コラム
» 2017年09月08日 10時00分 UPDATE

「とんでもございません」は間違った日本語か?

結局どっち?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 「さっきのプレゼン、良かったよ」

 普段は厳しい上司からの、突然の褒め言葉。新入社員のあなたは、慌ててこう返します。

 「と、とんでもございません!」

 さて、この「とんでもございません」。書店に並ぶマナー本などには、「間違った敬語」の例として載っているのをよく見かけます。では、一体どこがいけないのでしょうか?

文法が間違っている

 そもそも「とんでもございません」とは、「思いもかけない、意外である、まったくそうではない」等の意味がある「『とんでもない』という形容詞の丁寧語」です。

 丁寧語とは、敬語の中でも、物事を丁寧に言うためのものです。例えば今も使っている「です」や「ます」などが当てはまります。ここでは、「ない」を丁寧に言い換えて「ございません」としている、ということです。

 しかし、「とんでもない」は一語の形容詞であり、「とんでも」と「ない」に分解することはできません。これは、「みっともない」などと同じ形だと考えると納得できることでしょう。

 つまり、「とんでもない」を丁寧に言っても「とんでもございません」には、文法上なり得ないということです。そのため、ちまたでは「間違った敬語」だとされているのです。

とはいえ広まっている

 では「とんでもございません」を使ってはいけないか、といえばそんなことはありません。

 なぜかといえばズバリ、実際にひろく使われてしまっているから、です。

 文部科学省の下部組織「文化審議会」が平成19年(2007年)に発表した「敬語の指針」でも、「現在では,こうした状況で使うことは問題がないと考えられる」と書かれているように、「とんでもございません」は国のお墨付きなのです。


「敬語の指針」より

 しかし、だからと言って「とんでもございません」を使うと、日本語の使い方に厳しい人たちから「間違った文法だ!」と指摘されてしまう可能性もあります。こうした事態を避けたいのであれば、「とんでもないです」などの表現を使うようにした方が無難でしょう。


制作協力

QuizKnock


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう