特集
2008年01月11日 23時59分 更新

2008 International CES:

ついにXbox 360が“ミニタワー”に収まった――Sands Convention Centerで見つけたおバカなグッズたち (2/2)

前のページへ 1|2       

家庭向けオールドゲーム筐体、でもこれヤバイでしょ……

 今回Sands Convention Centerで見つけたおバカグッズの中で、キング・オブ・おバカグッズと感じたのがこれ。見た目は、アメリカのショッピングセンターなどのアーケードゲームコーナーに置いてあるような、アップライト型アーケード筐体をほぼそのまま小さくしたようなもので、家庭用のオールドアーケードゲームマシンであるとされている。

 ブースに置いてあったのは、2本のスティックが搭載される2人プレイ対応モデル「GBU002 Table-top Arcade Machine」と、1本のスティックが搭載される1人プレイ対応モデル「GBU003 Table-top MINI Arcade Machine」。1人プレイモデルは7インチの液晶が取り付けられているが、2人プレイモデルは14インチのブラウン管モニターが取り付けられており、サイズは小さいものの、雰囲気はアップライト型アーケード筐体そのものといった雰囲気だ。しかも、どちらも100種類以上のオールドゲームがプレイできるようになっている。

 ただし、Arcade Machineという名がついているものの、画面に映し出されているゲーム画面は、どこか違うところで見覚えのあるものばかり。しかも、ゲームを切り替えるためにリセットボタンを押すと、画面上には「SUPER 156 in 1」という文字とともに、多数のゲームタイトルが……。それも、任天堂、ナムコ、タイトー、コナミなどの有名ファミコンゲームが多数入ってますけど……。これって、アジア方面や秋葉原の路地裏とかで売られている、昔のファミコンソフトを1つのカートリッジに入れた、パチものファミコンソフトですよね(笑)。ファミコンの、それも版権無視で多数のソフトを入れ、それでArcadeって名前を付ける勇気には脱帽ですよ……。

 しかも、価格を聞いてまたぶっ飛びました。2人プレイモデルが2000ドル、1人プレイモデルが699ドルもするって……。中に入ってるのって、ファミコン互換機ベースの基板のはずで、確かにアーケードマシンのジョイスティックが搭載され、液晶またはブラウン管モニタが取り付けられているとはいえ、ここまで高価になるとは到底思えないんですが。オブジェにするとしてもあまりにも高すぎって感じが。少なくとも、日本の家では置き場所に困るものであることは間違いないだろう(ってか、完全に手が後ろに回るのでよい子はまねをしてはいけません)。

画像 「GBU002 Table-top Arcade Machine」。アメリカのアップライト筐体を小型化したようなもので、14インチブラウン管モニタが内蔵されている。これで2000ドルだ
画像 こちらは「GBU003 Table-top MINI Arcade Machine」。7インチの液晶モニターが取り付けられている。こちらは699ドルとちょっとだけお買い得?
画像 内蔵ゲームは、アーケードゲームじゃなくてファミコンですな。ま、版権も当然完全無視ってことでしょう……。というか、値段高すぎ(笑)
前のページへ 1|2       

[平澤寿康,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.