ようこそ“アトルガン”観光スポット駆け足ツアー「ファイナルファンタジーXI アトルガンの秘宝」発売直前プレイリポート(2/2 ページ)

» 2006年04月19日 13時28分 公開
[麻生ちはや,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ハルブーン

 ゼオルム火山の麓にある、トロールの傭兵団が築いた軍都「ハルブーン」。青魔道士の青魔法「火炎の息」や「針千本」、コルセアの「ファントムロール」をモンスター相手に試してみた。


アラバゴ暗礁域(Arrapago Reef)

 メロウやラミアが出没する「アラバゴ暗礁域」には、死者の軍団(Undead Swarm)と呼ばれるアンデッドモンスターが出現。その先には一見かわいい顔をしているが、数が多い上にリンクする(しない種もいる)鳥型の「Arrapago Apkallu」などが生息している。メロウの頭に緑色の物が見えるのは、青魔法「種まき」だ。この青魔法を使うとモンスターの頭上に双葉が生える……。


エジワ蘿洞(Aydeewa Subterrane)

 「エジワ蘿洞」はワジャーム樹林の地下に広がる洞窟で、苔や青白い光を放つキノコ類に覆われた場所だ。古代オルドゥーム文明の町があった場所とされている。ここで盗掘をしている「キキルン」がモンスターとして出現するエリアだ。


マムーク

 新モンスター「Mamool Ja Zenist」などが出現するマップ。新獣人マムージャの都。コカトリスに似た「ジズ」やオウムのような「コリブリ」などの新モンスターがいた。


ナシュモ(Nashmau)

 アズーフ島唯一の街ナシュモは、人間の代わりに獣人「キキルン」が住む。キキルンは基本的に善良な獣人だが、エジワ蘿洞に出現するキキルンも全く同じ種族で、時には盗掘といった悪事も働くようだ。話しかけてみると「ふぉっ! ようへいいっぱい?」「あんまいの、オマエくれたら、おしえてやげる」などと、たどたどしくではあるが喋ってくれる。

NPC奪回もあるビシージ

 今回の体験プレイはわずか3人ということもあり、獣人が街を襲う「ビシージ」を試すことはできなかった。すでにお伝えしているように、ビシージは「魔笛」を巡って獣人軍と傭兵たるプレーヤー達が攻防を繰り広げるシステムで、魔笛を守りきれず奪われた場合、敵の本拠地まで取り返しにいかなければならない。しかし奪われるのは魔笛だけではなく、時に獣人達は街のNPCを誘拐することもあると言う。商店のNPCが誘拐されればアイテムの購入ができなくなるので、当然救出に向かわねばならない。ビシージは獣人軍が攻めてきた時点で自動的に傭兵扱いとなるプレーヤー参加型のイベント。こちらから出かけて単にフィールド上のモンスターを倒すのとは違う、RvR(種族間大規模戦闘)にも似た感覚が楽しめるのではと期待している。

 いささか慌しくはあったが、各新ジョブの使い勝手や新マップの美しさを堪能するには十分な内容のアトルガンツアー。実感としてはモンスターのAIは従来と比較して多少改良されたようだ。特にエジワ蘿洞に出現するキキルンなどは、戦闘中でも誘うように奥へ奥へ走り出す。追えばその先でリンクモンスターを呼ぶため、プレーヤーにはパーティーメンバー同士の強い連携や、思考する戦い方が要求されそうだ。

 何はともあれ発売まではあとわずか、まだ見ぬアトルガンへの期待と想像を今しばらく楽しみながら4月20日を待っていてほしい。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」