ニュース
» 2008年08月13日 12時50分 公開

世界最大のゲーム競技大会「WorldCyberGames 2008」アジアチャンピオンシップ、シンガポールで開催――日本総合3位に入賞!!(2/3 ページ)

[松井悠,ITmedia]

ストリートレーシングカーにコスプレ大会? シンガポールでは日本カルチャー大ブーム

 今回のアジアチャンピオンシップは、テレビCM、ラジオCM、雑誌広告などさまざまな告知を行っていたせいもあってか、多くの人々が会場に足を運んでいた。その中でも、面白かったのが「コスプレ」コンテストと、「FASTEST GEEK(最速オタク)」イベント。

 「コスプレ」は世界共通語だとは聞いていたものの、200名を越えるシンガポールのコスプレイヤーが会場に集まり、思い思いのコスプレをしている姿は感動をおぼえるほど。ちなみに、コスプレの種類は「ゲーム」、「アニメ」、「マンガ」、「軍隊モノ」と幅広く、日本とほとんど変わらないラインアップ。日本の多くのコスプレイベントで禁止されている「長モノ(刀や槍、銃器など)」も特に規制はされていないようだ。隣の会場では、シンガポール軍の兵隊さんたちによる慰労イベントが開催されている中、重装備のSWATコスプレをしている若者の集団と、休憩している迷彩服のシンガポール兵たちがなごやかに会話をしているという、なにやらわけの分からないワンシーンを目にすることもできた。

 「FASTEST GEEK」は、展示ブースを出していたインテルのイベントで「自作PCを誰が一番早く組み立てて起動できるか」というもの。優勝賞品もかなり豪華で、多くの人々がエントリーしていた。シンガポールでは自作パソコン文化が普及しているらしく、大きなショッピングモールにPCパーツショップが軒を連ねている。自作PCとハイスペックパーツ、そしてPCゲームという好循環がシンガポールのe-sportsシーンを支えているのだろう。

 また、ひときわ大きなブースには日産の新型GTRをはじめ、カスタムカーが3台鎮座していた。そして、中央のスクリーンにはなぜか日本のドリフト映像が。ブースの方に聞いてみたところ、シンガポールでは日本車が大人気。しかも「頭文字D」や「ワイルドスピード3」で日本車が繰り出す「ドリフト」がブームを巻き起こしているという。ちなみに、シンガポールでは自動車の取得税が非常に高く、場合によっては車両本体価格の2〜3倍の費用がかかるため、ニューリッチの両親が子供にプレゼントすることが多いのだとか。

 筆者も多数海外のゲームイベントに参加しているのだが、ここまで日本のサブカルチャー文化がとけ込んでいるイベントは初めてのこと。会場にいる多くの人に「日本から来たのか! ○○は知っているか?」と問いかけられたのだが、そのいずれもがコアなもの(「秋名に行ってみたいんだが、東京からどのくらいかかるんだ?」、「日本のコスパは今何がブームなんだ?」などなど)ばかりで、彼らの熱について行くだけで精一杯だった。

FFのコスプレをした女の子。彼女のアクションは会場から大歓声が起こるほどの人気
ステージにずらりと並んだコスプレイヤー。これでも全体の1/4以下なのだから驚き。
会場の外では、撮影会が始まっていたのだが……まさかシンガポールでオタ芸を見ることになるとは

新型のパーツを使用した自作PCの展示が行われており、多くの人がスペックを確認していた
インテルブースではライド式のF1レーシングゲームが人気を集めていた
自作PC早組み競争のひとコマ。この日だけで数十台のPCがくみ上げられている

自作PC早組み競争の優勝賞品。これだけでも数十万円の価値はあるのでは……
ドリフト仕様ラジコンカーやラジコンヘリなども会場で販売されていた
カリカリにチューニングした日本車。燃費なんて気にしない人たちはまだまだ健在の様子

e-sportsイベントが隆盛を極めるシンガポール

ショーアップされたステージでは、高レベルの試合がひっきりなしに続く

 シンガポールでは、年間を通してさまざまなe-sports大会が開催されている。その多くは企業がヘッドスポンサーについているもので、インテルやサムスン、nVidia、AMDなど、日本でも有名な企業ばかり。今回、アジアチャンピオンシップに大きなブースを出展していたインテルテクノロジーアジアセールスマネジャーのKoh Su Hock氏に、なぜe-sportsイベントに協賛するのか、お話を伺うことができた。

 Koh氏は「選手、観客、すべてがインテルテクノロジーの顧客となる人々だからです。シンガポールでは多くの人々が自作PCを使用するカルチャーが根付いており、e-sportsに参加する選手はもちろん、高スペックのものを使ってくれますし、その試合を見ている観客も『選手たちが使っているものだから信頼できる』と我々の製品を選んでくれます。今後もインテルはシンガポールの様々なe-sportsイベントに協賛していくでしょう」と語ってくれた。

 会場にいるのは、いわゆる「ゲーマー」風の若者だけではなく、試合を見に来た、あるいはイベントを楽しみに来たカップルや、親子連れなども多く見受けられた。このため、単なる「ゲーマー向け」のイベントではなく、「会場に来る様々な人向け」のイベント展開を行っている印象が強い。ここは、日本のゲームイベントと大きく異なっている点といえるだろう。

一昔前の街頭テレビ前を思わせる風景。彼らが見守るのは大人気のDOTAの試合だ
トレーディングカードゲームのトーナメントも併催され、こちらも大盛り上がり
ワールドワイドスポンサーのサムスンブースでは、携帯電話ゲームのイベントも

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」