ニュース
» 2006年05月12日 00時36分 公開

Wiiのマリオは銀河を駆け巡る――「SUPER MARIO GALAXY」E3 2006「Wii27番勝負」(その3)

先日のメディアブリーフィングで発表された数々のWii新規タイトルの中に颯爽と登場した「SUPER MARIO GALAXY」(仮称)は、文字通り「SUPER MARIO」シリーズの最新作だ。Wiiという新世代のハードを得たマリオが、いかなる変化を遂げたのか、この目とこの手で確かめてきた。

[仗 桐安,ITmedia]

マリオ人気は健在! なかなかプレイに漕ぎ着けない……

 任天堂ブースはとにかく人、人、人の山。その模様についてはこちらをご覧いただくとして、それにしても人が多すぎる。1時間40分ほどの苦難の時間を乗り越え、ようやく手にしたWiiリモコンとヌンチャクは、質のよい光沢でテカテカと筆者を迎えてくれた。そして画面を見やれば、お馴染みのあのラテン系ヒゲ男、マリオの勇姿と「ヒャッホー」という能天気な声が……。その瞬間、待ちの苦痛は報われ、筆者はマリオとともに宇宙の旅に出かけたのだった。

約1時間待ち、と書かれた看板。ずいぶんと並んで待った挙げ句、この看板を見て思わずうなだれてしまった。しかし、この先にはマリオやゼルダが待っている! 引き返すわけにはいかなかった
もっとも試遊台が多かったのが「The Legend of ZELDA Twilight Princess」。その次に多くの試遊台を配した本作であったが、それでも長蛇の列は絶えることがなかった

今までの3Dマリオを踏襲しているが、もちろん新要素あり

 Wiiリモコンを握りしめ、いざプレイ! 今回の試遊台で遊べる「SUPER MARIO GALAXY」(仮称)は10分限定版だ。10分間、目いっぱい楽しもうと気持ち前のめりでプレイしてみた。

最初は、いかにもマリオの世界らしい緑あふれるステージから始まる

 ニンテンドーゲームキューブの「スーパーマリオサンシャイン」は、南国をモチーフに照りつく太陽の下で活躍するマリオを描いていたわけだが、今度の舞台はズバリ「宇宙」。だが、最初からギャラクシーな内容かと思っていたら肩透かしをくらった。スタート時は何とものどかな緑に囲まれた牧歌的な風景から始まるのだ。マリオシリーズでお馴染みな雰囲気、とでも言えばいいだろうか。ともすれば「スーパーマリオ64」の最初のステージのような、よくも悪くも「いつもの風景」に囲まれ、「いつものキノピオ」がマリオにメッセージを投げかける。


惑星間の移動でWiiリモコンの新機能が活躍した

 最初は操作方法の確認だ。基本はヌンチャク側のスティックでマリオが移動、Wiiリモコン側のAボタンでジャンプ。たいていのことはこれだけで切り抜けられる。しかし、そんな単純な操作だけで終わる新世代のマリオではない。ちゃんとWiiの機能を活かした操作が盛り込まれている。

 まずWiiリモコンを手元でくるるっと回すとマリオがスピンアタックをする。また、要所要所でWiiリモコンで画面上のターゲットをとらえてBボタンを押すことでマリオが特殊な移動をする局面もあった。


小惑星を自由に駆け回ることができた。ただ走っているだけでも楽しい、というのはさすがの任天堂クオリティだ

 プレイをしていくと、緑多きステージから地続きで惑星に囲まれた宇宙のステージに向かうことになる。心地よい銀河の中をふわふわと浮遊している感覚がうまく表現されていた。小さな惑星をぐるりと回ったり、かなり斜めに傾斜した地面を微妙なスティックさばきで移動したりするさまは、今までの3Dマリオのなめらかな動きを正統進化させたような操作感覚だ。カメラワークも秀逸で、普通にプレイしていてぐるぐると好き勝手に動いてもカメラ位置で困るということがなかった。


こちらがそのボスキャラであろう巨大ロボット。攻略法に気付くまでは、ただひたすらに逃げていた

 宮本氏の手が入っているという刻印を感じつつプレイをしていると、マリオの前にどうやらボスキャラが現れたようだ。大きな体でマリオを狙うロボットが突如襲来! 最初はどうすれば倒せるのか分からなかったが、ロボットが攻撃を仕掛けてきたときに、その腕からのぼれることに気付いたら、割とあっさりとクリア。そこでプレイは終了した。


 斬新な要素はあったものの、あくまでも今までの3Dマリオの延長線上にある、という印象だった「SUPER MARIO GALAXY」(仮称)。「スーパーマリオ」シリーズの最新作といえば、ぜひともWiiロンチタイトルとして出てほしい、というファンの熱い期待もあるだろうが、現時点ではロンチタイトルとしての予定はあがってきていない。宮本氏が、本体発売から半年以内には出るでしょう、と発言をしているので、期待して待つことにしよう。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」