特集
2006年12月04日 12時02分 更新

Wiiのために24時間――事態は、リアルタイムで展開していく (4/4)

前のページへ 1|2|3|4       

5:00−6:00

 5時23分。ひたすら我慢大会をする記者K。そんな時、一緒に並んでいた友人が本日12月2日に誕生日だと知らされる。なんとWiiと同じではないかと路上でさっそく誕生日会を開催。コンビニでケーキを買ってくる。長い人生で、こうして路上で座りながら祝われる誕生日会はなかったとのこと。ちなみに友人は、最初にmixiで誕生日を祝われ、次にニンテンドーDSに祝ってもらい、ようやく人間に祝ってもらえたと喜んでいた。

 5時50分。山手線をぐるり半周。6時前になんとかビックカメラ有楽町店本館にライターJがたどりついた。報道陣もちらほら来ている。気温はかなり低い。眠気がぐわっと来てかなりやばくなってきた。そういえばいるはずの記者Kがいない……?

 5時52分。現場チームのライターJが有楽町に到着したとの知らせを受け、本部を出て活動開始。ビックカメラ有楽町本館へと急ぐ。どこまで行列が伸びているのかを確認するために東京国際フォーラムへ回ると、なんと建物を半周するほどの勢いだ。このまま、6時過ぎに完売した。その頃、茨城では記者Eが空を仰いでいた。人もまだ少ない。都内ではあと1時間もすれば発売だというのに、これでいいのだろうか? 悩み出す時間だ。

6:00−7:00

wk_0601204wii22.jpg 写真は茨城。午前6時半ごろの様子。まだまだ人が少なく、とにかく寒いため、車の中で待機する人がほとんどだった

 6時28分。セレモニーに参加するため、ライターJとともに最前列へ陣取る。ライターHはここでリタイア。7時からの販売開始に間に合わせるため、マルチメディアAkibaへ向かう。

 6時36分。茨城の空が明るくなるとともに人が増え始めた。30人くらいにはなったのだろうか。「ドッキリだったりして」とか、記者Eの脳裏にはくだらない考えばかりが思い浮かぶ。


wk_0601204wii31.jpg 誕生日を祝う2人。寒空の元並ぶ大人たちを横目に前を横切るハトがもの悲しさを演出する。ちなみに撮影は某メーカーの人

 6時48分。なぜか某メーカー広報さんの陣中見舞いを受ける。温かい飲み物とご飯を差し入れてもらい、ちょっと泣きそうになる。この広報さん、当初有楽町にいたはずだが、意味なく移動してしまったらしい。よく分からないが、さまざまな情報をいただく。都内の早売り店は大体7時からなのだが、さくらやは8時から。まだまだ先は長いが、それでも終わりが見えてきたと安堵する。しかし、気になるのはいまだに店舗スタッフが見えないところ。警備員もいないが、粛々と列をなしていくのは日本人のいいところだと思う。列はいつの間にか、規定の180台を軽く越え、200人以上に伸びていた。

7:00−8:00

 7時20分。セレモニーを無事取材完了。有楽町に派遣された現場チームは本部に戻り、まずは一報を打つことにする。ライターHからは300人ほどが残っており、クラシックコントローラなどは売り切れ寸前との連絡を受ける。いくら本体は買えると言っても、とっとと向かわねばと心が騒ぐ……。ライターJはその間、しゃかしゃかとキーボードを打つ。

wk_0601204wii32.jpg

 7時30分。やっと渋谷は店舗スタッフが登場。にわかに活気づく。割り込み防止整理券の配布がはじまった。記者Kのもらった番号は178……!? 180台しかないのにギリギリセーフだったのか、と思いきや101番からのスタートでした。この時、記者Kの後ろに某ゲーム雑誌の編集長がいることに気づく。お互い何やってるんでしょうね、なんて和む。

 7時45分。人が少ないためか、記者Eの元には整理券が配られる様子はなかった。

8:00−9:00

wk_0601204wii23.jpg 輝かしく光る整理券番号1。これだけでも並んだ価値があったかもしれない

 8時05分。ようやく販売開始。レジが2つしかないため、時間がかかる。とはいえ、少しずつ前に進むのは気持ちがいい。同時刻、“8時以降に並ぶこと”というルールでも決められていたかのように、記者Eの後ろに人が一気に集まり始める。同時に整理券も配られた。茨城の朝は遅かった。

 8時11分。先に現場をリタイアしたライターHから、マルチメディアAkibaで購入したとの連絡を受ける。もうたまらない。記事を掲載したのをいいことに、ライターJをうち捨ててマルチメディアAkibaへ向かう。

 8時39分。ライターJに眠気がガガガと来る。ほかの記事を(この記事ですよ)書くために、さらにキーボードを打ち続ける。だが眠気が……。

 8時49分。記者K。やっと順番が来てWiiをゲットする。一時は敵の誘惑にのり裏切ろうともしたが、こうして手に入れると感慨ひとしおである。友人とWiiを抱えて電車に乗り込むのだった。

9:00−10:00

wk_0601204wii24.jpg 念のため「任務完了」の1枚も。興奮か不安か、並んでいる時は一睡もできなかったので、とにかく眠い……

 9時10分。整理券が配られたものの、まだ台数には余裕があるらしい。記者Eの内心はかなり複雑であったが、ようやく店がオープン。“買えたんだから、それで良しとしよう”。大人な考えで店を後にした。

