ニュース
» 2021年07月31日 11時30分 公開

殺し屋女子2人vsヤクザ 日常系アサシン映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー(1/3 ページ)

アクションとだるっだるな日常のコントラストがすごい。

[ヒナタカ,ねとらぼ]

 映画「ベイビーわるきゅーれ」が7月30日から公開されている。本作は「殺し屋の女の子2人の青春物語」としてとっても楽しく、かつ本格的かつスピーディーなアクション描写に圧倒される、アクションコメディーの快作だ。具体的な魅力についてレビューしていこう。

社会不適合者な殺し屋の女の子2人がヤクザ相手にバトる映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー (C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会
「ベイビーわるきゅーれ」予告編

「ジョン・ウィック」や「リベリオン」を思わせるハイスピードアクション!

 殺し屋の「ちさと」と「まひろ」は高校卒業を機に、オモテの顔として社会人をしなければならなくなる。2人は組織からルームシェアを命じられるが、人殺し以外は何もしてこなかった彼女たちはバイトもままならず、2人の仲も徐々に険悪になっていく。そんな中でも殺し屋の仕事は忙しく、ヤクザから恨みを買って面倒な事件に巻き込まれ……というのがあらすじだ。

社会不適合者な殺し屋の女の子2人がヤクザ相手にバトる映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー (C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

 本作最大の見どころは、なんといっても日常描写とギャップのあるハイスピードアクションだ。「ジョン・ウィック」や「リベリオン」を思わせる格闘術と拳銃を組み合わせた見せ場の数々。それを一見きゃしゃな女の子2人が繰り出すので「すげえ!」と大興奮できることだろう。とぼけた会話から突発的に拳銃をぶっ放すのも緊張感へとつながっていた。

 また、アクション監督の園村健介は、映画「GANTZ」や「図書館戦争」などのアクションコーディーネーターの他、ゲーム「メタルギア ライジング リベンジェンス」では殺陣師と監修を手掛ける超実力派だ。「すごい邦画アクションを見られた」満足感はきっと得られるだろう。

社会不適合者な殺し屋の女の子2人がヤクザ相手にバトる映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー (C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

高石あかりと伊澤彩織という名前を覚えて帰ってね!

 とにかく、主人公2人を演じた、高石あかり伊澤彩織という名前を覚えて帰ってね! と訴えたい。

※高石あかりの高は、はしごだかが正式表記

 高石あかりは舞台版「鬼滅の刃」で竈門禰豆子を演じた後にも話題の舞台に続々と出演しており、伊澤彩織は上映中の映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」や10月22日公開予定の映画「G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ」でメインキャストのスタントダブルを担当した現役のスタントウーマンだ。

社会不適合者な殺し屋の女の子2人がヤクザ相手にバトる映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー (C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

 実は2人とも映画初主演なのだが、2人ともそれぞれタイプの違う「普段はやる気がないがいざとなる殺(や)る気満々の女の子」を演じるに当たってベストを尽くしたことは間違いない。現実ではあり得ない役柄なのに、「この世のどこかに本当にいるかも」と思わせる実在感があったのだから。言うまでもなく、アクションがキレッキレなのも彼女たちの身体能力と努力のたまもの。この2人があってこその映画であり、見れば確実にファンになるだろう。

 その他、本宮泰風が「今の発言は女性差別だ。今の時代は多様性だ!」などと主張するキャラの濃すぎるヤクザの組長を楽しそうに演じていて、「メイド喫茶」のシーンはもはや脳にこびりつくほどのインパクトを与えてくれる。

 そして、俳優であり殺陣師の三元雅芸と伊澤彩織のタイマンバトルは「瞬きするのも惜しい」ほどの本作の白眉となっていた。こうした実力派の俳優たちが、自分たちの持ち味を生かし、最高のハマり役として映画の中で息づいているのを見られるのもうれしいところだ。

社会不適合者な殺し屋の女の子2人がヤクザ相手にバトる映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー (C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

2人の「だるっだる」な日常が楽しい

 アクションとのギャップでこれまた楽しいのが日常パートである。

 とにかく、オープニングである「コンビニでの面接」のシークエンスから面白い。具体的な展開は秘密にしておくが、ここの会話で主人公の1人であるまひろのコミュ障ぶり、いや社会不適合者っぷりがよく分かり、なおかつ予測不能の驚きの展開が訪れるからだ。キャラの特徴を描きつつも見せ場を用意する「ツカミ」としても秀逸だった。

 その後の内容と言えば、良い意味で「だるっだる」な殺し屋の女の子2人の日常を映していく。だが全く飽きることがないのは、会話の軽妙さのおかげだ。例えば「ああいうの(飲食店のアルバイト)やりたくないからさ、殺し屋やってんのにさー」だとか「殺し屋のこと、クルーって呼ぶのをやめてよ、マックのバイトみたい」だとか、殺人という最も重い罪を犯しているはずの彼女たちの、会話の端々に見えるやさぐれ感というか、気だるさが何とも言えないおかしみに満ちていて愛おしいのだ。

社会不適合者な殺し屋の女の子2人がヤクザ相手にバトる映画「ベイビーわるきゅーれ」レビュー (C)2021「ベイビーわるきゅーれ」製作委員会

 「野原ひろしの名言(実はデマ)」「午後の紅茶を午前に飲んじゃったとか言いそう」「私が『ジョジョ』を好きだって前提で話してくるんだよ」など、サブカルネタが妙にあるのも楽しい。果ては「おでんを食べながらグチを言い合う」だけで面白いのだから、何だかズルい。


「社会になじめない」人たちへのエールかも?

 これまで見てきたように、主人公2人はだるっだるの日常を過ごしているダメ人間だが、だからこそ感情移入ができるという人も多いだろう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  2. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  3. /nl/articles/2109/22/news088.jpg 「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
  4. /nl/articles/2109/26/news047.jpg かっぱ寿司で「入店20時間待ち」表示 全皿半額キャンペーンで全国に大混雑、入店困難な状態に
  5. /nl/articles/2109/26/news018.jpg 窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
  6. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  7. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  8. /nl/articles/2109/27/news028.jpg 夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
  9. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  10. /nl/articles/2109/26/news016.jpg 【漫画】愛猫たちに「くせぇ」と思われた飼い主、落ち込むも…… 自分の“匂い”を気にしない愛犬に心が救われる

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」