「ファミリートレーナー」の舞台を走るゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

連載第56回は「ファミリートレーナー」(バンダイ)。わたしが昔ハマっていた「ジョギングレース」に出てきた場所を、実際に走ってみました。あと「アスレチックワールド」「エアロビスタジオ」もご紹介します。

» 2008年02月26日 14時29分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

「アスレチックワールド」で心臓ドッキドキ

 人間ドックに行ったら、肝機能の数値が若干悪かった。体重も2キロ増えていた。

 原因は明らかに運動不足。これはいかんと急いで近所のゲームショップに行って「Wii Fit」を買おうとしたけど売り切れていた。だからそのかわりに、自宅の本棚から「ファミリートレーナー」を引っ張り出してみた。

画像 これがファミリートレーナー。A面とB面があり、「アスレチックワールド」ではA面を使う

 「ファミリートレーナー」(バンダイ)は、1986年に発売された。ファミコンの拡張端子につなげて使うマット型コントローラーで、12カ所のボタンを踏んでゲームを操作する。

 まず、ファミリートレーナーの付属ソフト「アスレチックワールド」をプレイしてみよう。トレーニングモードでは、かきね草原、けもの山道、トンネル砦、丸太橋、イカダ川の中から1つを選んでプレイする。

 まず、かきね草原を選択。マットの上で足踏みすると、画面内のランナーが走り、ジャンプするとランナーもジャンプする。コース上にある障害を、タイミングよくジャンプでかわして走るコースだ。

 ジャンプのタイミングはすぐつかめたので余裕でクリアできたが、なにぶん普段走り慣れてないもんで、わたしの体力に余裕がない。ワンプレイした後、数分ほど休憩が必要になる。

画像 下のコースのカメより先にゴールすれば勝ち。ビギナーモードとエキスパートモードでは、カメに負けるとゲームオーバー

 けもの山道は、走ってくるイノシシを、左右に避けながら走る。マットの左側や右側に移動することで、画面上のランナーも移動するのがすごい。要は大きなボタンがマットに埋めこまれているわけだが、画面のランナーがプレイヤーと同じように動いてくれるところに、新しさというか、ファミコンなのに次世代っぽさを感じてしまう。何といっても、説明書をまったく読まなくてもプレイできる、分かりやすさが素晴らしい。

 トンネル砦は、きつい上り坂があるコース。速く走らないと上がれないので、すごくきつい。

画像 トンネル砦では、すごいスピードで足を動かさないと滑り落ちてしまう。比較的クリアしやすいコースだが、疲れる

 丸太橋では一転して、操作の正確さが要求される。池の中に橋が架かっているが、ところどころ途切れていて、そのかわり左か右に丸太橋がある。丸太橋の部分では、片足でケンケンして進まなくてはならないのだ。あまり速く走りすぎると、タイミングがつかめず池に落ちてしまう。

 イカダ川ではプレイヤーは走らない。ランナーの乗ったイカダが川を流れるので、障害物をジャンプや伏せ(前方のボタンに手をつく)、左右移動で避けるのだ。

 ビギナーモードとエキスパートモードでは、これら5つのコースをひと通り走る。全コースをクリアすると、プレイヤーの運動能力が判定され、講評とクリア認定証が表示される。わたしは後半バテたんで、最後はかかとをボタンのない位置に置いて、ジャンプのときにつま先を上げていた。ズルである。

画像 運動能力が数値で出てくるあたりも、何となく「Wii Fit」っぽいような気がする

 エキスパートモードでは、モグラやコウモリ、カエルなどのジャマが入って、より難しい。イカダ川で2回ゲームオーバーとなり、そのつど頭からやり直し。3回めにようやくクリアするが、出てきた文字は「2しゅうめがんばれ」。

 さらに難度の上がった2周目をクリアすると、「3しゅうめがんばれ」。3周目のかきね草原で力尽きた。でもちゃんと認定証と体力判定は表示された。1・1・8・1・1という、惨たんたる数値だったけど。


画像 唯一“伏せ”の動作が必要なイカダ川。エキスパートモードでは、飛び上がる魚を“伏せ”でよける場面もある
画像 エキスパートモードの丸太橋。カエルがジャンプしてくるので、その下をくぐってかわすのだ
画像 2周目は夜のコースを走る。おじゃまキャラが多いだけではなく、コース自体も難しくなっている

「エアロビスタジオ」でエクササイズ

画像 ファミリートレーナーのB面。「エアロビスタジオ」ではこちらを使う

 ファミリートレーナーでは「アスレチックワールド」のほかに、別売の専用ソフトが9タイトル発売された。次はその中から、いちばんWii Fitっぽい「エアロビスタジオ」をやってみよう。

 女性インストラクターの指示で体を動かすこのゲーム。“音声合成IC搭載”で、「ハロー、レッツゴー!」といった掛け声も出る。

 ゲームモードは大きく分けて3つ。「エクササイズスタジオ」では、クラス1からクラス8まで、それぞれ8種類ずつのステップを、インストラクターの動きに合わせてこなしていく。10回ミスするとゲームオーバー。ただしパスワードがあるので、すでにクリアしたクラスは飛ばしてプレイできる。

 わたしはクラス1こそすんなりクリアできたが、マットの上に座って手足を動かすクラス2に大苦戦。手でボタンを押す場合、やや強めに押さないと認識されにくい。さらに、体をひねって手でボタンを押す動きになると、体の硬いわたしにはツラく、ミスを繰り返す。

 クラス3になると、1ステップごとにジャンプしなければならない。体力がついていかずにゲームオーバー。「ワン、ツー、スリー、フォー」というインストラクターの声もキツい口調で、エアロビというより、もはやビリーズブートキャンプである。

画像 上半身の動きはマットに反映されないが、ちゃんと動かしたほうが運動になる
画像 両手、両足、お尻の計5カ所でボタンを押さなくてはならないクラス2。かなりの難関だ

 「エアロビコンテスト」モードは、5分コースから20分コースまであり、インストラクターの動きにどれだけミスなくついていったかが、100点満点で採点される。

 20分コースだとステップ(動き)の種類は64ステップにも及ぶが、1つ1つのステップが短く、1ステップをノーミスで行けると点数が10点増えるため、「エクササイズスタジオ」よりかなり評価が甘い。でもそれだけに、無理なくステップをこなすことができて、適度にいい運動になった。長くやるほど、ステップのパターンが少ないのがちょっと気になってくるけど。

画像 エアロビコンテスト。難しいステップがあまり出てこないこともあって、高得点が出やすい

 「プレイスタジオ」モードでは、ファミリートレーナーのボタンをピアノの鍵盤に見立てて、音楽を奏でる「メロディステップ」、指定された曲のメロディーを、表示されたタイミングで演奏する「メロディダンシング」、手や足を、指示されたボタンの上に置いていく、ひとりツイスターっぽい感じの「エアロステッピング」が遊べる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評