地震で断水、解消まで約5日間 自宅で過ごすために役立ったもの・用意しておけばよかったもの(1/4 ページ)

令和6年能登半島地震、羽咋市在住筆者の断水経験。

» 2024年02月03日 11時00分 公開
[谷町邦子ねとらぼ]

 1月1日に発生した能登半島地震により、筆者は能登半島の付け根に位置する石川県羽咋市市街地の自宅で、約5日間の断水を経験することになりました(記事執筆時点1月25日も市内に断水地域あり)。何気なく買い置きしていたものや続けている習慣が役に立ったり、「地震前に用意しておけばよかった」と悔やんだりなどのエピソードを添えて、自宅での断水の経験から必要だと感じたものなどについて紹介します。

令和6年能登半島地震断水経験 「夢だったらいいのにな……」と思った2日目の朝、蛇口から水が出ないのを確認してめちゃくちゃテンション下がりました(写真ACより)

蛇口をひねるとちょろちょろ……帰宅直後から始まった断水生活とその他ライフライン

 地震が発生したとき、パートナーと一緒に富山にある実家から羽咋市の自宅に向かっていました。富山県新湊市あたりで大きな揺れを感じ、渋滞に巻き込まれたり、地震のせいで途中にある橋が通れなくなってしまったりしたのを、地元の人にう回路に誘導してもらったりしながら、何とか18時ごろに帰宅。玄関の花瓶、冷蔵庫の上の電子レンジは若干位置がずれていただけ、シンクの上の棚から落ちていた食器も割れておらず、まずはほっとしました。

 しかし、手を洗おうと水道のレバーを上げ、水が出た瞬間、異様に水圧が弱いことに気づきました。私は数年前まで大阪府高槻市に住んでおり、2018年の大阪北部地震でごく短期間ですが断水を経験していたため、すぐに家に置いてあった空の2リットルペットボトル2本と湯船に水をためました。19時には出なくなっていたように記憶しています。

 他のライフラインはと言うと、電気は一度勝手に消え、すぐにつきました。ガス(プロパン)は使えたのですが、しばらくは余震が頻繁に起こったので使用は最小限にしました。つまり、水道以外は問題がなかったのです。

令和6年能登半島地震断水経験 隆起したマンホール(1月2日時点)

大きく2期に分かれた断水期間

 私が住んでいた地域で全く水が出なかったのは2日までで、3日からは「通水」と呼ばれる状況でした。登録した羽咋市民向けのメーリングリストのメールによると、あくまで復旧のために水を通しているので、使いすぎると応急給水(災害で断水してしまった時に給水車などで水を配る)ができなくなったり、市全体の配水量が多くなり水が出にくくなったりするので、必要時以外の使用は控えるようにとのことでした。

 「必要時以外の使用」がどのくらいのことなのか分からず、届いたメールに記されていた電話番号にかけたところ担当者は「お風呂や洗濯機には使わないで」と回答。また、「断水解消」となっても、なるべく節水してほしいと言われました。私が住む地域が「断水解消」したとメールで知らされたのが6日ですが、その後も3日ほどは洗濯を手もみ洗いしたり、コインランドリーを使ったりするなど、節水生活を心がけていました(本当はそこまでする必要はなかったのかもしれません)。

水を入手した方法

 飲用水には自治体が応急給水としてくれるもの(原則1人1リットルの制限あり)や、パートナーが地震前から持っていた「保存水」、スーパーで購入したミネラルウォーターを使用しました。箱単位でまとめ買いする人も少なくありませんでしたが、うちは2人住まいだったのでペットボトル数本しか買いませんでした(必要量は家族の数などによる)。

 生活用水には、主に地震直後にためた水と、災害時ということで開放していただいた市内の個人宅や工場、公共の施設などの井戸水です。井戸水は飲用ではないので、トイレや洗濯に使用することがほとんどでした。

水が使えないときに自宅で活躍したアイテム、シーンごとに紹介

※以下はあくまで「水道以外のライフラインが無事で自宅に住めて、子どもや高齢者がおらず、健康な成人2人暮らしの世帯」の例になります。

<持っていてよかったもの>

ペットボトル、現金、ラップ、アイラップ、紙コップ、割り箸、アルミホイル、冷凍ご飯(パックご飯)、キッチンアルコール、アルミホイル、タオル、ウェットタオル、ゴミ袋、常備薬、ガソリン

<買っておけばよかったもの>

ポリタンク、使い捨ての器、まな板シート、冷凍食品、レトルト食品、予備の下着、ドライシャンプー、災害用のトイレ


まずはオールマイティに活躍したもの

 断水中、最も活躍したものは空のペットボトルでした。断水直前にためた水道水、それがなくなったら井戸水を入れて、キッチン、洗面所、トイレに配置。調理器具の洗浄や手洗い、トイレ使用後などに使いました。ペットボトルは最初2リットルのものが2本でしたが、断水中に入手した飲用水のものを再利用するうちに2リットルのもの、500ミリリットルのもの、各4本ずつになりました。

令和6年能登半島地震断水経験 みんなが並んでるからって3時間弱待って買ったポリバケツ。ちゃんと考えて備えてないから、周りに流されてしまいました

 ちなみに水を入れるものとしてポリタンクを想像する人が多いと思います。私も2日にホームセンターで3時間弱並んで購入しましたが、結局使いませんでした。私が住む地区では応急給水でペットボトルでも水がもらえたからです。また、井戸水などを入れてしまうと、次に飲用水を入れられないからと生活用水には使わないでおきました。とはいえ、給水方法は地域や状況によるので備えておいて損はありません。白か透明で水の状態が確かめやすく、蛇口コックが付いている飲用水用のもののほうが望ましいと思います。

 帰宅途中にトイレ休憩と買い物のために寄った被災したコンビニ、コインランドリー、自販機で使用したのが現金です。3日にもなると地元のスーパーやドラッグストア、ホームセンターの多くが営業を再開していてキャッシュレス決済ができないとは言われませんでしたが、地震直後は使えない場合も想定して、ある程度の額を現金(できれば両替しやすい1000円札か小銭)で持っていた方が良いでしょう。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  3. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  4. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  5. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  6. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  7. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
  10. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」