ニュース
» 2021年06月22日 16時00分 公開

岡山と連携しながら守る、四国の伝統駅弁の味(1/15 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは高松の駅弁「あなご飯」です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 「あなご飯」(1000円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

「駅弁」食べ歩き20年・5000個の放送作家・ライター望月が、自分の足で現地へ足を運びながら名作・新作合わせて、「いま味わうべき駅弁」をご紹介します。

ご当地の味が詰まった駅弁。かつては駅近くの調理場から、特急列車の発着に合わせて売店へ搬入する光景もよく見られました。でも、いまでは一部をのぞき1県数社が一般的。他の会社と協力して生産を行って、駅弁のブランドを守るケースもしばしば見られます。高松駅の伝統駅弁「あなご飯」もその1つ。今回は岡山駅弁・三好野本店密着のスピンオフ企画、四国の伝統駅弁に注目します。

駅弁 5000系+223系電車・快速「マリンライナー」、宇野線・妹尾〜備中箕島間

岡山〜高松間を約1時間で結ぶ快速「マリンライナー」。早朝深夜の一部列車をのぞき、高松寄り3両がJR四国5000系電車、岡山寄り2両がJR西日本223系電車で運行されています。1号車の2階建て車両は、2階がグリーン席、1階は普通車指定席。新幹線などからの乗り継ぎ時間が短いときは、着席が保証される重宝な存在です。また、グリーン席の1番ABCDは、運転席直後の前面展望が楽しめる席となっています。

駅弁 213系電車・普通列車、宇野線(宇野みなと線)・八浜〜常山間

岡山〜高松間は新幹線開業後、岡山〜宇野間の快速、宇野〜高松間は宇高連絡船で結ばれていました。JR発足直前には新型の213系電車が投入され、毎時1本の快速「備讃ライナー」として運行されました。昭和63(1988)年4月の瀬戸大橋開業によって、この快速が「マリンライナー」となりました。213系電車は、平成15(2003)年でマリンライナーからは退き、現在はワンマン運転対応などが施されて、岡山地区で活躍しています。

駅弁 鷲羽山からの瀬戸大橋

快速「マリンライナー」は現在、高松4:35発の列車から、岡山深夜0:12発の列車まで、概ね毎時2本・日中はほぼ30分間隔で運行されています。鉄道で県境を越える区間は極端に運行本数が減るところも多いなか、「マリンライナー」の乗客は普段着の方が多く、朝夕は通勤・通学で瀬戸大橋を渡っていく人も多く見られました。瀬戸大橋線開業から30年以上、岡山・香川エリアは、すっかり1つの生活圏になっているように感じます。

駅弁 あなご飯

高松駅の名物駅弁として知られる「あなご飯」(1000円)は、高松駅弁のブランドを受け継いだステーションクリエイト東四国の企画・販売で、製造は岡山の三好野本店が担当しています。JR四国とJR西日本の車両が連結して運行される「マリンライナー」と同様、高松の味を岡山と協力しながら守っている格好。その意味でも「駅弁は時代を映す鏡」と言えるかも知れません。

駅弁 あなご飯

【おしながき】

  • いりこだし入り味付けごはん
  • 焼きあなご
  • 刻みあなご煮
  • 筑前煮
  • 漬け物(さくら漬け)
  • しょうゆ豆
駅弁 あなご飯

四国らしさを感じさせるのは、何と言っても、讃岐うどんでおなじみの「いりこだし」が入った味付けごはん。この上に、こだわりのタレで香ばしく焼き上げた焼穴子と、じっくり煮込んだ煮穴子が載っています。付け合わせの注目は、香川県の郷土料理「しょうゆ豆」。昔は各家庭で素焼きの瓦で香ばしく煎ったそら豆を、醤油や砂糖でつくったタレに漬け込んで作っていたと言います。見た目より硬めの食感と、そのあとに広がる旨味がクセになりますね。

駅弁 醤油めし(2018年撮影)

ちなみに、愛媛・松山の名物「醤油めし」も岡山・三好野本店が味を守っている駅弁です。三好野本店によると、かつて製造していた鈴木弁当店とは、百貨店の催事などで委託製造を請け負っていたり、愛媛で開かれた国体の際など、もともとのつながりが強かったそう。このため、鈴木弁当店がお店を閉じられた際も、レシピの継承など、比較的スムーズに、生産の移行ができたと言います。

駅弁 223系+5000系電車・快速「マリンライナー」、宇野線・早島〜備中箕島間

宇野線の岡山〜茶屋町間は、毎時2往復の快速「マリンライナー」に加え、予讃線特急「しおかぜ」、土讃線特急「南風」等が頻繁に行き交います。岡山まで新幹線のEX予約、またはe5489を利用して高松周辺へ行く場合は、岡山駅限定発売の「せとうち岡山・香川パス」(2850円・3日間有効)が便利。岡山〜高松の往復でも元が取れてしまいます。いい時期になったら、瀬戸内の風を感じてのんびりと旅をしたいですね。

(初出:2021年5月14日)

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

「駅弁膝栗毛」バックナンバー

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/03/news016.jpg 柴犬「ぬれるのイヤ〜!!」→その後の行動に爆笑 飼い主のズボンでゴシゴシ顔をふくワンコが面白かわいい
  3. /nl/articles/2108/03/news073.jpg 「四千頭身」石橋、体操銅メダルの村上茉愛とは“かなり仲良い友達” 「結構前の写真」投稿も別箇所に注目集まる
  4. /nl/articles/2108/02/news119.jpg タクシー相手に「あおり運転」繰り広げたミニバン 巻き込まれて急停止したトラックから泥化した土砂がドシャアと降り注いで破壊される
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2107/09/news134.jpg 「全ての支出を一度見直してみました」 小倉優子、“食費15万円”の反響を受けて節約生活スタート
  7. /nl/articles/2108/03/news007.jpg 暑い日、ミツバチご一行が手水舎に訪れ…… 専用水飲み処を作った神社の対応に「素敵」「優しいお宮さん」の声
  8. /nl/articles/2108/02/news111.jpg 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  9. /nl/articles/2108/02/news038.jpg 「実は私…人の心が読めるの」クラスメイトから突然の告白、その真意は? 全部バレちゃう漫画がキュンとなる
  10. /nl/articles/2108/03/news102.jpg 小倉優子、週刊誌報道に「当たり前ですが、私の働いたお金で生活しています」 7月に月の食費「15万円」と公表

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する