ニュース
» 2007年09月10日 00時00分 公開

武器が変われば攻め方変わる――「真・三國無双5」

コーエーは、2007年秋発売予定のプレイステーション 3/Xbox 360用タクティカルアクションゲーム「真・三國無双5」において、典韋と孫尚香、そして関羽のグラフィックを公開した。

[ITmedia]

 コーエーは、タクティカルアクションゲーム「真・三國無双5」を、2007年秋目処にプレイステーション 3/Xbox 360で発売する。本作は7月17日に開催された「PLAYSTATION PREMIERE 2007」においてプレイステーション 3で発売することを発表。後日、Xbbox 360においても発売するというマルチプラットフォーム戦略に則ることが報じられた。

 「無双」シリーズは、日本国内で累計1000万本、ワールドワイドにおいても累計1500万本を出荷する大ヒットタクティカルアクションゲーム。「真・三國無双5」は、シリーズのテーマである“一騎当千の爽快感”を究極に高める「連舞システム」を新たに採用し、アクションが流れるかの如く連鎖していくというひとつ上の爽快感を目指して鋭意製作されている。なお、登場キャラクターのアクションやビジュアルイメージも一新されている。


典韋
孫尚香
関羽

 今回、公開されたのは魏に所属する「典韋」と、呉の「孫尚香」、そして蜀の「関羽」の3キャラクター。典韋は従来シリーズにおいては戦斧を得物として比較的広範囲に及ぶ一撃が強烈な攻撃を繰り出していたのだが、本作からはトゲのついた鉄球に持ち替えている。また、夏圏と呼ばれる武器を振り回していた孫尚香も、「弓腰姫」とあだ名があることを参考にしたのか、弓にその得物を持ち替えているのが分かる。武器はすべてのキャラクターで変更されているわけではない。後世神として崇め奉られることになる武神・関羽は、やはり忠実に偃月刀を持っているのが確認できた。

 今回の3人は、基本的に容姿は従来シリーズを継承しているようだ。ただし、得物を持ち替えた典韋と孫尚香は、アクションそのものが変更されるので、まったく別のキャラクターとして生まれ変わったと思っていいだろう。外見から判断すると、動きは遅いがパワーで粉砕する典韋と、一撃は軽くても動きの速さと技の多彩さで補う孫尚香といったところではないだろうか。もちろん、関羽には変わらずバランスの取れた安定感を期待するところだが……。

典韋


曹操の護衛として活躍した武辺の人物。その怪力と魁偉な風貌から、古代の豪傑「悪来」の名であだ名される。宛城で張繍の夜襲を受けた際、押し寄せる敵兵の前に立ちはだかり、命を懸けて曹操を逃がした。粗暴な言動や荒々しい外見とは裏腹に、人一倍忠節を重んじる人物である

孫尚香


孫堅の娘。孫策・孫権の妹にあたる。明るく快活で、負けず嫌いな姫君。武芸にも秀で、戦場では真っ先に敵陣に突っ込んでいく男勝りな性格。その武技と容姿の美しさから、「弓腰姫」とあだ名される

関羽

字は雲長(うんちょう)。蜀の五虎大将の筆頭に挙げられる。義を重んじ武に長けた稀代の英雄で、劉備、張飛と義兄弟の契りを結び、蜀の建国に尽力した。長い髯を帝に「美髯公」とほめられ、それが通称となる。義兄劉備とはまた異なる人間的魅力で、敵味方問わず人を惹きつけた
「真・三國無双5」
対応機種プレイステーション 3/Xbox 360
ジャンルタクティカルアクション
発売予定日2007年秋
価格未定
(C)2007 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声