2201/20/news154.jpg 「2人ともスタイルが流石!」「現役可愛い」 高島礼子&とよた真帆、デパ地下で遭遇した“50代美女”ショットに反響
  8. /nl/articles/2201/19/news024.jpg 昔出会った不思議な小学生、10数年前ぶりに家を訪れ「ゾクリッ」 実話怪談漫画の結末が不気味
  9. /nl/articles/2201/20/news079.jpg 3日ぶりに再会した子猫とハスキー、愛が爆発し…… 熱烈歓迎がとまらない子猫と諦めて受け入れるワンコが尊い
  10. /nl/articles/2201/20/news026.jpg 【漫画】「男の子の双子です」と言うと……「お家ボロボロにされるわよぉ」 アドバイスに戦慄するママに体験談集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」