ニュース
» 2021年07月22日 10時00分 公開

「は!? なんで?」えちごトキめき鉄道の独特なダイヤ 急行は「急いで行かない」の意味だった!?月刊乗り鉄話題(2021年7月版) えちごトキめき鉄道「急行列車」(3)(2/3 ページ)

[杉山淳一,ねとらぼ]

マニアックなお楽しみ「デッドセクション手動切替」と新名所も愛でよう

 「観光急行」はもう1つ貴重な体験もできます。「デッドセクション手動切替」です。

デッドセクション通過の様子

 デッドセクションとは、架線に電気が流れていない区間のことです。主に交流電化区間と直流電化区間の境目にあります。日本海ひすいラインには、梶屋敷駅とえちご押上ひすい海岸駅の間にあります。この区間を直通する電車は両方の電源に対応する必要があります。走行中に電源を切って惰性で走り、次の区間の電流を受け入れるように機械を切り替えます。

 デッドセクションの通過中は電力が供給されないため、かつては車内の照明や空調装置などもオフになり、バッテリーによって非常灯が点くだけでした。現在はほとんどの電車が電源切替を自動化しており、また大容量バッテリーも搭載しているので照明は消えません。有名なところでは常磐線の取手〜藤城間、つくばエクスプレスの守谷〜みらい平間などがあります。注意深く観察すると車内案内装置や空調が変化しますが、ほとんどの乗客は気付きません。

えちごトキめき鉄道 観光急行 デッドセクションを通過するときは、ふだんは消えている蛍光灯が非常灯となる

 「観光急行」は古い電車なので、運転士さんが手動で電源を切り替えます。車内の照明も「しっかり」消えます。恐らく全国でここだけです。

えちごトキめき鉄道 観光急行 糸魚川駅で折り返し。隣のホームに普通列車
えちごトキめき鉄道 観光急行 えちご押上ひすい海岸駅。ディーゼルカーだから停まれる駅

 ちなみに、えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの普通列車はディーゼルカーです。ディーゼルカーならば電源方式の違いとは関係なく走行可能です。高価な交直両用電車を新造する必要もありません。そしてこの節約策で思わぬ効果を得ました。「えちご押上ひすい海岸駅」の設置です。

 以前から糸魚川高校の最寄り駅として設置要望がありましたが、デッドセクションに近いため電車を停められませんでした。しかしディーゼルカーならばデッドセクションとは関係ありません。そこで2021年3月13日に待望の新駅、えちご押上ひすい海岸駅が誕生しました。

えちごトキめき鉄道 観光急行 直江津駅に戻ってきた
鉄道ファンが大好きな「方向幕変更ショータイム」。JR西日本時代の駅名が残る

 直江津駅には2021年4月に「D51レールパーク」もできました。園内には蒸気機関車「デゴイチ」ことD51形があり、圧縮空気システムで直江津駅構内を走行します。車掌車を2両連結して走行可能。主に土日祝日の営業で、「観光急行」と合わせて楽しめます。D51の車庫では413系電車の先頭車も保存されており、車内で鉄道グッズを販売します。

 糸魚川駅の「ジオステーション ジオパル」もオススメです。大糸線で活躍したディーゼルカー「キハ52形」、国産最後の蒸気機関車「くろひめ号」、かつて大阪と札幌を結んだ寝台特急「トワイライトエクスプレス」の「展望A個室スイート」と「食堂車」の一部を再現した車両があります。鉄道模型ジオラマは2つ。7×6メートルの大型Nゲージと、10×2.5メートルのHOゲージはどちらも大迫力です。

えちごトキめき鉄道 観光急行 直江津駅跨線橋からの眺め。奥の方に「D51レールパーク」がある。次回は土日祝日に来ようと思った
えちごトキめき鉄道 観光急行 糸魚川駅とジオステーション ジオパル入口
えちごトキめき鉄道 観光急行 キハ52形を保存展示
えちごトキめき鉄道 観光急行 蒸気機関車「くろひめ号」
えちごトキめき鉄道 観光急行 トワイライトエクスプレスの実物大模型。部品の多くは本物を使っている
えちごトキめき鉄道 観光急行 食堂車
えちごトキめき鉄道 観光急行 まるで乗車しているような気分になる
えちごトキめき鉄道 観光急行 Nゲージジオラマは圧巻
えちごトキめき鉄道 観光急行 大糸線を再現したHOゲージのジオラマは雄大
えちごトキめき鉄道 観光急行 反対側は糸魚川機関区を再現しているようだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」