ニュース
» 2006年05月12日 00時36分 公開

E3 2006「Wii27番勝負」(その3):Wiiのマリオは銀河を駆け巡る――「SUPER MARIO GALAXY」

先日のメディアブリーフィングで発表された数々のWii新規タイトルの中に颯爽と登場した「SUPER MARIO GALAXY」(仮称)は、文字通り「SUPER MARIO」シリーズの最新作だ。Wiiという新世代のハードを得たマリオが、いかなる変化を遂げたのか、この目とこの手で確かめてきた。

[仗 桐安,ITmedia]

マリオ人気は健在! なかなかプレイに漕ぎ着けない……

 任天堂ブースはとにかく人、人、人の山。その模様についてはこちらをご覧いただくとして、それにしても人が多すぎる。1時間40分ほどの苦難の時間を乗り越え、ようやく手にしたWiiリモコンとヌンチャクは、質のよい光沢でテカテカと筆者を迎えてくれた。そして画面を見やれば、お馴染みのあのラテン系ヒゲ男、マリオの勇姿と「ヒャッホー」という能天気な声が……。その瞬間、待ちの苦痛は報われ、筆者はマリオとともに宇宙の旅に出かけたのだった。

約1時間待ち、と書かれた看板。ずいぶんと並んで待った挙げ句、この看板を見て思わずうなだれてしまった。しかし、この先にはマリオやゼルダが待っている! 引き返すわけにはいかなかった
もっとも試遊台が多かったのが「The Legend of ZELDA Twilight Princess」。その次に多くの試遊台を配した本作であったが、それでも長蛇の列は絶えることがなかった

今までの3Dマリオを踏襲しているが、もちろん新要素あり

 Wiiリモコンを握りしめ、いざプレイ! 今回の試遊台で遊べる「SUPER MARIO GALAXY」(仮称)は10分限定版だ。10分間、目いっぱい楽しもうと気持ち前のめりでプレイしてみた。

最初は、いかにもマリオの世界らしい緑あふれるステージから始まる

 ニンテンドーゲームキューブの「スーパーマリオサンシャイン」は、南国をモチーフに照りつく太陽の下で活躍するマリオを描いていたわけだが、今度の舞台はズバリ「宇宙」。だが、最初からギャラクシーな内容かと思っていたら肩透かしをくらった。スタート時は何とものどかな緑に囲まれた牧歌的な風景から始まるのだ。マリオシリーズでお馴染みな雰囲気、とでも言えばいいだろうか。ともすれば「スーパーマリオ64」の最初のステージのような、よくも悪くも「いつもの風景」に囲まれ、「いつものキノピオ」がマリオにメッセージを投げかける。


惑星間の移動でWiiリモコンの新機能が活躍した

 最初は操作方法の確認だ。基本はヌンチャク側のスティックでマリオが移動、Wiiリモコン側のAボタンでジャンプ。たいていのことはこれだけで切り抜けられる。しかし、そんな単純な操作だけで終わる新世代のマリオではない。ちゃんとWiiの機能を活かした操作が盛り込まれている。

 まずWiiリモコンを手元でくるるっと回すとマリオがスピンアタックをする。また、要所要所でWiiリモコンで画面上のターゲットをとらえてBボタンを押すことでマリオが特殊な移動をする局面もあった。


小惑星を自由に駆け回ることができた。ただ走っているだけでも楽しい、というのはさすがの任天堂クオリティだ

 プレイをしていくと、緑多きステージから地続きで惑星に囲まれた宇宙のステージに向かうことになる。心地よい銀河の中をふわふわと浮遊している感覚がうまく表現されていた。小さな惑星をぐるりと回ったり、かなり斜めに傾斜した地面を微妙なスティックさばきで移動したりするさまは、今までの3Dマリオのなめらかな動きを正統進化させたような操作感覚だ。カメラワークも秀逸で、普通にプレイしていてぐるぐると好き勝手に動いてもカメラ位置で困るということがなかった。


こちらがそのボスキャラであろう巨大ロボット。攻略法に気付くまでは、ただひたすらに逃げていた

 宮本氏の手が入っているという刻印を感じつつプレイをしていると、マリオの前にどうやらボスキャラが現れたようだ。大きな体でマリオを狙うロボットが突如襲来! 最初はどうすれば倒せるのか分からなかったが、ロボットが攻撃を仕掛けてきたときに、その腕からのぼれることに気付いたら、割とあっさりとクリア。そこでプレイは終了した。


 斬新な要素はあったものの、あくまでも今までの3Dマリオの延長線上にある、という印象だった「SUPER MARIO GALAXY」(仮称)。「スーパーマリオ」シリーズの最新作といえば、ぜひともWiiロンチタイトルとして出てほしい、というファンの熱い期待もあるだろうが、現時点ではロンチタイトルとしての予定はあがってきていない。宮本氏が、本体発売から半年以内には出るでしょう、と発言をしているので、期待して待つことにしよう。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  4. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた
  10. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた