ニュース
» 2022年08月05日 18時00分 公開

夏休みに編集部がオススメする配信作品10選 海外ドラマからアニメ、ドキュメンタリーまで(1/4 ページ)

これ全部見たら夏休み終わる(むしろ過ぎる)。

[ケンゾー,ねとらぼ]

 COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が感染拡大し始めてから約2年半。いまだに猛威を振るい、ついに第7波まで来ました。現時点では特に政府や自治体から移動制限はかかっていませんが、せっかくの夏休みなのに少し外に出るのをためらってしまう気持ちもありますよね。

 そこで、今回は外に出ずとも家でずっと楽しんでいられる編集部員おすすめ配信作品10選を紹介。海外ドラマからアニメ、ドキュメンタリーまで、多種多様な作品の魅力をお伝えします。これで夏休み、朝から晩までふぬけられるぜぇええ!

おすすめ配信作品 (画像は写真ACから)

編集Hのおすすめするドラマ「ザ・ボーイズ」

おすすめ配信作品 (c)Amazon Studios

 雑に言うと「汚いタイバニ」「闇のヒロアカ」。表向きは華々しく活躍するスーパーヒーローが裏では腐敗にまみれており、スポンサー企業の力で悪事や不祥事をもみ消しているというお話です。そんなヒーローに、特殊能力のない普通の人間たち「ザ・ボーイズ」が立ち向かっていきます。

 この作品の魅力は、振り切った過激さ(グロ苦手な人にはお勧めできない)、クセが強すぎる登場人物、先の読めない展開。いろんなクズがいて予想を超える胸糞っぷりを見せてきます。

配信先

Amazonプライムビデオ

編集福田がおすすめする「ベター・コール・ソウル」

おすすめ配信作品 Netflixより)

 史上最高のドラマと名高い「ブレイキング・バッド」。そのスピンオフにして、本伝に勝るとも劣らない傑作となっているのが、現在最終シーズンが配信中で、8月15日に完結予定の「ベター・コール・ソウル」だ。

 本作で語られるのは、「ブレイキング・バッド」で犯罪者御用達の胡乱な弁護士として活躍した人気キャラクター、ソウル・グッドマンの過去。前途ある新人弁護士だった彼が、なぜ“ブレイキング・バッド”(道を踏み外す)に至ったのか? 欠点はあるが憎めない登場人物たちが、6シーズンかけて奈落の底へと転がり落ちて行く様は圧巻。「ノーカントリー」など、胃に鉛を流し込んだような後味の映像が好きな人に特におすすめしたい。

 前日譚の側面もあり、本作からでも楽しめる。とはいえさりげない小物・ロケーション・カメオ出演など、画面の随所にシリーズファンをにやりとさせる仕掛けがあるので、気に入ったのなら好きなタイミングで「ブレイキング・バッド」もぜひ。2作合わせて100話を超す大巨編だが、夏のおうち時間をこの上なく有意義に過ごせるはずだ。

配信先

Netflix

ケンゾーがおすすめする「あなたが眠っている間に」

 幼い頃から予知夢を見るものの、将来起こる悲劇を変えられずずっと苦しんできた女性ナム・ホンジュ。そんな彼女の近所に、新人の男検事チェン・ジェチャンが引っ越してきます。これまでどんなにあがいても変えられなかった悲劇ですが、彼と出会ったことでなんと変えられるようになっていくのです。

 一緒に将来起こる悲劇を回避しようと協力していくうち、恋に落ちていく2人。その模様を見ているだけでキュンキュンするのですが、それだけのお話ではありません。殺人事件や死亡事故がどうして起こってしまったのかというミステリー要素や衝撃的な展開もあるほか、恋のライバルや憎たらしい悪役弁護士、なんだかんだカッコいいところも見せる先輩など魅力的なキャラクターが多く、かけ算的に面白いです!韓国でさまざまな賞を受賞しており、面白さは折り紙付き。

 ちなみに、主演のナム・ホンジュを演じるぺ・スジさんは、韓国で“国民の初恋”と呼ばれるほどの人気女優でめちゃくちゃかわいいので、スジ推しとしてもおすすめするドラマです。AmazonプライムビデオやdTVで第一話は無料で見られるので、一度見てみてください!

配信先

U-NEXT、レンタル:AmazonプライムビデオdTV

上代瑠偉がおすすめする「13th -憲法修正第13条-」

おすすめ配信作品 13thのFacebookより)

 「ブラック・ライヴズ・マター(BLM)」が全米で大きな注目を浴びるきっかけの1つとなった、ジョージ・フロイドさんの殺害事件から早2年が経過しました。なぜアメリカでは警官がアフリカ系の命を奪う事件が相次ぐのでしょうか。日本に住むわれわれには容易に分かる問題ではありません。

 例えば、アメリカ在住の作家・ジャーナリストである冷泉彰彦さんでさえ、自著『アメリカの警察』のなかで、「警察はどのように批判されているのか、そもそも白人警官による黒人市民への一方的な殺害事件が起こる背景には、どのような構造が潜んでいるのか、こうした問いに答えを見つけるのは難しい」とつづっています。

 Netflixで配信中のドキュメンタリー映画「13th -憲法修正第13条-」は、そのような疑問に対する答えを得られる作品の1つです(2022年8月5日現在、YouTubeにも本編公開中)。この映画では、奴隷制を禁止しつつも、犯罪者は例外とした「憲法修正第13条」の問題から始まり、1970年代以降、アフリカ系などマイノリティーの大量投獄が続いていることを中心に議論を展開。そのような大量投獄を強化した、刑務所の経営がビジネスとして成立しているという問題にも言及していきます。

 そして、そのような偏った社会構造が表面化したのが、相次ぐ警察によるアフリカ系の殺害だというのです。アメリカにおけるアフリカ系への差別のみならず、更生より懲罰を重視する社会的な傾向、民営化など、日本でもなじみがあるテーマについても考えさせられます。

予告編

 

本編

配信先

NetflixYouTube

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい