連載
» 2008年02月26日 14時29分 公開

「ファミリートレーナー」の舞台を走るゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

連載第56回は「ファミリートレーナー」(バンダイ)。わたしが昔ハマっていた「ジョギングレース」に出てきた場所を、実際に走ってみました。あと「アスレチックワールド」「エアロビスタジオ」もご紹介します。

[ゲイムマン,ITmedia]

「アスレチックワールド」で心臓ドッキドキ

 人間ドックに行ったら、肝機能の数値が若干悪かった。体重も2キロ増えていた。

 原因は明らかに運動不足。これはいかんと急いで近所のゲームショップに行って「Wii Fit」を買おうとしたけど売り切れていた。だからそのかわりに、自宅の本棚から「ファミリートレーナー」を引っ張り出してみた。

画像 これがファミリートレーナー。A面とB面があり、「アスレチックワールド」ではA面を使う

 「ファミリートレーナー」(バンダイ)は、1986年に発売された。ファミコンの拡張端子につなげて使うマット型コントローラーで、12カ所のボタンを踏んでゲームを操作する。

 まず、ファミリートレーナーの付属ソフト「アスレチックワールド」をプレイしてみよう。トレーニングモードでは、かきね草原、けもの山道、トンネル砦、丸太橋、イカダ川の中から1つを選んでプレイする。

 まず、かきね草原を選択。マットの上で足踏みすると、画面内のランナーが走り、ジャンプするとランナーもジャンプする。コース上にある障害を、タイミングよくジャンプでかわして走るコースだ。

 ジャンプのタイミングはすぐつかめたので余裕でクリアできたが、なにぶん普段走り慣れてないもんで、わたしの体力に余裕がない。ワンプレイした後、数分ほど休憩が必要になる。

画像 下のコースのカメより先にゴールすれば勝ち。ビギナーモードとエキスパートモードでは、カメに負けるとゲームオーバー

 けもの山道は、走ってくるイノシシを、左右に避けながら走る。マットの左側や右側に移動することで、画面上のランナーも移動するのがすごい。要は大きなボタンがマットに埋めこまれているわけだが、画面のランナーがプレイヤーと同じように動いてくれるところに、新しさというか、ファミコンなのに次世代っぽさを感じてしまう。何といっても、説明書をまったく読まなくてもプレイできる、分かりやすさが素晴らしい。

 トンネル砦は、きつい上り坂があるコース。速く走らないと上がれないので、すごくきつい。

画像 トンネル砦では、すごいスピードで足を動かさないと滑り落ちてしまう。比較的クリアしやすいコースだが、疲れる

 丸太橋では一転して、操作の正確さが要求される。池の中に橋が架かっているが、ところどころ途切れていて、そのかわり左か右に丸太橋がある。丸太橋の部分では、片足でケンケンして進まなくてはならないのだ。あまり速く走りすぎると、タイミングがつかめず池に落ちてしまう。

 イカダ川ではプレイヤーは走らない。ランナーの乗ったイカダが川を流れるので、障害物をジャンプや伏せ(前方のボタンに手をつく)、左右移動で避けるのだ。

 ビギナーモードとエキスパートモードでは、これら5つのコースをひと通り走る。全コースをクリアすると、プレイヤーの運動能力が判定され、講評とクリア認定証が表示される。わたしは後半バテたんで、最後はかかとをボタンのない位置に置いて、ジャンプのときにつま先を上げていた。ズルである。

画像 運動能力が数値で出てくるあたりも、何となく「Wii Fit」っぽいような気がする

 エキスパートモードでは、モグラやコウモリ、カエルなどのジャマが入って、より難しい。イカダ川で2回ゲームオーバーとなり、そのつど頭からやり直し。3回めにようやくクリアするが、出てきた文字は「2しゅうめがんばれ」。

 さらに難度の上がった2周目をクリアすると、「3しゅうめがんばれ」。3周目のかきね草原で力尽きた。でもちゃんと認定証と体力判定は表示された。1・1・8・1・1という、惨たんたる数値だったけど。


画像 唯一“伏せ”の動作が必要なイカダ川。エキスパートモードでは、飛び上がる魚を“伏せ”でよける場面もある
画像 エキスパートモードの丸太橋。カエルがジャンプしてくるので、その下をくぐってかわすのだ
画像 2周目は夜のコースを走る。おじゃまキャラが多いだけではなく、コース自体も難しくなっている

「エアロビスタジオ」でエクササイズ

画像 ファミリートレーナーのB面。「エアロビスタジオ」ではこちらを使う

 ファミリートレーナーでは「アスレチックワールド」のほかに、別売の専用ソフトが9タイトル発売された。次はその中から、いちばんWii Fitっぽい「エアロビスタジオ」をやってみよう。

 女性インストラクターの指示で体を動かすこのゲーム。“音声合成IC搭載”で、「ハロー、レッツゴー!」といった掛け声も出る。

 ゲームモードは大きく分けて3つ。「エクササイズスタジオ」では、クラス1からクラス8まで、それぞれ8種類ずつのステップを、インストラクターの動きに合わせてこなしていく。10回ミスするとゲームオーバー。ただしパスワードがあるので、すでにクリアしたクラスは飛ばしてプレイできる。

 わたしはクラス1こそすんなりクリアできたが、マットの上に座って手足を動かすクラス2に大苦戦。手でボタンを押す場合、やや強めに押さないと認識されにくい。さらに、体をひねって手でボタンを押す動きになると、体の硬いわたしにはツラく、ミスを繰り返す。

 クラス3になると、1ステップごとにジャンプしなければならない。体力がついていかずにゲームオーバー。「ワン、ツー、スリー、フォー」というインストラクターの声もキツい口調で、エアロビというより、もはやビリーズブートキャンプである。

画像 上半身の動きはマットに反映されないが、ちゃんと動かしたほうが運動になる
画像 両手、両足、お尻の計5カ所でボタンを押さなくてはならないクラス2。かなりの難関だ

 「エアロビコンテスト」モードは、5分コースから20分コースまであり、インストラクターの動きにどれだけミスなくついていったかが、100点満点で採点される。

 20分コースだとステップ(動き)の種類は64ステップにも及ぶが、1つ1つのステップが短く、1ステップをノーミスで行けると点数が10点増えるため、「エクササイズスタジオ」よりかなり評価が甘い。でもそれだけに、無理なくステップをこなすことができて、適度にいい運動になった。長くやるほど、ステップのパターンが少ないのがちょっと気になってくるけど。

画像 エアロビコンテスト。難しいステップがあまり出てこないこともあって、高得点が出やすい

 「プレイスタジオ」モードでは、ファミリートレーナーのボタンをピアノの鍵盤に見立てて、音楽を奏でる「メロディステップ」、指定された曲のメロディーを、表示されたタイミングで演奏する「メロディダンシング」、手や足を、指示されたボタンの上に置いていく、ひとりツイスターっぽい感じの「エアロステッピング」が遊べる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  5. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  6. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  7. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる
  10. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」