ニュース
» 2021年06月06日 10時00分 公開

線路は繋がるから楽しい! 全線運転再開した水郡線を走破して、郡山の最高級ブランド米駅弁を食べてみた(1/12 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは水戸・水郡線の駅弁「海苔のり弁887」です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 「海苔のり弁887」(1200円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

水戸の「水」と郡山の「郡」から名付けられた「水郡線(すいぐんせん)」。茨城と福島の間約140kmを、各駅停車のディーゼルカーが3時間あまりかけて結んでいます。久慈川の流れやのどかな里山を眺めながら、約1日かけて水郡線を走破して郡山にたどり着くと、お米の美味しい新作駅弁にめぐり逢いました。

駅弁 キハE130系気動車・普通列車、水郡線・泉郷〜川辺沖間

水郡線全線運転再開! 新緑まぶしい茨城・福島の駅弁旅(第3回/全3回)

西に傾いた太陽を浴びながら、下校の高校生をたくさん乗せて走る水郡線の普通列車。2年前の東日本台風で袋田〜常陸大子間で運転を見合わせていた水郡線ですが、今年(2021年)3月27日から全線で運転再開しました。水郡線を走るキハE130系気動車の一部の編成には現在、「全線運転再開」を記念したヘッドマークが取り付けられています。災害で廃線されるローカル線も少なくないなか、線路が繋がるのは本当に嬉しいことです。

駅弁 郡山駅西口「麓山の滝」モニュメント(2019年撮影)

日本における鉄道の歴史は、明治初期にさかのぼります。同じころ、福島で明治政府の手で行われた一大事業が、猪苗代湖の水を郡山へ引いた「安積(あさか)疎水」の建設でした。これによって、郡山周辺の不毛の大地とされた土地は、穀倉地帯へと姿を変えていったわけです。水郡線を全線走破して郡山駅に下り立つと、西口の駅前で安積疎水を利用して作られた開成山公園「麓山の滝」のモニュメントが旅人を出迎えてくれます。

駅弁 海苔のり弁887

そんな郡山生まれのブランド米「あさか舞」。その“究極の”最高級米と位置付け、独自に設けた7つの高い生産基準を全て満たす米が“ASAKAMAI 887”として栽培されています。このASAKAMAI 887を贅沢に使った駅弁「海苔のり弁887」(1200円)を、水戸をルーツとする郡山の駅弁屋さん「福豆屋」の売店で見つけました。郡山名物「海苔のりべん」のグレードアップ版で、今年(2021年)4月1日に発売されたばかりの新作駅弁なんです。

駅弁 海苔のり弁887

【おしながき】

  • 白飯(ASAKAMAI 887)

松川浦のあおさ入り海苔の天ぷら 手焼きあおさ入りだし巻き玉子

  • 焼き鮭
  • 玉子焼き
  • 牛肉煮
  • 含め里芋揚げ
  • ごんぼいり(金平ごぼう、福島県産)
  • 赤かぶ漬け
駅弁 海苔のり弁887

磐梯山と猪苗代湖が描かれた高級感ある白い掛け紙を外すと、チョット新しい印象。もともと、郡山産「あさか舞」を使っていた「海苔のりべん」ですが、そのお米に最高級の「ASAKAMAI 887」を使用。ご飯の上のみちのく寒流のりはそのままに、浜通り・松川浦のあおさ海苔を入れた天ぷらとだし巻き玉子が載って、なかには食べやすく刻まれたばら海苔と、3つの海苔と海山の幸が一度に味わえる駅弁となっています。

ご飯の美味しさを引き出すため、おかかではなく塩昆布が混ぜ込まれ、スイスイ箸が進んで米の実力が感じられそう。福豆屋によると、「海苔のり弁887」は、郡山駅をはじめ福島・新白河・会津若松の各駅、また、東北デスティネーションキャンペーン期間中は、東京駅「駅弁屋 祭」でも販売があるということです。

駅弁 E721系電車・快速「あいづ」、磐越西線・猪苗代〜川桁間(2020年撮影)

猪苗代湖の水を安積疎水で引いたことで米どころとなった郡山。しかし、震災以降は風評被害のため安価で扱われることが多く、生産者たちは悔しい思いをしてきたと言います。郡山を開拓した先人たちの誇りを取り戻したいという思いが詰まった“ASAKAMAI 887”。そんなエピソードに触れて駅弁をいただいたら、水郡線で郡山に着いたばかりなのに、掛け紙のデザインに誘われて、磐越西線に乗り換えて会津へ足を運びたくなっていました。改めて思いました。線路が繋がっているって素晴らしい!

(初出:2021年4月28日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

「駅弁膝栗毛」バックナンバー

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」