連載
» 2006年02月23日 16時33分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:ヒルズに濃い地底ディグダグ (4/4)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

「ゲームセンターあらし」には出てこないけれど……

 というわけで、ネタ優先で記事を構成してみたが、そのためディグダグについて肝心なことをいくつか書きもらしてしまった。最後にここでまとめて書くことにしよう。

ディグダグのモリは、薄い壁なら突き抜ける。

画像 壁の向こうの敵を膨らませる技が「陰険打ち」。ただしファイガーの火も、薄い壁を突き抜けるので注意

敵を途中まで膨らませれば、通り抜けることができる。

画像 膨らませて通り抜けて上から岩を落とすとか、挟み撃ちに遭った際に膨らませて通るとか、いろいろ使える

BGMはディグダグが移動している間だけ流れ、止まるとBGMも止まる。

敵は残り1匹になると地上へ逃げる。

画像 追いついて少しでも得点を稼ぎたいが、追いつけない場合は、近くの地面を掘って数十点でも稼ごう

「ゲームセンターあらし」に出てこない。

 伝説のゲームマンガ「ゲームセンターあらし」には、同じナムコのギャラクシアン、パックマン、ラリーX、ワープ&ワープが出てくるのに、ディグダグは1回も出てこない。

 ディグダグが発売されたのは1982年で、当時の「あらし」は壮大なSFストーリーを中心としていた“後期あらし”の時代。実在のゲームはほとんど登場しなかった。

 もっとも、あらしのライバルのひとり“ゲーム歯医者”が開発したという設定で、エイリアンが迷路の壁を食い破って進む「平安京エイリアン」が登場している。ディグダグの発売より前の話だが、敵のほうが地面を掘って道を作る、ディグダグの逆バージョンといえるかもしれない。

「ミスタードリラーグレート」に登場する。

 「ミスタードリラーグレート」において、ディグダグの主人公“ディグダグ”が、「ミスタードリラー」シリーズの主人公、ホリ ススムの父親として登場する。

 さらにここで、ディグダグの本名が「ホリ タイゾウ」だったことが判明する。

 現代のゲームにこういう形で登場するということは、ディグダグというゲームが今でもその存在感を失っていないことの証明にほかならない。

 ディグダグは、PS2「ナムコミュージアム アーケードHITS!」に収録されるなど、新しい機種で楽しむことが可能だ。

 さらに、近年になって新作も登場している。

 ディグダグの続編といえば長年、「ディグダグII」(島に杭を打ち込んで、陸地もろとも敵を落とす)しかなかったが、昨年ニンテンドーDSで「ディグダグ ディギング ストライク」が発売された。「ミスタードリラー」シリーズの外伝的作品で、ディグダグことホリ・タイゾウが、主人公に返り咲いている。

(C)1982 NAMCO LTD.,ALL RIGHTS RESERVED

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

ゲイムマンがblogを開設!

ゲイムマンのblog「砧公園秘密基地」へ遊びに来てみませんか? コメント・トラックバックをよろしくお願いします!

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた