トップ10
» 2007年05月16日 19時12分 公開

スクウェア・エニックスづくし

木曜に行われた「PRE-CONFERENCE MEETING」、そして週末開催された「SQUARE ENIX PARTY 2007」と、まさにスクウェア・エニックスのための1週間だったようです。

[加藤亘,ITmedia]

 予想どおりというか、スクウェア・エニックス関連のニュースが軒並み上位にランクインしてきたトップ10。筆者も会場に駆けつけ、取材がてらステージイベントやらブースでの試遊やら、映像出展の観賞やらでひぃーひぃー言いながらも、「いちサードパーティーの行うイベントじゃねーなぁ……」とひとしきり感心しておりました。スクウェア・エニックスが、着々と国内での信用とブランド力を高めてきた成果と言えるでしょう。

 5月10日には「PRE-CONFERENCE MEETING」と称して、国内外のプレス向けて「THE LAST REMNANT:ラスト レムナント」をはじめとした新タイトルを発表。さらに、ファンイベントの色合いの強い「SQUARE ENIX PARTY 2007」においても、会場内のFFXIブースで新たな拡張ディスク「アルタナの神兵」の発表や、クローズドメガシアター内での映像出展として「DISSIDIA FINAL FANTASY」(PSP)や「キングダムハーツ」シリーズの新作、モバイルで「パラサイト・イブ」シリーズの新作「3rd BIRTHDAY」の展開が明かされるなど、話題が尽きなかったのも集客に結びついたと思いますが、すでに既報済みで発売が待たれる「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔」(Wii)や「クライシス コア ファイナルファンタジーVII」(PSP)、「すばらしきこのせかい」(ニンテンドーDS)などのブースにも長い列ができ、試遊台は常に人の途切れることはなく、各タイトルの期待の大きさも来場者数増加に拍車をかけたのではないでしょうか。

 事実、2005年に行われた「SQUARE ENIX PARTY 2005」では、両日合わせて4万6981人の来場者数が、今年の「SQUARE ENIX PARTY 2007」では7万6562人(5月12日:3万9750人、5月13日:3万6812人)を記録しています。

 ちなみに、昨年行われた東京ゲームショウ2006の初日の来場者数は3万9645人と発表されていますので……これはすごい。東京ゲームショウの初日は、いわゆるビジネスデーと位置づけられており、来場者数は絞られていたとはいえ、1つのメーカーがゲームショウをわずかながら上回る集客を記録したのは快挙といえます。

 さすがにゲームショウは3日間の開催で、延べ19万2411人を集客しているので、これには及ばないまでも、スクウェア・エニックスとしては予想外の来場者数だったのではないでしょうか。ゲームに感心を持つ人がまだまだ多くいることを実感でき、いかにゲームを愛しているかを思い出させてくれるサービス精神溢れたイベントだったと感じました。

 スクウェア・エニックスさん、次回はまた2年後ですか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた