メディア

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨の名言ランキング! 1位は「頭を垂れて蹲え。平伏せよ」【2021年最新結果】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

※本記事には『鬼滅の刃』に関する重要なネタバレがあります。未読の方はご注意ください。

 2021年2月3日から2021年2月16日までの間、ねとらぼ調査隊では「あなたが好きな『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨の名言は?」というアンケートを実施していました。

 『鬼滅の刃』の鬼舞辻無惨といえば、物語の鍵となる「人食い鬼」の長であり、非道な言動が特徴的なキャラです。炭治郎たち鬼殺隊に対してはもちろん、味方であるはずの鬼にまで容赦しないその姿は、ネット上で「パワハラ上司」などと言われるほどでした。それではランキングの結果を見ていきましょう!

 今回のアンケートでは計564票の投票をいただきました。たくさんのご投票、ありがとうございます!

「アニメ 鬼滅の刃」公式サイトより引用
advertisement

第10位:私は限りなく完璧に近い生き物だ

 今回のアンケートでは、3つが同率10位という結果になりました。1つ目は、「私は限りなく完璧に近い生き物だ」です。街で「顔が青白で今にも死にそうだ」と言われたときに発したセリフです。

advertisement

第10位:炭治郎待て!!待ってくれ、頼む!!私の意志を継いでくれ、お前が!!

 同率10位となった2つ目の名言は、「炭治郎待て!!待ってくれ、頼む!!私の意志を継いでくれ、お前が!!」でした。作品の終盤で、鬼となった炭治郎が鬼殺隊の必死の抵抗の末に、人間に戻っていく炭治郎に懇願した、死を恐れる無惨の無様な最期を代表するセリフでした。

advertisement

第10位:死んだ人間が生き返ることはないのだ。いつまでもそんなことに拘っていないで日銭を稼いで静かに暮らせば良いだろう

 3つ目の第10位は「死んだ人間が生き返ることはないのだ。いつまでもそんなことに拘っていないで日銭を稼いで静かに暮らせば良いだろう」です。無惨が完全な生命体になるのを邪魔する鬼殺隊を異常者呼ばわりしたセリフでした。

advertisement

第9位:本当の化け物は、あの男だ。私ではない!!

 第9位は「本当の化け物は、あの男だ。私ではない!!」でした。「あの男」とは、かつて無惨を追い詰めた継国縁壱のこと。最終決戦にて縁壱の呼吸を引き継いでいる炭治郎と、蛇柱・伊黒小芭内に追い詰められた無惨の心の声でした。

advertisement

第8位:私に殺されることは大災に遭ったのとの同じだと思え

 第8位は「私に殺されることは大災に遭ったのとの同じだと思え」です。無惨に殺された家族や仲間を思う炭治郎と冨岡義勇に放った言葉でした。自己中心的な無惨の本質が表れた言葉だと思います。

advertisement

第7位:異常者の相手は疲れた。いい加減に終わりにしたいのは私の方だ

 第7位は「異常者の相手は疲れた。いい加減に終わりにしたいのは私の方だ」です。無惨を倒すために戦う鬼殺隊の面々を「異常者」呼ばわりするセリフに驚いた人も多かったのではないでしょうか。

advertisement

第6位:誰が喋って良いと言った?

 第6位は「誰が喋って良いと言った?」です。下弦の鬼を集めたときに発したセリフで、このシーンは「パワハラ会議」と話題になりました。

advertisement

第5位:私の想いもまた不滅なのだ、永遠なのだ

 第5位は「私の想いもまた不滅なのだ、永遠なのだ」でした。鬼殺隊の多くの隊士が力を合わせ、無惨を倒した後、命を落とす隊士も多い中、炭治郎も命を落としていました。しかし、無惨は日光を克服できる炭治郎に自分の思いを託そうとしたシーンのセリフでした。

advertisement

第4位:何がまずい?言ってみろ

 第4位は「何がまずい?言ってみろ」です。こちらも「パワハラ会議」からのセリフ。無惨が思考まで読めるということに気づいた下弦の鬼が、思わず「まずい」と心の中でつぶやいてしまったときの発言でした。

advertisement

第3位:炭治郎、炭治郎、行くな!!私を置いて行くなアアアア!!

 第3位は「炭治郎、炭治郎、行くな!!私を置いて行くなアアアア!!」でした。得票数は29票と、全体の5.1%の票を獲得して3位にランクイン。

 クライマックスのシーンで、炭治郎を鬼にしようとする無惨。死んでしまった仲間たちの思いによって炭治郎は藤の花が咲く空へ登っていきます。そこで置き去りにされた無惨が言ったセリフ。最強のラスボスとは思えない、必死で情けない姿が印象的です。

第2位:私が“正しい”と言ったことが“正しい”のだ

 第2位は「私が“正しい“と言ったことが“正しい”のだ」でした。得票数は53票と、全体の9.4%の票を獲得して2位にランクイン。

 こちらも、パワハラ会議といわれるシーンからのセリフ。無惨の横柄さや理不尽さがよく伝わってきます。コメント欄では、このセリフの直前に言った「全ての決定権は私に有り私の言うことは絶対である」にも投票されていました。

第1位:頭を垂れて蹲え。平伏せよ

 第1位は「頭を垂れて蹲え。平伏せよ」でした。得票数は271票と、全体の48%の票を獲得して1位にランクイン。

 約半数の得票率で1位となったこちらのセリフは、下弦の鬼たちを集めて最初に発した言葉。端的にいうと「敬って土下座しろ」というような意味になります。ジャンプの悪役は魅力的なキャラも多いですが、無惨に関しては清々しいほど悪い面ばかりが描かれていました。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.