 9時37分。記者IがマルチメディアAkibaへ到着した。購入者の列もなく、到着と同時にレジに案内され、すんなりと購入する。迷った末に「おどるメイド イン ワリオ」をも購入。すでに予約している「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」、「Wii Sports」、「はじめてのWii」とあわせて4本だ……。

 9時42分。記者Kも本部(もういいから……)へと帰還。全員がWiiを無事確保したことに安堵するも、がっつりとした疲労は否めない。少なくとも電車で寝込んでしまっており、そっとWiiを持っていかれてもおかしくないほど疲れていた。しかし本部に着いてみると、記者Iが入り口にたたずんでいる。どうやらJの裏切り(睡眠)を受けて、締め出しを食らっていたようだ……。さすが、本部のセキュリティは万全だ。記者KはIとともに本部に戻る。

 そして渋谷、アキバ組が到着すると同時に、ライターJがソフマップへと向かう。やはりここでも裏切り者のそしりを受ける。だが、あえて言おう。「なぜ予約しないのか」と。

10:00-11:00

 10時20分。ソフマップ到着するライターJ。混雑にあうこともなく、すんなりレジにたどりつき、軽やかにWiiをゲットする。気分はさながら「テロリストが仕込んだ爆弾を除去し、何十万人もの人民の命を救ったおれ」だ。任務を無事に遂行したその達成感をかみしめるライターJだった。

 しかし油断は禁物。あの番組においても安堵しきった23時間目あたりに一波乱あったりするものだ。私はよからぬ輩にWiiを奪われないように、細心の注意を配りながら本体とソフトを運んだ。ライターJの最後の大仕事は、Wii輸送の安全確保。そしてその輸送先は……友人たちが待つ都内某所の施設だった。

wk_0601204wii33.jpg

 10時40分。無事に自宅にたどり着いた記者Kは、さっそく箱を開けて、Wiiを起動する。まずはWiiチャンネルというものを見てみようとするも、はたと気がついた。Wiiが無線LAN標準であったことをド忘れしていたのだ。我が家は残念ながら有線だ。いきなりつまづいたと思ったが、「ニンテンドーWi-Fi USBコネクタ」があるではないか。事なきをえて、Wiiを堪能する記者K。しかし、問題がひとつ。記者Kの部屋はそれほど広くはないことだ。しかも最近めっきりゴミ屋敷化している。テレビCMで見るようなさわやかなWiiのある生活とはイメージが違いすぎていた……。次は掃除任務か。と、心をはやらせるのだった。しかし、襲いくる睡魔には勝てず。まずはWiiで遊ぶ夢でも見ようと、ここで記者Kは撃沈したのだった。

11:00-12:00

 11時12分。「Wii24」もいよいよ最後の1時間。「Wiiを入手せよ!」という企画なのに「予約したから当日は並んだりしません」という、ある意味ルール違反なライターJは、結局なんだかんだ(多分に私用を含む)で前日の昼から寝ていない。はっきり言って眠い。今すぐにでも眠りたい。ふとんが目の前にあったら確実に寝る! そんな状況ではあったが、寝ている場合でもない! すでに某施設の一部屋を借りた友人が、わたしとWiiの到着を今や遅しと待っていたのだ。

 11時20分。そのころの記者I。自宅に到着すると子どもたちからの歓声を受ける。しかし眠い……。セットアップしたあと撃沈する。片っ端から子どもたちがソフトを試している声が聞こえる。ああ、おれも遊び……。意識がとぎれたようだ。

wk_0601204wii34.jpg

 11時25分。 Jの友人宅ではWii発売記念集会「ウィー部」が始まった。集まったのはゲーム好きな友人5、6人。無事に会場に到着した私はおもむろにWiiをショップの袋から取り出す。「おおおおおおお」というどよめきが起こり、開封され鎮座ましますWiiさまを、皆がバシバシと撮影しだした。気が済むまで写真を撮った友人たちは、さっそくプレイを開始。最初は「はじめてのWiiパック」で基本をつかみ、その後「スイングゴルフ パンヤ」、「スーパーモンキーボール ウキウキパーティー大集合」で、Wiiリモコンの不思議な魅力を堪能した。「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」を1人がプレイし、周りがあーでもないこーでもないと助言する場面もあった。

wk_0601204wii35.jpg

 そんなこんなで、眠い眠いと思いつつ、ライターJも友人たちとまじってWiiを遊び倒した。12時を越えてもWiiのプレイはおさまるわけがなく、みんなの笑顔に包まれながら、Jの24時間の若干まったりとした戦いは幕を閉じた。いつになったら眠れるのか……。たまに意識が途切れそうになりながらも、新しい遊びの時間は終わりそうにもない。

 ちなみに、遊んでみた友人たちの感想は軒並み好感触。「すげーすげー」と子どものようにはしゃぐ大人もいたり、珍プレー好プレーの続出にみんなで大声で笑ったり。これが正しい「おもちゃ」であり「遊び」だよなあ、と思うのであった。今は素直にWiiの発売を祝いたい気持ちでいっぱいだ。ビバ! Wii!

※この記事は事実に基づいていますが脚色を含んでいます。
※お分かりだとは思いますが、編集部みんな“あのTV番組”のファンです。ただしまったく関係ありませんのでご了承ください。


前のページへ 1|2|3|4       

[ITmedia +D Games取材班,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.