ニュース
» 2017年04月07日 13時17分 UPDATE

虚構新聞「日本人の謙虚、海外アピール」記事で謝罪 “謙虚さを積極的に紹介する矛盾”が現実化した形

経産省が発表した「世界が驚くニッポン!」により誤報に。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 現実にはありえないような虚構記事を掲載するサイト「虚構新聞」が、2015年2月17日に公開した記事「日本の『謙虚』、海外アピールに200億計上」について「一部現実化してしまった」と謝罪しました



 記事では、日本独特の価値観を積極的に海外発信するプロジェクトが、政府により発足したと報道。「謙虚」「奥ゆかしさ」などについて解説する各国語版の小冊子を制作し、600万部無料配布するなどの施策が実施されるほか、このために200億円の予算が計上されるとしていました。もちろん、これは全て虚構として書かれたもの。

 しかし、公開から約2年後の2017年3月、経産省が「日本の『感性』や『価値観』を国内外に発信する」目的で「世界が驚くニッポン!」と題したコンセプトブックを発表。「自然との同化感覚が、自然の恵みに感謝し、謙虚であろうとする道徳、倫理観にもつながっている」と謙虚さについて取り上げていました。

 その他にも、同冊子を「電子書籍として無償配付することも検討」とされたり、平成29年度予算で「クールジャパン機構」に210億円の出資等資金供給が計上されたりと、記事内容に類似した政策がいくつも現実化してしまったため、虚構新聞は「おおむね誤報」という判断に至ったそうです。同メディアは「『謙虚』や『奥ゆかしさ』を海外に向けて積極的にアピールするという、初歩的な矛盾」とコメントしており、このような事態が本当に起こるとは予想していなかったもよう。


画像


画像 「日本人独特の自然観」を表す図に「謙虚さ」(「世界が驚くニッポン!」より)


画像 「200億円の予算計上」という虚構に近い金額(「平成29年度 経済産業省関係予算の概要」より)

 2015年10月の「シャープ、゜の売却を検討」以来、1年半ぶりの誤報(関連記事)。虚構新聞は、絶対に嘘しか書かないと信頼している読者に対して「この度の誤報でご迷惑おかけしたことを改めておわびします」と謝罪。再発防止策として「入念な調査に基づくこれまで以上に現実離れした政策を報道するよう社内の周知徹底」が行われるとのこと。また、社主UKは今回の一件により、本社ビル地下3階の地下牢で2日間ゲーム禁止、おやつ抜きの処分となりました。

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー