ニュース
» 2008年12月25日 23時40分 公開

イブの夜、いよいよ本格始動した「ニンテンドーDSiウェア」と戯れる日々是遊戯

DSi発表当初から、目玉機能のひとつとして挙げられていた「ニンテンドーDSiウェア」がいよいよ本格的に動き出した。今回はその中から、「うごくメモ帳」など4タイトルをレビューしてみます。

[池谷勇人,ITmedia]

1000ポイントでどれを落としますか?

ようやく本格オープンした「ニンテンドーDSiショップ」

 12月24日より「うごくメモ帳」など13タイトルの配信が開始された、ニンテンドーDSi専用ダウンロードアプリ「ニンテンドーDSiウェア」(詳しい内容はこちらを参照)。個人的にはカメラやサウンド機能以上の期待を寄せていた新サービスであり、またイブの夜と言っても特に予定もなかったので、さっそく突撃してみることにした。

 これらのDSiウェアは、ニンテンドーDSiのメニュー画面から「ニンテンドーDSiショップ」にアクセスすることで購入可能。今回はひとまず「ニンテンドーDSiウェアおためしキャンペーン」でもらった1000DSiポイントを使って、「うごくメモ帳(無料)」、「うつすメイドインワリオ(500ポイント)」、「鳥とマメ(200ポイント)」、「ちょっとマジック大全 恐ろしい数字(200Wiiポイント)」の4本を落としてみた。これで合計900ポイント。有料アプリというと尻込みしてしまう人も多そうだが、「お試し」感覚で1000円分まで無料で購入できるのはうれしいところだ。

「うごくメモ帳」

 なんとも任天堂らしい、「遊べる」仕掛けがたくさん詰まったメモ帳アプリ。もちろん名前のとおり"メモ帳"として活用してもいいが、目玉はやはりパラパラマンガ作成機能だろう。自分でパラパラマンガを作って楽しむのはもちろん、ニンテンドーWi-Fiコネクションに接続することで、作ったパラパラマンガを公開したり、逆に他人が作ったパラパラマンガを見て楽しんだりもできるのが面白い。また投稿された作品は、はてなとの共同でスタートした「うごメモはてな(http://ugomemo.hatena.ne.jp/)」にアクセスすれば、PCや携帯電話からでも閲覧可能。どんな作品が作れるのか知りたい人は、先にこちらで確認してみてもいいだろう。

 タッチペン操作ができて、ネットにもつながるニンテンドーDSは、もともとこうしたCGM系のサービスと相性がいいのかもしれない。絵心のない人でも「ちょっと作ってみようかな」という気にさせる、不思議な魅力と可能性が詰まったアプリだ。

任天堂が関わると「メモ帳」でさえオモチャになってしまう!?
前の絵を透かしてなぞるだけで、誰でも簡単にパラパラマンガが作成できる

絵が描けない人は、こんな感じでカメラから画像を取り込んでも楽しい
Wi-Fiに接続すれば、他人が作った力作を見たり、自慢の作品を投稿したりもできる

「うつすメイドインワリオ」

 「まわる」→「さわる」→「おどる」と来て、今度は「うつす」。その名のとおり、DSiのカメラを使って「帽子をかぶれ!」「肩をたたけ!」といった、さまざまな「瞬間アトラクション」に挑戦していくことになる。

 「うつす」というからには、てっきりお題に応じてカメラの方を動かすんだろうと思っていたら、なんとまるっきり反対だった。DSiを机の上などに置き、内カメラに映った“自分自身”の顔や手を使って遊ぶ――というのが、本作の正しい遊び方だ。

 “自分自身がゲームの中に入ってプレイするバカバカしさ(いい意味で)”自体は、数年前に「アイトーイ プレイ」がやってしまっているが、それでも面白いものは面白い。またクリア後は、遊んでいた姿をアニメや4コマ漫画に加工して見せてくれるため、自分で遊ぶよりもむしろ「誰かに遊ばせる」方が盛り上がりそうだ(どちらかと言えば、自分がこれで遊んでいる姿はあまり見られたくない)。

 欠点はやはりボリュームの少なさ。全部で4つのコースが用意されているが、どのコースも数分で終わってしまい、やり込み要素などもないため、1人ではすぐに飽きてしまうだろう。ただ、500ポイントという価格と、「誰かに遊ばせて楽しむ」のがメインだと考えれば、妥当な価格設定と言えるのかもしれない。

カメラに写った自分の顔や手を使って、様々なお題に挑戦していく
クリア後は、プレイ中に撮っていた写真を、4コマ漫画などに加工して見せてくれる

「鳥とマメ」

マメはなるべく画面の上でキャッチすると高得点

 初代「メイドインワリオ」の隠しミニゲームとして収録されていた「PYORO」をそのまま移植したもの。ナナメに伸びるベロを駆使して、上から降ってくるマメをひたすら食べていくだけのゲームだが、スコアアタックが非常に熱く、また1プレイ数分という手軽さも手伝って、当時はゲーム本編以上にハマってしまう人が続出した。「メイドインワリオ」本編では、アンロック条件がかなり厳しかった「PYORO2」も収録されており、200ポイントという価格なら文句なくオススメの作品。

「ちょっとマジック大全 恐ろしい数字」

最後に浮かび上がる、「恐ろししい数字」とは一体!?

 残り300ポイントで何を買おうか……と迷った末、買ったのがコレ。DS用ソフト「マジック大全」に収録されているマジックの中から選りすぐりの3種類を収録したものだ。

 代表マジックである「恐ろしい数字」は、生年月日を入力して質問に答えていくと、ある"恐ろしい数字"が浮かび上がる――という内容で、飲み会の席などで披露したらちょっとウケそう。実は昔、マジックを趣味にしていたことがあるが、こういうネタはいつどんな時でも披露できるように、「常に持ち歩いている」ことが大切。その意味では、DSiのコンセプトにはぴったりのソフトと言えるかもしれない。

 ただ、マジックのタネ自体はわりと昔からあるチープなもので、1人で遊んでも大した驚きはないうえ、収録マジックもたった3つでは、アッと言う間に終わってしまう。あくまで誰かに見せる機会がある人用、と考えた方がよさそうだ。

(C)2008 Nintendo
(C) 2008 Nintendo
Program:(C) 2008 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS
(C)2003-2008 Nintendo
(C)2006-2008 Nintendo マジック監修・考案テンヨー


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」