“進化”した「アイドルマスター」の魅力を、プロデューサーに聞いてみました「アイドルマスター」インタビュー(1/3 ページ)

ゲームセンターで多くのファンを生み出した「アイドルマスター」。Xbox 360版の生みの親であるプロデューサーの坂上陽三氏と、ディレクターの小野田裕之氏に、アーケードからXbox 360へ舞台を移した「アイドルマスター」の魅力を語ってもらった。

» 2007年01月25日 00時00分 公開
[聞き手:磯野正学、雛見沢秀一,ITmedia]

 新人アイドルのプロデューサーとなり、レッスンやコミュニケーションで女の子たちを育成するシミュレーションゲーム「アイドルマスター」。

 アイドルたちはダンス、ビジュアル、ボーカルの3つのパラメータを持ち、レッスン(ミニゲーム)で能力を鍛えていく。幾多のライバルたちが集まるオーディションでファンを増やし、最終的にはトップアイドルになることが目的だ。プレイを重ねるとアイドル同士でユニットも組むことができる。

 オンラインで全国のプロデューサーとオーディションで競わせたり、ケータイサイトに加入すると本物の携帯電話にアイドルたちからメールが届くなど、新しい試みを多数行った意欲作だ。アイドルたちの可愛らしさはもちろん、彼女たちが歌う楽曲の魅力などで人気を集めた作品だ。

 Xbox 360版は新キャラクター、星井美希の参入や、「GO MY WAY!!」ほか新曲が6曲も追加され、大幅にボリュームアップしていることが大きな魅力だ。

 今回の移植作業中に直面した困難や、作品に込めた思い、そして気になるアーケード版との違いを、Xbox 360版のプロデューサーである坂上陽三氏と、ディレクターの小野田裕之氏に伺ってみた。

画像 バンダイナムコゲームス 小野田裕之氏(左)、坂上陽三氏(右)

Xbox 360を選んだのは、オンライン環境が決定打

――まず、本作の生い立ちから教えてください。Xbox 360版の開発が決定したタイミングは、いつ頃なのでしょう?

坂上陽三氏(以下、敬称略) プロジェクトが発足したのが、2005年の5月です。アーケード版の稼動が7月なので、実はその2カ月前から動き始めていました。プロジェクト発足後に、小野田が双海亜美・真美の持ち歌である「ポジティブ!」の作詞を担当したと聞いて、Xbox 360版のディレクターとして引き込みました。

――ハードをXbox 360にした理由は何でしょう?

坂上 ネットワーク環境の充実ですね。本作はアーケード版からオンライン対戦に対応していたので、家庭用でオンラインが充実しているハードを検討した結果、Xbox 360が候補として挙がりました。Xbox Liveは、初代Xboxから運営されてきた実績を持つ、完成度の高いオンラインサービスですからね。運営側もユーザー側も使いやすい。

 また、グラフィックやモーションといった映像面を、次世代機のクオリティーに進化させたかった理由もあります。本作は、トゥーンシェードというアニメ的な映像を作り出す技術を採用しているのですが、アーケード版は画面解像度が低いので、キャラクターの輪郭線が太くなってしまう局面があった。いわゆる次世代ハードならば解像度が高いので、この輪郭線を細くでき、よりキレイな映像を作り出せたのです。

画像画像画像

 細かいところですが、キャラクターの輪郭の付近、例えば腕の上部などに、光が当たったような明るい表現も付け加えています。こうすることでよりアニメらしい表現を再現することができています。

――ということは、オンライン対応は最初から検討していたのですね。一時期、「Xbox 360版はオフライン専用ゲームになってしまった!」なんて噂が飛び交いましたが……。

画像

小野田裕之氏(以下、敬称略) ありましたね、そんな噂(笑)。事の発端は、公式サイトにアップしたXbox 360版のサンプル画像です。元々、アーケード版では、オンライン状況を表すアイコンを画面の左下に表示させていました。最初、Xbox 360版も同じように考えていたのですが、そのアイコンをプレーヤーが意識する必要性があまりなかったので、アイコンを消去したのです。そうしたら、「Xbox 360版はオフライン専用なのか!?」って、すごい話題になりました。すっごい小さい画像なのに(笑)。そんな経緯なので、Xbox 360版は最初からオンライン対応を考えていましたよ。

――なるほど。オンライン対戦であるオーディションの仕組みは、アーケード版から変わったのでしょうか?

小野田 基本的には同じですが、いくつか追加された要素があります。受けるオーディションは、2分間という制限時間の間に選択するのですが、このとき他プレーヤーとボイスチャットすることができます。また、プレーヤーの情報を表す部分に、“アピール文”という一口コメントを書くことも可能です。自分でメッセージを記入するのですが、面倒な人向けに定型文も用意しています。

――アーケード版のファンは、違和感なく楽しめそうですね。オンラインでの要素は、ほかにはありませんか?

坂上 Xbox Live マーケットプレースで、新しい衣装やアイテムを購入できます。だいたい、1カ月に一度、アイテムを10個前後配信していく予定です。

画像画像画像

――追加楽曲も登場! ……なんて予定はありませんか?

画像

坂上 実は一時期検討しました。絶対売れるハズですからね(笑)。でも、オンラインでのみ入手できる楽曲を増やしてしまうと、オフライン環境でのみ遊んでいるユーザーさんは、新曲を楽しめないじゃないですか。そんな理由でボツにしました。

 Xbox 360版は、アーケード版の10曲に加えて、新曲を6曲も追加していますからね。本作は10人のアイドル別にこれらの楽曲を収録しているので、実際の数は160曲収録していることになります。当初からこれだけボリュームがあるので、あえて曲を増やす必要もないか、という理由もあったりします。そうそう、アイドルたちのメールアドレスも、マーケットプレースで購入する形になります。

――自分の携帯電話にメールが届くシステムですね。もう少し詳しく教えていただけないでしょうか?

坂上 はい。まず、アイドルからメールが届くというシステム自体は、アーケード版からありました。アーケード版では、ケータイ専用サイトに登録すると、アイドルたちから本当の携帯電話にメールが送られてくるんですよ。当時は「もっとユーザーにゲームセンターに来て欲しい」という思いがありましたので、ゲームと連動させたりしました。「○○時〜○○時にレッスンしてください!」なんて内容のメールが送られてくるんです。

 Xbox 360版は、Xbox Liveマーケットプレースでアイドルのメールアドレスを購入すると、ゲーム内の携帯電話にメールが届くように変更しました。また、ゲームセンターとは違って24時間いつでも遊べるので、時間の指定も無くしました。ただし、いつでも届いてしまうのも不自然なので、ゲーム内で1週間(1ターン)が経過したときに届くよう調整しています。

画像画像画像

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評