殺し屋女子2人vsヤクザ 日常系アサシン映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー(1/3 ページ)

アクションとだるっだるな日常のコントラストがすごい。

» 2021年07月31日 11時30分 公開
[ヒナタカねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 映画「ベイビーわるきゅーれ」が7月30日から公開されている。本作は「殺し屋の女の子2人の青春物語」としてとっても楽しく、かつ本格的かつスピーディーなアクション描写に圧倒される、アクションコメディーの快作だ。具体的な魅力についてレビューしていこう。

社会不適合者な殺し屋の女の子2人がヤクザ相手にバトる映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー (C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会
「ベイビーわるきゅーれ」予告編

「ジョン・ウィック」や「リベリオン」を思わせるハイスピードアクション!

 殺し屋の「ちさと」と「まひろ」は高校卒業を機に、オモテの顔として社会人をしなければならなくなる。2人は組織からルームシェアを命じられるが、人殺し以外は何もしてこなかった彼女たちはバイトもままならず、2人の仲も徐々に険悪になっていく。そんな中でも殺し屋の仕事は忙しく、ヤクザから恨みを買って面倒な事件に巻き込まれ……というのがあらすじだ。

社会不適合者な殺し屋の女の子2人がヤクザ相手にバトる映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー (C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

 本作最大の見どころは、なんといっても日常描写とギャップのあるハイスピードアクションだ。「ジョン・ウィック」や「リベリオン」を思わせる格闘術と拳銃を組み合わせた見せ場の数々。それを一見きゃしゃな女の子2人が繰り出すので「すげえ!」と大興奮できることだろう。とぼけた会話から突発的に拳銃をぶっ放すのも緊張感へとつながっていた。

 また、アクション監督の園村健介は、映画「GANTZ」や「図書館戦争」などのアクションコーディーネーターの他、ゲーム「メタルギア ライジング リベンジェンス」では殺陣師と監修を手掛ける超実力派だ。「すごい邦画アクションを見られた」満足感はきっと得られるだろう。

社会不適合者な殺し屋の女の子2人がヤクザ相手にバトる映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー (C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

高石あかりと伊澤彩織という名前を覚えて帰ってね!

 とにかく、主人公2人を演じた、高石あかり伊澤彩織という名前を覚えて帰ってね! と訴えたい。

※高石あかりの高は、はしごだかが正式表記

 高石あかりは舞台版「鬼滅の刃」で竈門禰豆子を演じた後にも話題の舞台に続々と出演しており、伊澤彩織は上映中の映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」や10月22日公開予定の映画「G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ」でメインキャストのスタントダブルを担当した現役のスタントウーマンだ。

社会不適合者な殺し屋の女の子2人がヤクザ相手にバトる映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー (C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

 実は2人とも映画初主演なのだが、2人ともそれぞれタイプの違う「普段はやる気がないがいざとなる殺(や)る気満々の女の子」を演じるに当たってベストを尽くしたことは間違いない。現実ではあり得ない役柄なのに、「この世のどこかに本当にいるかも」と思わせる実在感があったのだから。言うまでもなく、アクションがキレッキレなのも彼女たちの身体能力と努力のたまもの。この2人があってこその映画であり、見れば確実にファンになるだろう。

 その他、本宮泰風が「今の発言は女性差別だ。今の時代は多様性だ!」などと主張するキャラの濃すぎるヤクザの組長を楽しそうに演じていて、「メイド喫茶」のシーンはもはや脳にこびりつくほどのインパクトを与えてくれる。

 そして、俳優であり殺陣師の三元雅芸と伊澤彩織のタイマンバトルは「瞬きするのも惜しい」ほどの本作の白眉となっていた。こうした実力派の俳優たちが、自分たちの持ち味を生かし、最高のハマり役として映画の中で息づいているのを見られるのもうれしいところだ。

社会不適合者な殺し屋の女の子2人がヤクザ相手にバトる映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー (C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

2人の「だるっだる」な日常が楽しい

 アクションとのギャップでこれまた楽しいのが日常パートである。

 とにかく、オープニングである「コンビニでの面接」のシークエンスから面白い。具体的な展開は秘密にしておくが、ここの会話で主人公の1人であるまひろのコミュ障ぶり、いや社会不適合者っぷりがよく分かり、なおかつ予測不能の驚きの展開が訪れるからだ。キャラの特徴を描きつつも見せ場を用意する「ツカミ」としても秀逸だった。

 その後の内容と言えば、良い意味で「だるっだる」な殺し屋の女の子2人の日常を映していく。だが全く飽きることがないのは、会話の軽妙さのおかげだ。例えば「ああいうの(飲食店のアルバイト)やりたくないからさ、殺し屋やってんのにさー」だとか「殺し屋のこと、クルーって呼ぶのをやめてよ、マックのバイトみたい」だとか、殺人という最も重い罪を犯しているはずの彼女たちの、会話の端々に見えるやさぐれ感というか、気だるさが何とも言えないおかしみに満ちていて愛おしいのだ。

社会不適合者な殺し屋の女の子2人がヤクザ相手にバトる映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー (C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

 「野原ひろしの名言(実はデマ)」「午後の紅茶を午前に飲んじゃったとか言いそう」「私が『ジョジョ』を好きだって前提で話してくるんだよ」など、サブカルネタが妙にあるのも楽しい。果ては「おでんを食べながらグチを言い合う」だけで面白いのだから、何だかズルい。


「社会になじめない」人たちへのエールかも?

 これまで見てきたように、主人公2人はだるっだるの日常を過ごしているダメ人間だが、だからこそ感情移入ができるという人も多いだろう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/08/news112.jpg 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  2. /nl/articles/2404/11/news009.jpg 天空の城ラピュタ“ムスカの3分タイマー”が「面白すぎる」 大爆笑のシュールなアイテムに「センスが良すぎる」「めちゃくちゃ欲しい」
  3. /nl/articles/2404/09/news009.jpg “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  4. /nl/articles/2404/10/news070.jpg 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  5. /nl/articles/2404/10/news013.jpg 夫が息子のために手縫いで作ったランドセルが6年後…… 思い出と愛情が詰まった経年変化に感動の声「6年間お疲れ様」
  6. /nl/articles/2404/11/news015.jpg 1歳になりたての娘、はじめてのおしゃべりで発したのは…… 正直すぎる言葉に「とんでもなくかわいい」「ずっと見てたい」
  7. /nl/articles/2404/10/news009.jpg 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  8. /nl/articles/2404/10/news151.jpg ミャクミャク様をモチーフにしたシューズがミズノから登場 親和性感じた社員の声で誕生
  9. /nl/articles/2404/12/news031.jpg 有名画家が絵そっくりな女性発見「誰ですか」と呼びかけ → まさかの本人登場!? 「最高です!」「似ている」とSNSで起きた奇跡に9.3万いいね
  10. /nl/articles/2404/11/news016.jpg 豪在住の日本人看護師が驚愕!! 日本ではありえない外来患者、自ずと退院していく前の光景に「ちょっと衝撃」「かなしいような、すごいような…」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」