Wiiザッパーで群がるゾンビを狙い撃ち 2人プレイも熱い“バイオ”の追体験「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」インプレッション(2/2 ページ)

» 2007年11月14日 00時00分 公開
[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Wiiザッパー×2! 2人でやれば百戦危うからず、か?

ファンには懐かしいクリスとジルのタッグ。2人で難局を切り抜ける!

 お次は元祖「バイオハザード」の舞台、洋館を選んでみた。「洋館事件」というシナリオを選択すると選べるキャラは、ファンにはおなじみのクリス・レッドフィールドとジル・バレンタインだ。ここで筆者はジルを選択したのだが、おや……なぜかもうひとつのポインタが画面上で動いている……というわけで、取材に同行していた記者Kが参戦! 2人プレイもできるんならやっておかなくちゃダメっしょ、ということで記者Kはクリスを選択し、2人で洋館に挑むことになった。

 2人でのプレイは1Pの照準が赤、2Pの照準が青ということになっており、アクションコマンドは2人とも成功させないと失敗になる。ちなみに2人プレイの際のHPはそれぞれ個別に設定されるのではなく2人で共有することになる。どちらかが極端にやられてしまった場合も2人ともプレイが続行できなくなるので、助け合いながらプレイする必要が出てくるわけだ。

 久々に訪れた洋館は、こちらも列車のステージ同様に、いやそれ以上に懐かしさに満ちていた。洋館入って左の食堂っぽい部屋のさらに奥の廊下の角……。最初に「バイオハザード」でゾンビに遭遇したあのシチュエーションはちゃんと再現されている。しかし、そこはやはりガンシューティングとして作り直されているので、その後のゾンビの数は原作よりも圧倒的に多い。そして何せこちらは2人でプレイしている。バンバンとゾンビを撃っては順調に歩を進める筆者と記者K。

惨劇を追体験。洋館の間取りを覚えているほどのファンに、ぜひプレイしてほしい

 最初にケルベロスが窓からパリーンと出てきてめちゃくちゃビビッた経験のある、あのスポットに来て「犬、来るんでないの、犬」と言っていたらやはり犬が来た! 襲いかかるケルベロスを手前でナイフ攻撃したりして切り抜け、さらに先へと進むとクリムゾンヘッド(強力なゾンビ)なども登場。サブマシンガンやショットガンが火を噴き、とにかく撃ちまくる2人。難易度がEASYだったというのもあるだろうが、2人でのプレイは快適で、ずんずんと先へと進めた。最初のチャプターのボスも2人でバッチリ倒しクリアとなった。

 勢いのついた2人はそのまま「ラクーン市壊滅事件」のシナリオにも挑んだ。こちらは操作できるキャラがジル・バレンタインとカルロス・オリヴェイラ。ジルとなった筆者とカルロスになった記者Kで、荒れ果てたラクーン市を探索する。

 ここでは大量のゾンビに対してドラム缶を撃って爆破して一網打尽にする、など、洋館ではできなかったプレイも体験できた。洋館では危なげなく敵を倒してきた2人だったが、ラクーン市では大勢のゾンビに対して多少てこずる場面も。何度かのピンチを乗り越えながら最初のチャプターをクリアし、いよいよ新しいシナリオに挑むことになった。

ジルとカルロスは無事にラクーンシティから脱出できるのか?
警官のゾンビがリアル!もちろんそれぞれ顔のモデリングが違う
ラクーンシティにはゾンビがいっぱい!群がるゾンビを蹴散らす感覚がたまらない

 新しいシナリオというのは、本作の要でもあるアンブレラ壊滅の謎に迫るもので、今までの「バイオハザード」シリーズでは描かれなかったロケーションが舞台になる。新たなステージは、なんとロシアだ。軍の設備のような建物に囲まれたフィールドに降り立つはクリスとジルの2人。まったくの新しいステージに多少興奮気味に挑んだのだった。

 ここでのプレイは今までのステージよりも若干難しく感じた。さすがに最終章的な扱いだけに難易度も上がっているのかもしれない。大量のハンターが眼前に現われて容赦なく猛攻をしかけてくるなど、なかなか一筋縄ではいかない印象だった。こちらもどうにかこうにか最初のチャプターをクリアし体験プレイは終了とあいなった。

ロシアに降り立つクリスとジル。どんな死闘が待っているのか
最後のシナリオはかなり歯応えがあった。弾数やHPゲージに気を遣いながらプレイすべし

 なお、聞いたところによると初代「バイオハザード」から登場し、存在感ある悪役として人気も高いウェスカーが、本作ではプレーヤーキャラとして使用できるとのこと。ウェスカー用のオリジナルステージが用意されているようなので、ファンとしては楽しみなところだろう。筆者もウェスカー視点でのプレイには興味津々なので製品版が出たらぜひプレイしてみようと思っている。

ウェスカー登場!ウェスカーでのプレイは、ファンには朗報だろう
ウェスカー視点のエピソードで、より深く“バイオ”を体験できること間違いなしだ

 今回はWiiザッパーでのプレイのみを体験したが、Wiiリモコンのみや、Wiiリモコン&ヌンチャクというプレイスタイルでもまた多少違った操作感覚で楽しめることと思う。各シナリオのさわりのみのプレイでも十分に面白かったが、実際はシナリオごとに歴代「バイオハザード」をしっかりと追体験できるくらいの大ボリュームになっているらしい。これはファンならおさえておいてほしいし、逆に「バイオハザード」に詳しくない人でもアンブレラ事件の発端からちゃんと順を追って体験できるというのはお得なのかもしれない。

 Wiiでよみがえる「バイオハザード」の記憶……。「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」でアンブレラの核心に迫れる日は、すぐそこに迫っている。


「バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ」エキストラパッケージ
対応機種Wii
ジャンルサバイバルガンシューティング
発売日2007年11月15日
価格(税込)8610円(ソフト単品は7340円)
プレイ人数1〜2人
(C)CAPCOM CO., LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」