ニュース
» 2021年06月16日 17時45分 公開

伝説のアニメ「カブトボーグ」J:COMテレビでまさかの一挙放送決定 編成担当者「偉い人には正気を疑われました」

編成担当者に、再放送の狙いについても聞きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 伝説的カルトアニメ「人造昆虫カブトボーグ V×V」の再放送(関連記事)で話題を呼んだJ:COMテレビが、反響に応えて1〜12話の一挙放送を決定しました。放送は7月3日25時(7月4日1時)から。チャージ12回、フリーエントリー、ノーオプションバトル!

※J:COMテレビはJ:COMが運営するコミュニティチャンネル。全国のJ:COM対応物件で、無料で見られます(大分ケーブルテレコムでは未提供)

カブトボーグ 見逃した人や寝落ちした人にチャンスの再々放送!

 カブトボーグは2006年にBSジャパン(現BSテレ東)とアニマックスで放送された、ホビー系バトルアニメ。全52話がほとんど最終回みたいなテンションだったり、存在しない過去シーンを回想としてやたら見せたり、死亡したキャラが何の説明もなく次の話で復活したり、自由すぎる作風が特徴です。

カブトボーグ 熱血主人公のリュウセイ(中央)、クールな勝治(右)、三枚目のケン(左)。メインキャラの設定は一見オーソドックスですが、いざ本編を見るとみんなどこかおかしい(第3話「守れ! 鉄壁のサイキック・ドラゴン・マスター」より)
カブトボーグ オープニングに登場するライバルキャラが、本編にはあまり出ないのも特徴の1つ。画像は比較的出番が多いジョニーとの遭遇(第4話「ライバル登場! 必殺ヴァリアブル・ルルド・ウォーター」)
カブトボーグ 普通のバトルシーンのようでいて、実は並行して算数の問答が繰り広げられている(第5話「目覚めろ! ボールディング・トリプル・スクリュー!」より)
カブトボーグ お米以外の主食を禁止する行政との勝負(第6話「魂の叫び! トワイライト・フレンドシップ・ソウル」より)

 そのカオスな内容は、ニコニコ動画での無料配信がきっかけでカルトな人気を呼びました。ニコニコでの配信終了後は視聴手段が乏しくなっていましたが、2021年4月からJ:COMテレビ「アニおび」枠での再放送が決定。地域限定とはいえテレビで見られるとあって、多くのボーガーを歓喜させました。

 しかしながら、カブトボーグが相当マニアックな作品であるのも事実で、どうして企画を立案し、どうやって会社を納得させたのかは気になるところ。編集部は「アニおび」編成責任者の久保田さんに舞台裏を聞きました。


カブトボーグとは何ぞや? と社内も騒然

―― まず、なぜ今「カブトボーグ」なのでしょう?

久保田:私自身、放送当時にリアルタイムで見ていた“ボーガー”でございまして……(笑)。ボーガーの長年の夢である地上波放送をいつか実現させたいと、虎視眈々と機会をうかがっていました。

―― 企画を通すには相当苦労されたのでは。

 今年はちょうどカブトボーグ15周年です。いまだに根強いファンが活動を続けていることや、YouTubeで著名な声優さんや俳優さんが「カブトボーグ」をとり上げていることを材料に、上司を強引に説得し、実現に至りました。この場を借りてボーガーの皆さまにお礼申し上げます!

―― 再放送の発表は大きな話題となりましたが、社内の反応はいかがでしたか。

久保田:約4年間に渡る「アニおび」の放送作品の中でもネットの反応はダントツで、「カブトボーグとはいったい何ぞや?」と社内も騒然となりました。

 社内でプレゼンしたときは、偉い人たちから「久保田がいよいよおかしくなったのでは……」といった反応を受けたものですから、再放送のニュースが大いにバズったのにはだいぶ救われました。

―― 放送後、視聴者からの反応は?

久保田:「J:COM正気じゃねえな」といったおほめの言葉や、「カブトボーグが見られることだけは本当にJ:COMに感謝してる」など、非常に好意的な反応をいただきました。

 主演声優の知桐京子(@_chiki_)さんに、毎話ツイートで実況していただけているのも非常にありがたいです。放送時間帯では毎話トレンド入りするなど盛り上がりも大きく、カブトボーグの人気の高さを再確認しております。これをきっかけに、J:COMテレビの認知が広がったのであれば、大変うれしいです。

―― 久保田さんが考えるカブトボーグの魅力とは?

久保田:最近のアニメでは失われてしまったような、どとうの勢いで繰り出されるボケと、それでいて実際には奥深く考えられている構成が最大の魅力だと思います。また、「30分頭を空っぽにして、ただただ笑える作品」が、この閉塞感のあるご時世に合っているとも感じます。

―― 「アニおび」はカブトボーグに限らず、「テニプリ」や「マリ見て」などラインアップが濃いように思われますが、コンセプトは?

久保田:「ネット配信」全盛の昨今ではありますが、あえてアニおびでは「もう一度“テレビ”で“全国同じタイミングで”盛り上がりたい!」をテーマに、30代〜40代のアニメファンに刺さる作品をピックアップして編成しております。全国の皆さまが同時にテレビを見て、SNSなどで感想を共有・共感して楽しんでいただければうれしいです。

 また、他局と比べてCM枠などの制約がゆるく、比較的柔軟に編成できるのも一因だと思います。公式サイトに寄せられている作品リクエストも、皆さまの熱いコメントもしっかり受け止めて参考にしております! 今後もがんばって視聴者の声に応えていきたいと思いますので、ぜひ投稿フォームからリクエストをお寄せいただけますと幸いです。



 J:COMテレビのカブトボーグ1〜12話一挙放送は、「寝落ちしたボーガーへ届け!」と題して実施されます。第1話にラスボス戦が始まったかと思えば、第2話には病魔に蝕まれたメインキャラが最後の勝負に臨む、レッドゾーンに振り切った展開を見逃した人はぜひ。

カブトボーグ 第12話「過ぎ去りし日! チャコール・グレイ・フォルクローレ」で明かされる、解説キャラのロイドさんの悲しい過去も見もの

(C)タカラトミー/カブトボーグ製作委員会




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/03/news016.jpg 柴犬「ぬれるのイヤ〜!!」→その後の行動に爆笑 飼い主のズボンでゴシゴシ顔をふくワンコが面白かわいい
  3. /nl/articles/2108/03/news073.jpg 「四千頭身」石橋、体操銅メダルの村上茉愛とは“かなり仲良い友達” 「結構前の写真」投稿も別箇所に注目集まる
  4. /nl/articles/2108/02/news119.jpg タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2107/09/news134.jpg 「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
  7. /nl/articles/2108/03/news007.jpg 暑い日、ミツバチご一行が手水舎に訪れ…… 専用水飲み処を作った神社の対応に「素敵」「優しいお宮さん」の声
  8. /nl/articles/2108/02/news111.jpg 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  9. /nl/articles/2108/02/news038.jpg 「実は私…人の心が読めるの」クラスメイトから突然の告白、その真意は? 全部バレちゃう漫画がキュンとなる
  10. /nl/articles/2108/03/news102.jpg 小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する