ニュース
» 2017年02月11日 21時00分 UPDATE

一人でもリア充したい男子へ タイの男性が投稿した「バレンタインデーを生き残る方法」が人気に

なぜだか心が切なくなるような方法でした……。

[宮原れい,ねとらぼ]

 もうバレンタインデーまであとわずかという時期。男の独り者にはつらいだけのイベントですが、「バレンタインデーを生き残る方法」とタイの男性がFacebookに投稿した写真が人気を集めています。1人でリア充してるだと?



 投稿では、シュシュを付けた女性らしき手が寝ている男性の顔に落書きをしていたり、または恋人つなぎや顔を寄せてキスする場面など、ラブラブなカップルの写真が。同時にその写真の撮影方法も載せていて、見えない位置からシュシュを付けた自分の手で自分の顔に落書きする様子や、自分の手を握る様子、手に持ったかつらに顔を寄せる様子などが写されています。見せ方はすごいけどなにこの切なくなるネタばらし……。

 両手がふさがった状態で撮影するためのスマホを持つさまもシュールで、写真によっては片足の指で挟んだり、口でくわえるようにして固定させていました。セルフタイマーってこういうときに使うのか。


バレンタインデー 男 1人 写真 カップル タイ Facebook めっちゃ器用だった……(Facebookより)


 日本でも以前に「デイリーポータル Z」が“一人で彼女と電車旅に行った写真を撮る方法”や“一人で彼女にあーんしてもらっている写真を撮る方法”を紹介していましたが、今回の撮影方法もそれに通ずるものがあります。いずれも真似をする場合は結構な精神力を削られる恐れがあることを肝に免じて、覚悟を持って臨みましょう。

 ちなみに投稿した@Rainyokohama55さんは、Facebookのプロフィール情報によるとバンコクのミュージシャン。アジアの大都市でもバレンタインデー当日の状況は日本と変わらないのかもしれません。



(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう