ニュース
» 2017年02月20日 09時00分 UPDATE

「Googleで働きたい」手紙を送った7歳の少女にCEOからまさかのお返事

がんばって夢を追い続ければ実現できると、暖かな返事がGoogleのサンダー・ピチャイCEOから届きました。

[中川康雄,ねとらぼ]

 イギリスに住んでいる7歳の少女・クロエちゃんがGoogleに「入社したい」と手紙を送ったところ、CEOから直接返事がきたことが話題になっています。父親であるアンディさん(@B21DGY)が、Twitterに返事を投稿しています。

 BBCによると、クロエちゃんは「親愛なるグーグルのボスへ」と、コンピューターやロボットに関心があること、水泳をやっていて将来はオリンピックに出たいと思っていることなどを手紙にしたためたとのこと。それに対してGoogleのサンダー・ピチャイCEOから直接返信の手紙が。お父さんはピチャイCEOへの感謝の言葉とともにTwitterに手紙の画像を投稿しました。

 ピチャイCEOからの手紙には、クロエちゃんがコンピュータやロボットが好きなことをうれしく思っていることや、がんばって夢を追い続ければGoogleで働くことやオリンピック出場などなんでも達成できるという励ましの言葉が書かれています。「あなたが学業を終えたときに応募してくれることを楽しみにしています」とも。

 手紙を投稿したツイートはニュースでも取り上げられて、クロエちゃんはあっという間に「googlegirl」と呼ばれる人気者に。将来、どんな大人になるのか気になりますね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー