レビュー
» 2005年12月20日 17時35分 公開

マルチな展開ですが、せっかくなのでXbox 360版でプレイしてみた「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」レビュー(1/3 ページ)

いよいよ日本でも発売となったXbox360。同発タイトルとしては、レースゲームとFPSが目立っている。その中から、ちょっとユニークな走りを体験でき、Xbox 360、PS2、GC、PCでのマルチプラットフォームで展開する「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」のレビューをお届けしよう。ほかのレースゲームと違う点はどこだろうか?

[篠崎薫,ITmedia]

海外メーカーのレースゲームは日本で受けるのか?

 国内のゲームに対して、海外メーカーが作ったゲームを俗に“洋ゲー”や“海ゲー”と表記することがある。国産ゲームとの大きな違いといえば、その難易度の高さにあると言えるだろう。とある海外のゲームメーカーに聞いたことがあるのだが、海の向こうの人々はゲームが簡単すぎるとすぐにクリアできてしまうため、それを不良品としてクレームをつけるのだそうだ。聞いた話なので、本当か嘘かは残念ながら断言できない。しかし、そうであるからこそゲームの難易度が高く、レースゲームであれば何度もプレイしないと使えない車や走れないコースが登場する、というのであれば、それはうなずける話だ。

 そのような観点から、これまで洋ゲーは難しいものと相場が決まっていたこともあり、日本人としては手が出しにくい状況にあったといえる。そんな状況を変えたのが、エレクトロニック・アーツから発売されたバーンアウトではないだろうか。色づかいなどは洋ゲー特有のものがあるものの、それほど高くない難易度に、車を破壊するという明快な目的を持たせ、これまでの難しいというイメージを一新したと考えている。

 今回レビューした「ニード・フォー・スピード モスト・ウォンテッド」も、そういったわかりやすい流れを汲み取った、海外発日本人向けのレースゲームではないだろうかと感じ取れた。一部、洋ゲーテイストが残っているものの、Xbox360同発タイトルとしては非常に遊びやすい作りになっている。早速その詳細を見てみよう。

市街地が、そのままレースサーキットに早変わり

 本作は、よくありがちな“設定されたコース上を走り、そのスピードを競う”というゲームとしては作られていない。なぜなら、舞台となるのは市街地全体なのだ。その街で、プレーヤーは15人いるモスト・ウォンテッド(最重要指名手配者)のトップに躍り出るため、違反行為の限りを車vs車のバトルで行っていくことになる。あくまでも一般市民の運転する車や建物、道路標識に警察車両などを破壊するだけだが……。

道路沿いにある標識なども破壊可能。壊せばポイントがゲットできる

 ゲームは、車を購入するところから始まる。最初のお金で愛車を買ったら、まずは思う存分市街地を走り回ろう。モスト・ウォンテッドの上位に食い込むためには、先に居座っている最重要指名手配者とレースで勝負し、勝たなければならない。だが勝負するためには、3つの条件を指定された回数またはポイント以上、満たす必要があるのだ。

 1つは、ライバルたちとレースを行い、勝利を収める(バトルイベント)。2つ目は、提示された条件で警察車両とのイベントをクリアする(マイルストンイベント)。3つ目が、警察に追われながら数多くの違反を実行するか器物破損などを行い、ポイントを稼ぐ(バウンティイベント)となっている。

 バトルは、市街地の所々に配置されている特定サークルに重なって方向キーの上を押すと始まり、それ以外の2つは違反走行を警察に見つかるとスタートとなる。もちろん、3つとも通常のメニュー画面から選択し、イベントを開始することも可能だ。この辺りの柔軟さは国産ゲームにないだけに、斬新に感じるだろう。

長い付き合いになるかもしれない愛車なので、じっくりチョイス
このサークル内で上を押すと、バトルイベントが始まる。いよいよ戦いの幕開けだ

 市街地にはバトルイベントが発生するサークルだけでなく、自車をチューンできるものや新車が買えるものなど、様々なタイプのものが配置されている。プレーヤーは、市街地を走り回りながら道の構成を覚え、好きなときにバトルイベントへ突入することができてしまうのだ。

 ただし、信号無視や逆走などの違反現場が警察車両に見つかると、問答無用で追われる身となる。すると今度は、マイスルトンイベントとバウンティイベントが強制的に起きるのだ。この中で一番わかりやすいのが、ライバルたちとの順位を指定されたラップ数で競う、バトルイベントではないだろうか。

 このイベントでは、市街地に設けられた特定のルートを、何周かして1位をゲットすれば勝利となる。1ラップごとに最後尾の車がリタイアするものや、制限時間内に次のチェックポイントまでたどり着くなど、パターンもいろいろ用意されているのだ。ライバルカーも事故ってくれたりするので、ミスをしても挽回できれば1位はゲット可能。というか、1位以外では先に進めないので、必然的にトップをとる必要があるわけだが……。少なくとも、よほどの事がない限り後述する自車のカスタマイズをそれなりに行っていれば、多くても数度のプレイで1位は獲得できる。そんなに構えなくても大丈夫だろう。コースも、市街地を利用しているため、随所にショートカット可能な場所が用意されている。スピードを競うレースでも、単純に走るだけではないところが面白いといえるのだ。

 ただ、ショートカットの入り口に標識となる緑のランプがあるものの、それほど分かりやすいとは思えなかった。しかも、意識し出すと、単なる壁の緑色までショートカットの入り口に見えるから困ったもの。やはり、ライバルカーの動向をある程度チェックしておき、その後をついていくという形でショートカットを覚えるのがいいと感じた。

こちらは、新車を買えるサークル。十分な予算が貯まったら、車を見に行きたい
日本で言うところの、道路交通法違反の現場を警察車両に見つかると、有無を言わさず追われる身になる
バトルイベントでの勝利条件は簡単。コンピュータの操るライバルカーを抑えて1位をゲットしたり、規定時間内に走りきるなどだ
ショートカットは、分かりやすいものと分かりづらいルートがある。いずれにせよ、上手に使えばタイム短縮に役立つ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」