実は“子役出身”だった芸能人 話題作出演の4人にとっての転機や挫折の時期(1/2 ページ)

芸歴だけで見るとベテラン。

» 2021年09月28日 19時11分 公開
[のとほのかねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 芸能界で幼いころから活躍している子役。しかし、意外と子役時代の活躍を知らない人も多くいます。今回は、実は子役から活躍していた俳優4人に話を伺い、芸能界に入ったきっかけから引退を考えたほどの挫折など、若くして仕事に向き合ってきた思いをまとめてみました。

西山潤 志田彩良 恒松祐里 畑芽育 子役

 話を聞いたのは、TBS系日曜劇場「ドラゴン桜」に出演し、注目を集めた俳優の志田彩良さん、西山潤さん。「プロミス・シンデレラ」でさくら役を演じた畑芽育さん、Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督 シーズン2」で新しいヒロインを務めた恒松祐里さんの4人です。

西山潤さん

西山潤 志田彩良 恒松祐里 畑芽育 子役 撮影/こた

 「ドラゴン桜」のヤンキー・小橋役が思わぬ人気となり、注目を集めた西山さん。意外にもその芸歴は約15年。小学校1年生で芸能界入りを果たすと、2006年の映画「サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜」で俳優デビュー。映画「20世紀少年」シリーズのケンヂ(幼少時代)役といえば驚く人も多いのではないでしょうか。

――芸能界に入ったきっかけは?

 芸能界に入ったきっかけは、小学1年生のころに家族で恵比寿を歩いていたら、今の事務所の方にスカウトしていただいたこと。

――あなたの転機はいつ?

 やっぱりスカウトされて事務所に入ったこと。それがなければこの業界に入っていなかったので。転機と言ったら色々ありますね。作品毎回出会うたびにそれが転機ですし、その作品やらなかったら、今やっている作品もやっていないかもしれないし、毎回転機だと思っています。

――人生で一番頭を抱えた悩みは? どうやって乗り越えた?

 悩みはいろいろあります。結局は自分で乗り越えるんですが、林遣都さんや、上白石萌歌とかに毎回相談します。人に話して乗り越えますね。

――芸能界に入って学んだこと

 全部なんですけど、人間関係。

――今の立場になってよかったと思えること

 自分の芝居をして、それを見てもらえるってということ。一見普通のことですけど、やはり見ていただかないと自己満になってしまうので、テレビや舞台だったり、映画だったり、人々に届けられるっていうのが最近すごく幸せなことなんだなと思います。

畑芽育さん

西山潤 志田彩良 恒松祐里 畑芽育 子役 撮影/こた

 二階堂ふみさん主演で9月14日に最終回を迎えたTBSドラマ「プロミス・シンデレラ」に出演していた畑さん。芸能界入りを果たしたのは1歳からで、現在19歳ながら芸歴は18年と大ベテラン(※記事執筆時点)。教養バラエティー番組「ワンワンパッコロ!キャラともワールド」(NHK BSプレミアム)で7年間レギュラー出演を務めます。「女子高生の無駄づかい」の“ロリ”こと百井咲久役や「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」の仮面ライダーアバドン/ムーア役などで知名度をあげていきます。

――芸能界に入ったきっかけは?

 1歳のとき。母が時間があったからという理由で芸能事務所のオーディションを受けて入りました。

――あなたの転機はいつ?

 中学3年生のころ、真剣に「辞めようかな、このお仕事」と考えたことがあって、それをマネジャーさんに引き留めてもらったことで今お仕事が出来ています。あのとき引き留めてくださる人がいてよかったなと思いますし、今自分がお仕事をしていてよかった。

――人生で一番頭を抱えた悩みは? どうやって乗り越えた?

 仕事を続けるかどうかというときにすごく頭を抱え悩んだのですが、マネジャーさんからの助言で乗り越えました。

――芸能界に入って学んだこと

 大人との接し方。

――今の立場になってよかったと思えること

 よく自分の名前を検索することがあるのですが、畑芽育ちゃんかわいいとかいろな人に褒めてもらえること。私はネガティブなところがあるので、その人の顔は見えないですが、自分の姿を見てもらってお芝居だったり自分のことを評価してもらえる立場にいることがすごくうれしく光栄に思います。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  2. /nl/articles/2406/15/news010.jpg 生活難易度MAX トイレも簡単に行けない“謎すぎる間取り”の都内マンションがシンプルに変な家で「癖強すぎ」「どんな部屋やねん」
  3. /nl/articles/2406/15/news064.jpg “未発売”のはずの新商品がフリマアプリに流出…… スノーピークが謝罪「心よりお詫び」
  4. /nl/articles/2406/15/news027.jpg 6カ月赤ちゃん、生まれて初めての体験に思わず「かあちゃんたすけてー!」 SOSの理由に「感情が迷子になってる感じが最高に可愛い」
  5. /nl/articles/2406/14/news020.jpg 爆弾岩のようなイカつい見た目の生き物を茹でてみたら…… ありえない変化に反響「何回見てもおもろい」「ダンジョン飯っぽさがw」
  6. /nl/articles/2406/14/news030.jpg 【今日の計算】「9+4×5−8」を計算せよ
  7. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  8. /nl/articles/2406/14/news013.jpg 深夜2時に響き渡る鳴き声→見ると隣家の物置に紐で繋がれている子猫が…… 仰天する当時の状況と意外なワケが胸に迫る
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」