ニュース
» 2016年06月16日 12時40分 UPDATE

沖縄地方、梅雨明け いよいよ夏本番

だいたい1カ月ほどの梅雨でした。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
梅雨明け 提供:名護市の比嘉様より

 16日午前11時、沖縄気象台は「沖縄地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。沖縄地方は夏空が広がり、広い範囲で気温が30度を超えています。

 平年(6月23日ごろ)より7日早く、昨年(6月8日ごろ)より8日遅い 梅雨明けです。これまでの最も早い梅雨明けの記録は2015年6月8日、最も遅いのは1976年7月9日です。沖縄地方が梅雨入りした5月16日から昨日6月15日までの那覇の降水量は389.5ミリでした(この期間の平年値は214.8ミリ)。この先、沖縄地方は晴れる日が続き、厳しい暑さとなるでしょう。

※梅雨は季節現象であり、梅雨の入り・明けは平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。
※梅雨入り・明けの時期は、秋に再検討され、見直されることがあります。

梅雨明け


関連キーワード

梅雨 | 沖縄 | 日本気象協会 | 天気


Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう