誰かが会いに来てくれるだけで…… ひきこもりが震災ボランティアで知った「大事なこと」を描いた漫画に反響(1/2 ページ)

仮設住宅に住むおばあさんが望んでいたことは……。

» 2021年03月19日 20時00分 公開
[谷町邦子ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 東日本大震災から10年。被災地へボランティアに行ったしゅう(@vanitas00)さんが、仮設住宅での出会いを通して学んだことを、漫画「ひきこもりが震災ボランティアに行った話」で描いて反響を呼んでいます。


ひきこもりが震災ボランティアに行った話 仮設住宅に住むおばあさんが望んでいたことは……

 しゅうさんは小学校時代に不登校になり、仕事も職場の人間関係の悩みで辞めてしまいます。数年間ひきこもり、働けないことに対する親や社会への強い罪悪感で自分を責めていましたが、テレビで見た東日本大地震の様子に心動かされ、半年後にボランティアに参加しました。

 最初に参加した住宅内の清掃や農業用具の洗浄などは、黙々とできる作業で精神的に楽だったといいます。しかし、1カ月後に参加した「訪問」――仮設住宅を1軒1軒訪ねて要望などを聞き取る活動は、会話が苦手なしゅうさんににとってハードルの高いものでした。失敗の連続で、訪問先で怒鳴られ悩んだことも。


ひきこもりが震災ボランティアに行った話 誰かが会いに来てくれるだけでいいというおばあさん

 それでも「訪問」を続けるなかで、ひとり暮らしのおばあさんに出会います。必要な物資についてたずねると、おばあさんはしばらく沈黙した後、支援物資は充分なので誰かに会いに来てほしいと言います。知り合いのいない仮設住宅生活では、会える人がいないのです。


ひきこもりが震災ボランティアに行った話 おばあさんの孤独が理解できるしゅうさん

ひきこもりが震災ボランティアに行った話 おばあさんのほかにも、孤独や先が見いだせない生活の不安、何もできずにいる焦燥感、生き残ってしまった罪悪感などを抱える被災者と出会います

 しゅうさんは仮設住宅で孤独に過ごすおばあさんを「ひきこもりの僕と全く一緒」と感じます。「何もできない 僕は価値がないと 孤独な自分自身を責め 家の中で必死にもがいて生きるしかなかった自分」と重ね合わせたのでした。そして、おばあさんの来てくれてうれしいという言葉に、「無価値な人間だと思っていた自分は 苦しい日常を生きる人にとっては必要とされる人間でもあったのだ」と救われたような気持ちに。

 その後も被災し孤独を感じる人々に出会ったしゅうさん。被災者には復興に取り組める人だけではなく、傷つき動けなくなる人も。震災もひきこもりも誰にも起きる可能性があり、そうなったときに自分の存在を受け入れてもらえたら生きる希望が湧いてくる――しゅうさんは、そういった大事なことを10年前の被災地で学んだとしめくくっています。

 しゅうさんの漫画には、ひきこもる人の立場から、存在を認めてもらいたい、誰かの役に立ちたいという強い気持ちについて語るコメントが多数寄せられていました。また、おばあさんの「誰かが私に会いに来てくれるだけで良い」という言葉に重みを感じた人や、被災地でのボランティアを経験し、しゅうさんの頑張りに賛辞を送る人も。

 

 漫画「ひきこもりが震災ボランティアに行った話」は、しゅうさんがボランティア体験を書いた小説『おーい、中村くん――ひきこもりのボランティア体験記』を漫画化したもの。小説には漫画のもとになったエピソードのほかに、被災地でのさまざまなできごとが盛り込まれています。

 現在は仮設住宅から「災害公営住宅」(震災により住居を失った人のための住宅)への住み替えが進められています。新しい「災害公営住宅」に住むことができても、孤立したまま亡くなる人もいて、漫画に登場したケースは過去の話ではないようです。

作品提供:しゅう(@vanitas00)さん


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  3. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  7. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」