連載
» 2007年12月17日 00時00分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:列車を降りたら100画面分の広い島「チャレンジャー」 (3/3)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

意味深なトラップが次々と

 4つめの洞窟へ向かう途中の橋を過ぎれば、かなり楽になる。モーリンが出現するからアイテムが出やすいし、お助けキャラの「まっとうくじら」が現れる確率が高い。

 でもその先には、文字どおりの落とし穴がある。「ミステリーゾーン」と名づけられた場所に迷い込むと、そこから出られなくなってしまうのだ。ミステリーゾーン内には4つの穴があるが、入ってしまうとミスとなり、チャレンジャーの残り人数が減ってしまう。ある程度敵を倒して、ある条件を満たせば脱出できるらしいが、タマがいっぱい襲ってきてすぐやられてしまうので、その条件が確認できなかった。

 こういうワナはこの先にもある。入ると即ミスになる偽物の洞窟。考えなしに歩いているとそこへ行きついてしまうので、途中で抜けられる道を探さなくてはならない。こう書くと何となくアドベンチャーゲームっぽい。

 あと、終盤にある巨大なアリジゴク。近づくとどんどん中心の穴に引き込まれ、落ちてミスとなってしまう。ただしパワーソードを取れば、チャレンジャーがスピードアップするので、抜け出せる可能性がある。

画像 まっとうくじらが出ている間、チャレンジャーの体力が回復する。ナイフやパワージュエルで消えるので注意
画像 いかにも何かありそうなミステリーゾーン。だがどうやら本当に何もないみたいだ
画像 アリジゴクのあたりは敵の攻撃も激しいので、敵を避けているうちに巻き込まれることが多い

 そして灰色のピラミッドに入り、シーン4へ。シーン4は固定画面のアクションゲーム。岩から岩へ飛び移り、ドン・ワルドラドにナイフを4発たて続けに撃ち込めば、倒すことができる。

 その後、マリアのもとへ駆け寄ればシーン4クリア。このときジャンプすると下に落ちてミスになるので注意。エンディングは特になく、すぐに2周めが始まるところも、この時代のゲームらしい。

画像 タマの猛攻をかいくぐり、やっと到着、プレシオドランドのピラミッド
画像 わたしはドン・ワルドラドに接近するタイミングを誤って、シーン4で2、3回ミスしてしまった

いまだにミステリアスなゲーム

 「チャレンジャー」は、“4ステージでループする”という従来のアクションゲームの枠組みを残しつつ、100画面分のマップを入れたため、アクションとRPG、アドベンチャーを混ぜたような、独特な雰囲気の作品になっている。「リアルタイムアクションアドベンチャー」というキャッチフレーズは、言い得て妙である。

 ゲームが“得点重視”から“シナリオ重視”へと移りつつあった時代ならではのゲームといえる。それだけに、似たタイプのゲームがあまり存在しない。だから今でもよく語られるのかもしれない。

 裏技も多い。わたしは「ゲームセンターCX」の本の第2巻で知ったが、例えばシーン1で列車の先頭に立ち、BGMに高い音で「カンカン」と鳴ったらすぐ、敵に当たらないようにナイフを投げる。これを4回繰り返すと、空にクジラが出現し、チャレンジャーがシーン1の間だけ無敵になる。

画像 シーン1で無敵になる裏技を実行。このクジラが出て、チャレンジャーの色が変われば成功だ
画像 ナイフの効かないタマやバル(雷雲)も体当たりで倒せる。バルを倒すとなぜかカラ(ガイコツ)になる

 ほかにも、シーン1でマリアの頭上でジャンプするたびに100点入るとか。シーン2で同じ敵を16匹倒すと出現する、空飛ぶクジラを倒すと残り人数が1人増えるとか。モーリン、オジーズ、ピタロボの順に倒すと、次に洞窟に入るまでパワーソードを持った状態になるとか。シーン3でタイムを80秒以上残してクリアすると100000点入るとか。

画像 わたしでも難易度8でクリアできたのだから、攻略法さえ知っていれば、決して難しいゲームではない

 今ではネットを調べると、たいていの裏技は載っている。ただし、やり方や効果、あるいは技そのものの有無までが、いまだ正確に分かっていないものもある。発売から22年も経っているにもかかわらず、まだ謎が残っているという点が、このゲームの神秘的な香りを強めている。

 「チャレンジャー」に続編は出ていないが、ゲームボーイアドバンス用ソフト「ハドソンベストコレクションVol.3」に収録されている(「迷宮組曲」とのカップリング)。携帯電話にも移植されており、さらに、Wiiのバーチャルコンソールや、i-revoでダウンロード販売されている。入手しやすくなったので、かつて挫折した方も、もう一度クリアを目指してプレイしてみてはいかがだろうか?

●取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた