レビュー
» 2006年09月08日 00時00分 公開

あなたは今の仕事で満足してる?――転職しまくり「FFIII」で職人を目指す「ファイナルファンタジーIII」レビュー(2/4 ページ)

[仗桐安,ITmedia]
本作をプレイしている友達に手紙を書いてみよう。友達や各キャラクターと手紙の交換をしていると、何かいいことがあるかもしれないよ……とだけ言っておこう

 なお、ニンテンドーDSならではの追加要素として挙げられるのが“モグネット”だ。街や村でモーグリに話しかけることで、他のプレーヤーやゲーム中のサブキャラクターと手紙のやりとりができるというもの。これはニンテンドーWi-Fiコネクションにも対応しており、遠くにいる友達や登場人物に手紙を送ったり、手紙をもらったりすることも可能だ。手紙で攻略情報をやりとりする、などという使い方も面白いかもしれない。

 ただ、あくまでもモグネットはオマケ的な要素。FC版ではおなじみの“あるジョブ”を手に入れるための絶対条件ではあるが、これがなくともゲームの流れに影響を与えることはない。だが、せっかくWi-Fiに対応しているのだから、ガツガツ冒険するだけでなく、友人や登場キャラに手紙を出してみてはいかがだろうか?


敵をタッチして攻撃対象を選ぶこともできる。十字ボタンとタッチペン、どっちでプレイするかはプレーヤーの自由だ

 ニンテンドーDS独自の要素といえば、もうひとつ。タッチペンによる操作でもほぼすべてのコマンドやアクションが可能なように作られているのは、細かくてうれしい配慮だといえる。ペンを置いたところにキャラが走っていくし、画面の端をつつけばメニューが出たりするのだ。筆者の場合は、普通に十字ボタンとAボタンたちを駆使した操作を選択したが、何の先入観もなければ、もしかしたらタッチペンでの操作のほうが軽快だったりするかもしれない。実際にやってみて、プレイしやすいほうでやってみてほしい。

突然ですが、ここで極めて私的なプレイリポートに突入いたします

冒険へ!

 ここからは、筆者の私的なプレイリポートの体裁で進めていくことにする。かつてFC版「FF III」にハマったが、細部はけっこう忘れている筆者は、半分経験者で半分初心者と言っていい。そんな筆者がさまざまなジョブに浮気をしつつ、ストーリー後半で到達した過酷な職人の道をお伝えしよう。

 まずは電源を入れて(当たり前だ)プレイ開始。オープニングムービーを観て(おそらくクチがぽかんと開いていた)テンションを高めて、いよいよゲームスタートだ。

 最初に驚かされるのはプレーヤーキャラがひとりしかいない、ということ。しかも、“たまねぎ剣士”ではなくて、“すっぴん”という状態だ。「あれ、最初って洞窟の中でいきなり4人でゴブリンと戦ったりしなかったっけ」と思いつつ、ルーネス(さんざん悩んだ挙げ句、メーカーが提示した名前というものに乗ってみることにしたので、名前はそのまま)を動かす。やはり最初はゴブリンか! と懐かしくなるも、ひとりは寂しいものだ。

 ろくすっぽ説明書も見ずに始めた筆者は、Bボタンでダッシュできるのか、Xボタンでメニューが開くのか、といちいち確認しながらのプレイ。仲間はどこにおるんじゃい、と困惑しつつ、ロングソードが手に入ったので二刀流にしてみる。うむ。なかなかいい感じだ。洞窟のボスを難なく倒し、無事に洞窟から脱出。

 ウルの街で2人目のキャラ、アルクゥに出会う。強くなりたがっている大人しい男の子だ。その後飛空艇で気の強い女の子レフィアに、サスーン城でクールな金髪くんイングズに出会い、仲間4人が揃う。まずまず順調な出だしだ。

 と思ったのも束の間、サスーン城左の塔でけっこうな死に目に遭う。とりあえずフィールドでセーブしておいてよかったぁ。そう。本作ではどこでもセーブできるわけではない。街の中やダンジョンでのセーブはできないうえに、レベルが低いうちはあっというまに全滅することもあるので、こまめにセーブしよう。

 さてさて。セーブしてたところから再開。とりあえずレベルを上げなくてはいかんな、ということでしゃかしゃかとザコを倒すことにした。古き良きFFの連続攻撃演出、シャカシャカシャカと敵を打って「3Hit!!」とか表示される、あの感じは健在。うーむ。戦闘画面は3D化によって特に印象が変わってしまったが、こういうところはちゃんと残してるのね、とうれしくなってしまう。

 何とか左の塔でも安全に戦えるようになり、そのまま目的地の洞窟へ。途中でサラが合流! 本作では基本的に4人の主人公たちが戦線離脱をすることはなく、時折サブキャラがパーティーに参加して行動をともにすることがある。サブキャラは気まぐれに戦闘に参加し、けっこう助かる行動をしてくれたりするのだが、惜しいなと思ったのは、その行動の演出が若干もっさりしていること。プレイ全体においても、ほんの数秒のロードがもっさり感を醸し出す局面もあって、それがとにかく残念ではある。据え置きハードのロードに比べればメチャクチャ速いことは確かではあるのだが。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  2. /nl/articles/2206/29/news152.jpg 整形男子アレン、“歯抜け”も生じた深刻トラブルを解決 高額で入れ替えた歯の再施術も「一生ものではない」
  3. /nl/articles/2206/29/news003.jpg ゴールデンレトリバー「他のおやつがほしいのおおおー!!」 荒ぶるワンコのまさかの行動に飼い主爆笑【米】
  4. /nl/articles/2206/28/news174.jpg バーガーキングが“超巨大バーガー食べ放題”実施 約1700キロカロリーのバーガーを食べまくれる
  5. /nl/articles/2206/29/news139.jpg ゴルフ開始2カ月のダレノガレ明美、初ラウンドで驚きのスコアをたたき出す スタイル抜群のフォーム披露
  6. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  7. /nl/articles/2206/29/news118.jpg 幸せいっぱいでほっこり! 粗品、結婚後初の家族ショット 妻子と肩寄せ合う後ろ姿に「温かい愛感じます」
  8. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  9. /nl/articles/2206/28/news025.jpg 野犬の群れで育った子犬を保護、初めはおびえていたが…… 心を開いて大きく成長したビフォーアフターに感動
  10. /nl/articles/2206/28/news169.jpg ドラマ「ER」「クリミナル・マインド」の俳優メアリー・マーラ、61歳で溺死 川で遊泳中に溺れたか

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」