二大人気シリーズのオールスター豪華共演! 無双祭り、ここに開催?「無双OROCHI」レビュー(2/3 ページ)

» 2007年04月13日 00時00分 公開
[磯野正学,ITmedia]

操作できる武将は圧巻の79人!!

 ストーリーとともに気になっていた、操作できる武将の人数。プレイ前は前述のように“もしかしたら少ないのかも”なんて不安に思っていたのだが、これは完全に杞憂に終わった。「三國」シリーズの武将48人に、「戦国」の武将29人に加え、さらに特定条件を満たすことで操作が可能になる妲己と遠呂智を加えると、なんと総勢79人の武将がプレーヤーキャラクターとして登場するのだ! シリーズ中、文句なしに最大のボリュームと言って良いだろう。

どことなくとぼけた雰囲気の今川義元だが、鞠を蹴るときは華麗

 ちなみに、最初は各勢力(魏、蜀、呉、戦国)ともに3人しか選べないが、特定の章をクリアしたり、戦闘中に特定条件を満たすと、使える武将が増えていく仕組みだ。ただし、ストーリーが架空のためか、例えば魏のシナリオをプレイ中に蜀の武将が仲間になるなど、どこでどの武将が仲間になるのか予想しにくい。そのため、コアな無双ファンであっても、「こんな場所でこの武将が仲間になるのか」という驚きを楽しめるだろう。武将を捜す楽しみは、より深くなったと言える。

 個人的には、「戦国無双2」で登場しなかった、今川義元や石川五右衛門、くのいちといったキャラクターが、新たにプレーヤーキャラクターとして参戦してくれたことが、うれしいポイントだ。特に今川義元は作品中屈指のイロモノキャラで、蹴鞠を利用したトリッキーな戦い方が楽しめる。筆者は彼を早く使ってみたいがために、どこで仲間にできるのか必死になって探すはめに。ちなみに彼を仲間にできる条件はかなり難しく、結局仲間にできたのは、しばらくプレイしてからだった。そんな苦労で入手した今川義元の、サッカー選手のように鞠を豪快に蹴って相手を蹴散らしていく姿を見るだけでも満足を得た。苦労した甲斐があったというもの。

爽快さが増し、完成形に近づいた戦闘シーン

 無双系アクションという呼び名も定着してきた感のある、無双シリーズ。なんと言ってもキモとなるのは、大量の敵をバッサバッサとなぎ倒していく、爽快感満点の戦闘だろう。本作の戦闘システムは、攻撃をテンポよく繰り出して、ド派手なコンボ攻撃を決めるという、「無双シリーズ」に準拠したモノとなっている。ただし、新要素も多く取り入れられている。まず、各武将には“アタッカータイプ”が設定され、特殊攻撃“タイプアクション”が使えるようになった。アタッカータイプの種類は、パワー(力) 、スピード(速)、テクニック(技)の3つ。タイプアクションは武将によって異なるが、それぞれ次のような特徴がある。相手を多く倒して武将の熟練度が上がると、タイプアクションの効果が大きくなる仕組みだ。

パワータイプ:攻撃中に相手の攻撃を受けてものけぞらない、という特性を持つ。無双ゲージを消費して強力な必殺攻撃を繰り出す、タイプアクションが使える
スピードタイプ:空中ダッシュを行えたり、ジャンプして攻撃をキャンセルできるのが特徴。タイプアクションは、2種類のコンビネーションアーツが用意されている。攻撃中にキャンセルして出すことができるため、流れるような連続攻撃を繰り出す事ができる。なかには、相手の防御力を下げたり、自身の攻撃速度を上げるなど、特殊効果が発動するものも。無双ゲージを消費するものとしないものがある
テクニックタイプ:チャージ攻撃を強力にしたEXチャージ攻撃と、相手の攻撃に反撃できるEXカウンターという、攻守に優れたタイプアクションを持つ。どちらも、無双ゲージを消費する。また、空中の相手に対してチャージ攻撃、EXチャージ攻撃を当てると大ダメージが与えられる

 タイプアクションは武将によって違うが、どれも使い勝手のよいものばかり。武将ごとに持ち味や戦い方が変わっている。79人の武将が操作できるが、それぞれ違った戦いが楽しめるのは、うれしい限りだ。

 これまでのシリーズでは、1人の武将を操っていたのに対し、本作は3人の武将を交代させて戦うチームバトルになっている。ステージ挑戦前に3人の武将をチョイスできるが、実際の戦場で操作できるのは、そのうちの1人。戦闘中にキャラクターを素早く入れ替えて戦う仕組みだ。入れ替えはボタン操作1つででき、瞬時に交代するので隙もほとんどない。

 待機状態の武将は、体力ゲージと無双ゲージが回復するので、武将の体力が減ってきたら待機中の武将と交代させてピンチを脱する、なんて戦い方も可能だ。また、前述のように武将ごとに特徴が違うので、チームの組み合わせを考えるのも楽しい。

 力押しするオールパワータイプや、見た目が華やかな女性3人組み、服部半蔵・風魔小太郎・くのいちの忍者衆など、チームとなるパターンはいくらでもある。もちろん、自分のお気に入りの武将だけでチームを組むのだってアリだ。筆者はイロモノ武将好きなので、今川義元を筆頭に、孟獲や張角、左慈といった正統派ではない武将だけでチームを組むのがお気に入り。個性が強いだけに扱いづらいが、面白ければそれでいいのだ!

相手から攻撃を受けているときは、メンバーを交代できない。誰か1人でも体力がなくなってしまうと、ゲームオーバーになってしまうため、いつ交代するかの駆け引きが楽しい
回復アイテムや能力を一時的に上げるアイテムなどは、拾えば3人全員で効果を受けられる。ただし、経験値アイテムは、拾った本人のみしか効果がない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」