ニュース
» 2021年12月18日 20時30分 公開

“オタク監督”の新境地「ラストナイト・イン・ソーホー」 ショービジネス裏側の搾取描く、胸糞悪さ全開ホラー(1/2 ページ)

「ベイビー・ドライバー」以来4年ぶりの新作。

[将来の終わり,ねとらぼ]

 「エドガー・ライトの新作はホラー」、というニュースを単純に喜べなかった。エドガーといえば近年は「ベイビー・ドライバー」でシリアスなクライム・ムービーを手掛け、その作品のクオリティーに多大な信頼が寄せられていることは周知の事実。しかしその出自は非常にオタク気質、映画ファンとの共通言語であるサブカルチャーを通じ、ある種の「わかってるやつら」とその趣味を分かち合うような作風で評価を重ねてきた監督だ。

エドガー・ライト最新作「ラストナイト・イン・ソーホー」

 過去の監督作「ショーン・オブ・ザ・デッド」はそのタイトル通り、ロメロをはじめとするゾンビ映画のあるある・意趣返しをここぞとばかりに詰め込んだ笑えるパロディームービー。「ワールズ・エンド」は「SF/ボディ・スナッチャー」のオマージュに、輝かしい青春の記憶にすがるアル中男の悲哀を描いたダーク・コメディと、本人がカルトホラーの大ファンであるからこそ、ジャンル映画というよりは「ジャンルそのもの」を俯瞰するオタク向け作品を得意分野としてきた。

 これらに加え、非常にスタイリッシュな場面転換、何気ない個々のセリフ・キャラクター名・楽曲の歌詞に今後の展開の伏線を緻密に張る作品の構成、キャラクターの強烈な個性を原動力に進んでいくシナリオといった特徴的な作風は、いずれもゴースト・ストーリーとは相性が致命的に悪い

 ゾンビやエイリアン、制作総指揮を手掛けた「アタック・ザ・ブロック」のようなジャンプスケア・チェイス・ムービーであればまだしも、理解を拒絶する不条理が未知の恐怖を醸し出す直球のホラー作品は、“しっかり伏線を解決してしまう”監督の作風からはどうも想像がつかなかった。

 そんな中で公開された本作「ラストナイト・イン・ソーホー」のテイストは、過去作とはかなり異なる。主人公は60年代に憧れをもつ少女エロイーズ。大学でファッションデザインを学ぶため田舎から大都会ロンドンに初めて出てきた彼女は、ルームメイトとの不仲からとある老婦人が管理するアパートの屋根裏部屋に住むことになる。そこでの白昼夢として、実際の60年代を生きたサンディの生を毎夜追体験することになる。

 きらびやかな服に身を包み、青春を謳歌するクラスメイトたちに引け目を感じるなか、夢の60年代を絢爛に過ごすサンディとの“出会い”からエロイーズは徐々に変わっていき、服装も髪形もサンディの生写しとなっていく。自身につきまとう謎の老人をあしらいながら、毎夜の夢に胸を躍らせていくエロイーズの期待に反し、次第に夢の物語は破滅的な方向へと向かっていく。合わせて彼女の周囲には顔のない幽霊たちが出没し始め、エロイーズの精神は徐々に消耗していく……という物語だ。

 心配していた恐怖表現については、しっかりと“怖い”。今作では60年代のものも含め多くのホラー映画を参考にしたとのことだが、肉体の損壊描写などの直接的なものは少なく、不快・外道な展開に関するある種の胸糞悪さが顕著だ。

 エロイーズの現実にゴーストが侵食し始め、次第に精神を病んでいく表現は町山智浩がパンフレットで挙げている通り、ハンク・ハーヴェイのカルトホラー「恐怖の足跡」(1962)からの引用。クラブシーンでのフラッシュ多用、映り込む影についてはダーレン・アロノフスキーの「ブラックスワン」(2011)の手法を取り入れている。

 笑いにつながるコメディーシーンはブラックなものも含めてほぼ存在せず、観客が感情移入するエロイーズを取り巻く環境はとにかく、最初から最後まで居心地が悪い。冒頭のタクシードライバーに始まり、育ってきた環境があまりにも違うクラスメイトたちからの疎外が続いたかと思えば、信頼できる大人たちには手が届かない。

 これに呼応するかのように、サンディの白昼夢がアメリカンドリームから逸れ始めてからの本作も黄金時代の負の側面、ショービジネスの裏側で搾取を繰り返されてきた女性たちの悲しみを描いたものになっていく。

 本作はある種のカウンター映画である。根底にあるのは、自分が何も考えずに楽しんできたフィクションや時代の裏側で、不当に苦しめれてきた弱い立場の人々がいる、という考え方だ。これを「フィクション・空想・夢物語の力を信じて巨悪、または世界に勝つ」という「ホット・ファズ」「ワールズ・エンド」のエドガー・ライトが世に出したということには、彼自身の大きな変化を感じる。顔のないゴーストたちは弱者を搾取する権力者でありながら、それらをたのしく貪る消費者(もちろん、それらを大いに楽しんできたエドガー自身)の姿でもあるのだろう。

 であるならばその表現に対し、若干のコメディーとも受け取れるシーンが入ってしまったのはいただけない。監督なりの照れなのか、演出上のミスなのかは判断のしようがないが、彼らの顔を映し、ふざけた動きをさせることは、明らかな蛇足と言わざるを得ない。

 加えてこれは制作側というよりは配給側の問題だが、一部SNSでも注意喚起されているように、性暴力シーンを含むことは事前にある程度告知すべきだっただろう。作品全体のトーン、出来そのものは言うまでもなく随一であるだけに、これらの見過ごせない点が目につくのは残念なところになってしまった。

将来の終わり

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」