レビュー
» 2005年10月24日 16時39分 公開

大都会という迷宮を駆け抜ける、ポップでホットな爆走野郎たちの大冒険「クリティカル ベロシティ」レビュー(1/4 ページ)

80キロ以下じゃ、タル過ぎて走れない。アクセルをちょっと踏めば、あっという間に150キロの世界。街中をハイスピードでかっ飛ばすことに特化した、まさに「暴走を楽しむ」ゲーム。ただし、主人公は正義の味方。暴走は、あくまで善良なる市民を守るためなのだ。

[水野隆志,ITmedia]

車と、美女と、正義を愛するナイスガイ

 ドライビングゲームは、古い歴史と伝統を持つジャンルだ。まだゲームセンターにビデオゲームがなかった時代でも、車を運転するゲームは置かれていた。何と言っても、分かりやすい。車のグラフィックがあって、ハンドルがあれば、何をすればいいのか分からない人などいないだろう。

 ただ、分かりやすいため、ゲーム内容が決まってしまう、という弱点もある。実際、ゴールまでなるべく速く走ること以外の目的を持つドライビングゲームは、ほとんど作られてこなかった。

 この点に一石を投じたのが「グランド・セフト・オート」(以下、GTA)シリーズだ。最近では、過激な暴力性ばかりが取り沙汰されているが、このゲーム、もともとは車泥棒が警察と激しいカーチェイスを繰り広げるゲームだった。

 それだけに車に対するこだわりも強く、シリーズのどの作品を取っても多彩な性能を持つ車が多数登場してくる。それらをいかに使いこなすか。車をプレーヤーが行うミッションの道具と位置づけることにより、車が主体のゲームでありながら、単に速さだけを競うのにとどまらない、豊かなゲーム性を生み出していたのだ。とは言え、犯罪者が主人公のゲームだけに、ソフトの内容すべてを容認することは難しいかもしれないが……そこに込められた革新性を忘れてはならないと思う。

 今回紹介する「クリティカル ベロシティ」は、GTAが打ち出した、車を道具としてさまざまなミッションに挑む、という面白さを継承し、そこに“爆走”というキーワードを盛り込んだ作品だ。こう聞くと、ひょっとしたらものすごくヤバイんじゃないの? と思うかもしれないが、そこは心配御無用。

 主人公は犯罪者どころか正義の味方だし、過激な暴力描写もない。暴走も、あくまで困っている善良な市民を助けるために、やむなくやっているのである。いや、実際には大いに趣味と実益を兼ねている気もするが、少なくとも、他人を害しようと思ってはいない。カッコつけて言えば、“悪を討つためにあえて悪を行う”義賊タイプのキャラクターだ。車を愛し、美女を愛し、正義を愛する。見た目はちょっと軽そうだが、実は頼りになるナイスガイ。それが主人公「ソール」と、その相棒「ゴードン」なのである。

photo 主人公ソール。友情に厚く、困っている人を放ってはおけないという正義感だ。車を駆ってさまざまな依頼をこなす、「ストーマー」と呼ばれる職業を生業としている
photo 依頼の前後に挿入されるイベントムービー。その合計はなんと80分を超える。短めの映画並のボリュームだ
photo 舞台となる「プリヨシティ」。市街地を中心に、海岸リゾート、砂漠、山岳などに囲まれている。都市域は、周囲8キロ強。そのすべてがCGで緻密に再現されている。

追跡、逃走、破壊など、多種多様なミッションに挑め

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい