インタビュー
» 2007年01月25日 00時00分 公開

“進化”した「アイドルマスター」の魅力を、プロデューサーに聞いてみました「アイドルマスター」インタビュー(2/3 ページ)

[聞き手:磯野正学、雛見沢秀一,ITmedia]

アーケード版から生まれ変わった「アイドルマスター」

――では、変更点について伺います。Xbox 360で追加された新キャラクターの星井美希は、どのようにデザインされたのでしょう?

小野田 まず、アーケード版の9人の先輩に対して、美希は言うなれば“新参者”ですよね。インパクトが少ないと、新キャラクターであるにもかかわらず、彼女たちの中に埋もれてしまう。なので、既存キャラクターよりも強烈なインパクトを持たせることにしました。目立つ個性はなんだろう……と考えた結果、金髪だったり、グラマーだったり、という設定が決まっていったのです。ポーズも他の子より大きく見せてアピールさせたり。とにかく突出するようにしましたね。

画像画像画像 星井美希

――システム面での変更点はあるのでしょうか? アーケード版よりも敷居は下がった印象を受けますが。

坂上 ええ、結構変更していますね。アーケード版は「○週までにファンを○人集める」という目標を、次々と達成していくシステムでした。達成できないとゲームオーバーになります。でもXbox 360版は、52週間と遊べる期間を固定しました。

 簡単になったように思われるかもしれませんが、実はそうでもありません。アーケード版では、ゲーム中の1ターンである1週という単位で、レッスンと営業(コミュニケーション)が両方できました。でも、Xbox 360版では、どちらか片方しかできないようになっています。これによって、スケジュール調整の戦略性はより高まったと思います。アーケード版をやりこんだファンの方でも、新鮮な気持ちで遊べると思いますよ。ただし、営業、レッスン、オーディションをバランス良くこなしていくという基本的なプレイスタイルには、変わりありません。

 このようにシステムを変更したので、今までとは違ったプレイも可能になりましたね。例えば、プレイ期間中は一切レッスンをせず、ずっと営業(コミュニケーション)を行ってアイドルたちとの会話を楽しむ、なんてプレイも可能です。ファンを集められるかどうかはまた別の話ですが(笑)。営業だけでは女の子のテンションも下がってしまいますし。

――レッスンは変わりましたか? アーケード版ではタッチパネルを採用していましたが……。

坂上 基本的には同じですね。Xbox 360版はコントローラーでの操作になったので、レッスンは遊びやすくなったかな? Xbox 360のボタンは、カラフルに色分けされているので、対応するボタンが覚えやすいというメリットもありますね。

画像画像画像

小野田 あと、ファンから送られてくるプレゼントの内容も一部変更しました。アーケード版では、受け取ったアイドルのテンションが大きく下がってしまう“不幸のメール”があったのですが、再検討した結果、削除しました。

――オーデションにも変更はあるのでしょうか?

坂上 アーケード版では、オーディションになかなか合格できないという意見を結構聞きましたので、“合格範囲は1位から4位まで”や“興味ゲージが減らずに審査員が帰らない”といった、条件がやさしい特別なオーデションを多数追加しました。ただし、楽なオーディションばかりではなく、“審査員のゲージが見えない”といった条件の厳しいオーディションも追加してあります。

――オーディション攻略のカギとなる流行イメージは、プレーヤーの好みが反映されるのでしょうか。例えば“ダンス”が好きなユーザーが多ければ、流行イメージが“ダンス”になる、とか。

坂上 オンラインで他のプレーヤーの傾向を反映させると、どうしてもどれか1つに偏ってしまうんです。なので、ある程度バランスよく流行が変動するように調整しています。この辺は、アーケード版と一緒ですね。

画像画像画像

――オーディション合格後のお楽しみでもある、TV出演にも変更点はありますか?

小野田 TV出演では、アイドルがカメラに向かってアピールするのですが、Xbox 360版では、任意のタイミングでアピールできるようにもなりました。もちろん、アーケード版と同じくアイドルにまかせることもできます。

 また、2人以上のアイドルでユニットを組んだとき、歌のパート分けを行うのですが、このとき“サビの部分で女の子にカメラを近づけさせる”というように、カメラワークの編集も可能になりました。あと、TV出演したときの動画を、1つ保存することもできます。オンラインであれば、ランキング上位のプレーヤーの動画を見ることもできますよ。

――ああ、Xbox 360版は、オンラインランキングにも対応しているのですね。

小野田 ええ、総合ランキングに加えて、“ダンスマスター”や“ボーカルマスター”という具合に、各ジャンルごとのランキングを30位まで見られます。アイドル別のランキングも用意していますよ。

坂上 あとは、TV出演時に写真を撮影できるのですが、このときのカメラのフレームも変更しています。アーケード版では縦長のモノだけだったのですが、横長の写真も撮影できます。このとき撮影した写真は、5枚まで保存することが可能です。

画像画像画像

――このアピールの指示も含めて、プレーヤーの立場はマネージャー的な部分もありますよね。

坂上 そうですね、アイドルを育てるということをひとまとめにして、“プロデューサー”としています。普通、オーデション中にプロデューサーが「そこだ!!」なんて言いませんからね(笑)。

小野田 マネージャーでも言わないですよ。「静かにしてください」とか怒られて、つまみだされます(笑)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」