「待った!」「異議あり!」と叫べば、法廷バトルの主役になれる――DS「逆転裁判 蘇る逆転」(2/3 ページ)

» 2005年09月14日 14時03分 公開
[桜山憂太,ITmedia]

新キャラが続々出現する新シナリオ「第5話」――御剣の過去も明らかになる!?

 本作最大の焦点である追加された新シナリオ「第5話」。この第5話は第1作「逆転裁判」と第2作「逆転裁判2」の間を埋める事になるシナリオだ。「逆転裁判」の第4話では、御剣が殺人事件の容疑者となり、成歩堂の弁護を受ける事になる。その事件後御剣は姿を消してしまう。その時に残していた「検事・御剣 怜侍は死を選ぶ」という謎の言葉とともに。

 そして「逆転裁判2」は、その数カ月後からストーリーが展開されるわけだが、その空白を埋めるシナリオは今まで無かったのだ。その空白を埋めることになるがこの「第5話」。この第5話には先に紹介した「宝月 茜」の他にも茜の実の姉である「宝月 巴」(ほうづき ともえ)が登場する。この宝月 巴が殺人事件の容疑者となり、自らそれを認めているところから「第5話」が始まるのだ。相変わらず崖っぷちの状態から弁護が始まるわけだが、その状況をどう逆転するのかが見せ所でもある。

茜の実の姉でもある「宝月 巴」。御剣の上司でもある主席検事が、殺人事件の容疑者として立件されている。成歩堂の師匠でもある「綾里 千尋」に容姿が似ているが、学生時代に千尋の先輩だったらしい。不自然に隠された右手はいったいなぜなのか? 目に飛び込んでくる首に巻かれた赤いマフラーは? 見れば見るほど謎が多そうだが、その真実は「第5話」で明かされるのだろうか?
逆転裁判2で語られた「検事・御剣 怜侍は死を選ぶ」という謎のメッセージ。御剣の失踪の理由とは? メッセージの意味とは? そして、御剣の真意とは何だったのか? それらが第5話では全て明かされるのかもしれない(※画面写真は、GBA版「逆転裁判 2」のものです)

 第5話を始めるには、第1話から順番にクリアして、第5話を出現させる方法ともう1つがある。それがGBA版ソフト「逆転裁判」を使うというもの。GBA版のソフトをDSに入れ、DS側のスロットに本作を入れて電源を入れるだけ。これだけで最初から第5話を遊ぶ事ができる。

 すぐにでも第5話を遊びたい人には朗報だろうが、ここはあえて第1話から遊んで欲しいと声を大にして言いたい。成歩堂の最初の弁護から始まり「真宵」や「御剣」の登場が語られ、第4話ではその御剣を弁護する。これらのシナリオをクリアすることで、より思い入れが強くなり、第5話への感情移入がしやすくなるのだ。ぜひ、このプレイスタイルで楽しんでもらいたいと思う。

検事局にある御剣の検事室。綺麗にしているが、いろいろと調べ甲斐のありそうな場所が…。また、このセリフを見てもわかるように、法廷パートでは御剣が成歩堂に真っ向から勝負を仕掛けてくる。

 今回の事件を取り巻くのは、「宝月 茜」「宝月 巴」「御剣 怜侍」だけではない。これ以外の登場人物も複雑に絡み事件は難解の一途を辿っていく。その中でも一際異彩を放つのが「罪門 恭介」。警官の制服の上にポンチョを羽織り、カウボーイハットをかぶる様は明らかに西部劇の保安官。その言動の多くも西部劇を意識したもので、要所要所に出現してくる。敵か味方か、それはシナリオを進めるうちにいろいろわかってくることだろう。また、これ以外にも新登場のキャラクターは出てくるので、楽しみにしておくといい。

この出で立ちで警官。そして、事件にも登場人物たちにも関わってくることになる

第5話だけの新システム「カガク捜査」で、一流の鑑識課員を目指せ!?

 第5話では、このシナリオだけの特殊な新システムが登場する。それが「カガク捜査」と呼ばれるもので、これを駆使していかないと、弁護がうまくいかないのだ。

 まず、「3D証拠品」。これは、証拠品に登録されているものを、多角的に調べるというもの。一見として普通に見えるものでも、裏や横から見れば、何かがあるかも……と言う事で、いろいろ調べると何かがわかったりするのだ。捜査に行き詰まった時には、とにかく証拠品を調べまくってみるのがいいだろう。案外見ていたつもりのものを改めて見ると、新しい発見があったりするもの。

 次が「ルミノール反応」。これは、血液の鉄分に反応して、青白く光るというもの。何も無いような場所に吹き掛けてみると反応が出るなんてことがあり、重要な証拠になるのだ。証言との矛盾を考えて、吹き掛けてみると意外な場所から反応があったりするかもしれない。

 そしてさらに「指紋検出」がある。これはアルミ粉をつけて、マイクに向かって息を吹きかけると、指紋が浮き上がるというものだ。さらに浮き出た指紋を「指紋照合」に掛ける事で、誰の指紋かをはっきりさせる事ができる。これで、新たな人間の状況が判明する事もある。これらの「カガク捜査」を駆使して、新たな証拠を見つけていくといい。詰まった時には「いろいろ試す」事を忘れずに。

怪しいと思う場所に吹き掛けてルミノール反応があると、このように青白く光って、血痕のあった場所がハッキリとわかる。見つけた血痕の場所はマップに表示されるので、矛盾を見つけた時の証拠として突きつけるのだ
アルミ粉を巻いたあとは、マイクに息を吹き掛けて、余分な粉を飛ばしてしまおう。指紋が浮き上がったら、指紋照合を行うが、写真のように失敗することもある。本物の鑑識課員のように根気よく調べていってみるのが一番の近道だ

新たなシナリオ「第5話」を楽しむだけでも充分なこの1本!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」