レビュー
» 2007年06月27日 00時00分 公開

ショパンがいまわの際に見た夢とは?――実在した音楽家をモチーフにした異色のRPG「トラスティベル 〜ショパンの夢〜」レビュー(2/2 ページ)

[小泉公仁,ITmedia]
前のページへ 1|2       

さまざまなアイデアが盛り込まれたバトルシーンが新鮮

 ゲーム自体は至ってオーソドックスな作りで、モンスターを倒して経験値を稼ぎ、それに応じてキャラクターのレベルがアップしていくところや、武器、防具、アクセサリーなどを装備してキャラクターの性能を高めるなど、古典的なファンタジーRPGと変わりない。

画像 画面の左側にあるゲージが行動時間を示すもの。初めは5秒に設定されていて、その間だけ移動や攻撃ができる。通常攻撃がヒットするとわずかながら行動時間が戻るので、実際にはもう少し長く動ける

 反面、バトルシーンには独自性が強く感じられる。この「トラスティベル」では、ターン制RPGとアクションRPGを掛け合わせたような「タイムシェアード リアルタイムバトルシステム」というものを採用している。基本はターン制で、敵・味方とも速さを表す「Spd値」の高い順にターンが回ってくるが、移動や攻撃はアクションゲームと同じようにプレイヤーが操作する。1回のターンに付き、行動できる時間は5秒と決まっていて、それが過ぎると次のキャラクターに順番が回る。Aボタンが通常攻撃、Yボタンが必殺技になっているが、いわゆるMP値のような概念がないので、行動時間内であれば何度でも必殺技を出せるというのも大きな特徴だ。

 また、RPGでよく見られる「火・水・風」といった属性がない代わりに、“光”と“闇”という要素があり、これが敵・味方の双方に影響を及ぼすという点も一風変わっている。例えば、同じモンスターでも明るい場所と暗い場所では姿形が変わり、攻撃力や耐久力も違ってくる。味方キャラクターの場合は、立ち位置の明暗によって必殺技が変化する。おもしろいのは、地形による影だけでなく、キャラクターに光が当たってできる影に入った場合も“闇”の状態になること。アイテムなどを使うことで、自分の周囲を明るく(暗く)することもできる。敵の特性を考慮しながら光と闇の効果をうまく使うと、戦闘が有利に進められるというしくみがおもしろい。

画像画像 影になった場所から日向に出ると、モンスターの姿がモーフィングする

画像画像 味方のキャラクターでは、必殺技が変化する。ビートの場合、明るいところなら「ビビッドショット」、暗いところでは「ソリッドシューター」が発動

 さらに、個々のキャラクターのレベルとは別に、パーティ全体の能力を示す「パーティクラス」の存在も特徴的だ。パーティクラスは経験値に依存せず、特定のボスを倒すことでアップする。そして、パーティクラスが上がると戦闘時のルールがどんどん変化していく。例えば、Lv.3になると必殺技の装備可能数が2つから4つに増え、Lv.4になれば敵の攻撃をいなして反転攻勢に出る「反撃」が使えるようになる。また、Lv.4以上では異なる必殺技をつなげて繰り出す「ハーモニーチェイン」も使用可能になる。序盤は単調に思えるバトルも、パーティクラスが上がるほどできることが増えて、爽快感も増幅されていく。なかなかおもしろいアイデアだ。

画像 攻撃のヒット回数が「エコー」(画面右下のゲージ)として蓄積され、これを多く溜めてから必殺技を発動すると、その効果が増幅される。エコーはパーティ全体で共有するので、例えば通常攻撃が速いキャラクターでエコーを溜め、攻撃力の高いキャラクターに引き継いで必殺技を出す、といった使い方ができる
画像 パーティクラスLv.4からは、エコーが24以上の状態で「ハーモニーチェイン」を出せるようになる。1つめの必殺技を発動後、画面に「Harmony Chain!」と表示されたときにもう一度Yボタンを押すと……
画像 2つめの必殺技が続けて出せる。このハーモニーチェインが使えるようになると、バトルが俄然おもしろくなってくる

意表をついた物語は興味深いが、最後は若干駆け足気味

 そのほかの目新しい要素としては、「エネミーフォト」と「スコアピース」があげられる。「エネミーフォト」は、ビートが持っているカメラでモンスターの写真を撮り、それを道具屋などで売却できるというもの。よく撮れている写真には高い評価が付き、高値で買い取ってくれる。「スコアピース」は、4小節の短い楽譜で、フィールド上の宝箱などで見つかることがある。これを集めて特定のNPCに話しかけると、セッションを行うことができる。といっても、音楽ゲームのように自分で演奏するわけではなく、相手が持っているスコアピースに調和すると思われるスコアピースを手持ちの中から選ぶだけだ。そして、セッションによってきれいなハーモニーができると、相手からレアアイテムをもらえることもある。

画像 バトル中にビートの必殺技「ビビッドショット」を発動すると、モンスターの写真を撮ることができる。これをショップに持ち込むと、買い取ってくれる
画像 スコアピースを持っていれば、特定のNPCとセッションが楽しめる。セッションがうまくいって高評価を得られれば、レアアイテムがもらえる

 また、フィールド移動、バトル、イベントシーンがほぼシームレスにつながり、ローディングで待たされる場面がほとんどないのは実に快適。画面上に「Now Loading」と表示されることは滅多になく、あってもほんの数秒で完了するのはすごい。

画像 ゲームはあくまでフィクションだが、一部にショパンの生涯に基づいたエピソードも盛り込まれている。例えば、彼の末の妹エミリアは結核で14歳のときに亡くなっているが、ゲーム中のショパンはポルカにエミリアの面影を重ねている節がある

 物語については、一言でいえばシンプル。伏線をいくつも張りめぐらせたものではないし、昨今の海外ドラマによく見られるような複雑系でもない。ただ、前半はゆったりと、これといった盛り上がりもなく淡々と進むのに、後半に入ると途端に駆け足になってしまい、なぜそうなったのか、そうしなければいけないのかという部分が若干説明不足に感じた。

 ただ、ゲームの難易度はかなり低めなので、RPGをあまりプレイしない人でも気軽に楽しめるはず。セーブポイントも多めに設置されているため、毎日少しずつ進めることができる。ストレスのないロードや操作の分かりやすさも含めて、遊びやすさという点ではXbox 360のRPGでナンバーワンの出来だろう。ラストシーンを見る限り、続編というのはちょっと難しいように思うが、次回作でも奇抜な着想と豊かなアイデアをふんだんに盛り込んだ新感覚のRPGを見せてほしい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」