ニュース
» 2018年07月30日 08時00分 公開

「書いたけど忘れた」を防止するアラーム機能付き 電子メモツールをキングジムがクラウドファンディング

メモしたのに忘れたがなくなるかも。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 キングジムは手書きでメモが取れる「カクミル」のクラウドファインディングを開始しました。デスクの上に置いて必要なときにすぐにメモが取れるデジタルツールで、専用のペンを使って画面に直接手書きで文字を書けます。

カクミル その場でさっとメモが取れます

 印刷に使われている顔料インクと同じ材質を使用しているため、紙に印刷されたようにくっきりと表示されます。高コントラスト、広視野角、電源オフでも常時表示可能な点が特長としています。

 メモ機能だけでなく「ToDoリスト」「カレンダー」「時計」「電卓」の機能も備えています。書いたメモにはアラームを設定でき、設定した日時になるとアラーム音と画面表示でお知らせしてくれます。うっかり忘れを防止できそうです。

カクミル 必要な機能を1台でまとめて管理

 クラウドファンディングの目標金額は1000万円。開始から48時間で50%を達成しています。製品の市場受容性の確認を目的としているため、目標金額に達したときのみ製品化を行う「All or Nothing」という形式でプロジェクトが実施されています。

 担当者は社内でカクミルの企画を提案したものの、受け入れられず、反対されてしまったそうです。しかし、諦めきれずに説得を続けた結果、クラウドファンディングにチャレンジする機会を得たとのこと。製品化が実現するのかどうか、プロジェクトの今後に注目です。

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう