バケモノを見るような目を向けられる――人見知りの子のベビーシッターを依頼された実話漫画に「プロってすごい」の声(1/2 ページ)

プロはすごい。

» 2021年03月28日 12時00分 公開
[林美由紀ねとらぼ]

 まるでバケモノを見るような目で見てくる――人見知りの子の面倒を見る大変さと喜びをベビーシッターの視点から描いた漫画を読むと、ベビーシッターさんの苦労が分かり、また尊敬してしまいます。作者はベビーシッターで漫画家のさいお なお(@saionao_)さんです。


人見知り女子とベビーシッターさん05 人見知りの女の子のベビーシッターを任されたら……

 さいおさんがベビーシッターをする中で、一番手ごわいのは保育施設の経験がない人見知りの子ども。慣れるのに時間がかかることも多く、初対面のときにはバケモノを見るような目で見てくる子もいて、結構心にくるのだそうです。


人見知り女子とベビーシッターさん01


人見知り女子とベビーシッターさん02

 あるとき、ベビーシッターの利用は初めてという2歳の女の子のシッター依頼を受けたさいおさん。しかも保育施設に行った経験がないというのです。プロとして、さいおさんはこの難しい条件に立ち向かうことにしました。

 当日、女の子はお母さんにしっかりしがみつき、さいおさんにあまり友好的ではない視線を投げかけてきます。ダメかも……と思ったさいおさんですが、それでも両親によると「大丈夫」な反応のようです。いよいよ両親が出かけると、泣いてしまう女の子。


人見知り女子とベビーシッターさん03


人見知り女子とベビーシッターさん04

 歌を歌っても絵本を読んでも女の子は号泣するばかり。試行錯誤の末、抱っこして窓の外を見せていると少し落ち着いてきました。30分も抱っこしていたため、手がガクガクしてきたそのとき……。

 両親が帰ってきて「あらっ 楽しそうにしてますね」とお母さん。手の震えは勝利の痛み……少しは仲良くなれたかなと思ったさいおさんですが、再び依頼が来たときには、女の子は最初のときのような目を向けてくるのでした。忘れちゃったのかな……?

 読者からは「プロってすごいですね。ほんと、尊敬します」「他人に慣れてない子の大変さがめちゃくちゃ伝わりました…」「保育士さん心から尊敬します」など共感の声が寄せられています。

 さいおさんはその後のお話も公開しており、女の子と仲良くなる様子が描かれています。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news162.jpg アメリカ人が日本のマクドナルドを食べてみたら……? “ある商品”が衝撃の結果に 「クレヨンと粘土の味」「肉じゃない」
  2. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  3. /nl/articles/2407/22/news133.jpg 「やめて……」Amazon公式の誠実対応のせいで経済事情を全世界に公開 「悲しい気遣い」「傷口に砂糖」
  4. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  5. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  6. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  7. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  8. /nl/articles/2407/21/news022.jpg 【今日の計算】「4+6÷2+3」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  10. /nl/articles/2407/22/news173.jpg 「画期的!」「すげえ」 テレ東が特番放送→新聞の番組表に描かれた“まさかのデザイン”に驚き
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  10. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」