「亡くした愛猫を剥製にする」とパートナーが言い出して…… “ペットの死”への向き合い方を描く漫画に考えさせられる 作者に思いを聞いた(1/4 ページ)

最愛のペットの死に、どう向き合うか。

» 2023年02月05日 11時00分 公開
[石関隆景ねとらぼ]

 もし愛するペットを亡くしてしまったら、一体どうすればいいのか――。ペットロスへの向き合い方を描いたある漫画が、「考えさせられる」として、Twitterで4万いいねを集めるほど大きな反響を呼んでいます。編集部は、作者に作品の製作背景や反響などについて、話を聞きました。

矢野満月「シビは寝ている」 死んだ愛猫を剥製にするかどうかで揉める二人の話 あなたはどうしますか?

 注目を集めたのは、漫画家の矢野満月(@yanomaan)さんがTwitterに投稿した短編「シビは寝ている」。愛猫を失った男女が、その亡骸(なきがら)を剥製にするか悩み、すれ違いながらもその死に向き合っていく物語です。

矢野満月「シビは寝ている」 死んだ愛猫を剥製にするかどうかで揉める二人の話

 ある金曜日の朝、2人が11年間飼っていた愛猫・シビが息を引き取ります。そのショックからオロオロしてしまう主人公のタカオに対し、意外にも冷静な様子を見せるパートナーのマキ。タカオはその様子を疑問に思いながらも、パートへと出かけます。

矢野満月「シビは寝ている」 死んだ愛猫を剥製にするかどうかで揉める二人の話
矢野満月「シビは寝ている」 死んだ愛猫を剥製にするかどうかで揉める二人の話

 タカオは、涙をこらえつつ何とか仕事をこなして帰宅。すると、シビの姿が見当たりません。「あの…シビは?」とマキに尋ねると、マキは手に持った包丁で冷凍庫を差します。冷凍庫を開けると、そこにはキンキンに凍ったシビの姿が。そして、マキの口から衝撃の思惑が語られます。

 「シビは 剥製にするから」

矢野満月「シビは寝ている」 死んだ愛猫を剥製にするかどうかで揉める二人の話

 剥製の製法や金額について淡々と説明するマキの姿に、「この状況やっぱりおかしくない?」と疑念を抱くタカオ。この11年、シビの身に何かがあったとき、決まって取り乱していたはずのマキが、シビ亡き今、あまりにもいつも通りでいる……。タカオはその状況に対し、「こんなのフツーじゃない」「シビが死んだショックでおかしくなっちゃったんだ!!」と結論付けます。

矢野満月「シビは寝ている」 死んだ愛猫を剥製にするかどうかで揉める二人の話

 マキの精神を案じたタカオは、「俺がなんとかしなきゃ!!」と覚悟を決め、「剥製にしたってシビは生き返らないし戻ってこないんだよ ちゃんと火葬なり埋めるなりして供養してあげないと」とマキを諭します。しかし、マキから返って来たのは「なんで?」という疑問の言葉でした。

 「なんで剥製は可哀相なの?」「死体を灰になるまで焼き尽くしたり 土の中で腐らせて虫や微生物の餌にするのは なんで可哀相じゃないの?」

矢野満月「シビは寝ている」 死んだ愛猫を剥製にするかどうかで揉める二人の話
矢野満月「シビは寝ている」 死んだ愛猫を剥製にするかどうかで揉める二人の話

 タカオはマキの質問に言葉を詰まらせるも、「生き物は死んだら自然に還すべきだし それを阻むのはあまりにも人間のエゴなんじゃない?」と反論します。すると、マキは「…そうだね これは私のエゴだね」と認めつつ、次のように言うのでした。

 「シビを家につれてきたのも 外に出ないように閉じ込めたのも 嫌がるシビに無理やり注射したり薬飲ませたりしたのも 全部私のエゴだ」

 「だから私は最後まで私のエゴをつらぬく」

矢野満月「シビは寝ている」 死んだ愛猫を剥製にするかどうかで揉める二人の話
矢野満月「シビは寝ている」 死んだ愛猫を剥製にするかどうかで揉める二人の話

 タカオはその理論に押されながら反駁(はんばく)を試みますが、2人の議論は平行線のまま、マキはシビと一緒に家を出ることを告げます。追い込まれたタカオが選んだ道は……。続きは、本編をご覧ください。

 Twitterでは、“ペットの死”という重大なテーマを丁寧に取り扱っているこの作品に対し、「何回も読み返したい素晴らしい短編」「真っ向から人の心というものに向き合っている暖かな話。感動」「考えさせてくれてありがとう」などのコメントが寄せられました。また、剥製の是非について、さまざまな意見も集まっています。

 編集部は作者の矢野満月さんに、この作品を制作した背景や漫画の反響などについて尋ねました。

 

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/18/news134.jpg 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  2. /nl/articles/2404/18/news025.jpg 生後5日の赤ちゃん、7歳のお姉ちゃんから初めてミルクをもらうと…… 姉も驚きの反応がかわいい
  3. /nl/articles/2404/18/news057.jpg 9カ月の赤ちゃん、バスで外国人の女の子赤ちゃんと隣り合い…… 人生初のガールズトークに「これは通じあってますね!」「ベビ同士の会話、とろけます」
  4. /nl/articles/2404/17/news037.jpg 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/17/news034.jpg 「妹が入学式に着るワンピース作ってみた!」 こだわり満載のクラシカルな一着に「すごすぎて意味わからない」「涙が出ました」
  6. /nl/articles/2404/18/news155.jpg 大谷翔平選手、ハワイに約26億円の別荘を購入 真美子夫人とデコピンとで過ごすかもしれないオフシーズンの拠点に「もうすぐ我が家となる場所」
  7. /nl/articles/2404/17/news179.jpg 「ケンタッキー」新アプリに不満殺到 「酷すぎる」「改悪」の声…… 運営元「大変ご迷惑をおかけした」と謝罪
  8. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  9. /nl/articles/2404/17/news129.jpg 「ハーゲンダッツ硬すぎ!」と力を入れたら……! “目を疑う事態”になった1枚がパワー過ぎて約8万いいね
  10. /nl/articles/2404/16/news175.jpg 「そうはならんやろ」をそのまま再現!? 「ガンダムSEED FREEDOM」のズゴックを完全再現したガンプラがすごすぎる
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」