ニュース
» 2009年02月13日 21時00分 公開

講師は個性派クリエーター3名! 一夜限りの「夜のゲーム大学」がふたたび開校日々是遊戯

麻野一哉氏、飯田和敏氏、米光一成氏ら3人のゲームクリエイターが、時におかしく、時にマジメにゲームを語るイベント「夜のゲーム大学2」が、去る2月8日に東京・阿佐ヶ谷のAsagaya/Loft Aにて行われた。

[池谷勇人,ITmedia]

こんな大学なら喜んで通います!

 土曜日の「ボードゲーム交流会」に続いて、日曜日には東京・阿佐ヶ谷で行われた「夜のゲーム大学2」というイベントに参加してきた。

 「弟切草」「街」などを手がけた麻野一哉氏、「アクアノートの休日」「巨人のドシン」の飯田和敏氏、そして「ぷよぷよ」「バロック」の米光一成氏という、個性派クリエイター3名が繰り広げる「新感覚ゲーム授業ライブショー」も今回で2回目。日曜夜という、社会人にとってはなかなかキビしい時間帯の開催ながら、会場には早くから多くのゲームファンが詰めかけ、一夜かぎりの貴重な「授業」を楽しんでいった。

 授業の内容はというと、1時間目が麻野氏による「ゲームの歴史」講義、2時間目が飯田氏による「遊び格差社会の到来」、3時間目が米光氏の「ゲームアイデアを出す現場」と、マジメに役に立ちそうなものから、限りなくエンターテイメントに寄ったものまでさまざま。途中、飯田氏の最新作「ディシプリン 調律帝国の誕生」や、3人が現在手がけている新作モバイルゲームの情報も飛び出すなど、参加者にとって嬉しいサプライズもあった。

 以下、それぞれの講義内容は大体こんな感じ。

1時間目:「ゲームの歴史」(講師:麻野氏)

任天堂がファミコン以前に発売していた「光線銃カスタム」。任天堂が電子玩具の力を入れるきっかけになった製品だ

 麻野氏は、テレビゲームの誕生から現在に至るまでの歴史を振り返りつつ、ゲーム市場がいかにして生まれ、どのように成長してきたのかを、ところどころユーモアも交えつつ説明。なぜアタリは失敗し、ファミコンは成功したのか? そしてファミコンの成功がゲームメーカーにどのような問題をもたらしたのかなどを、開発者の視点から振り返っていった。

2時間目:「遊び格差社会の到来」(講師:飯田氏)

講義の最後には、同氏が現在Wii Wareとして開発中の「ディシプリン 調律帝国の誕生」の映像も

 「GTA4」や「Guitar Hero」シリーズ、そして「Call of Duty:World at War」などの海外タイトルを例に挙げ、ついにゲームの分野にも「格差社会」がやってきたと提言した飯田氏。日本のゲーム市場が持つ「保守性」は思考停止に等しく、このまま鎖国状態が続くなら、日本と海外との「ゲーム格差」は広がっていく一方だと問題を投げかけた。

3時間目:「ゲームアイデアを出す現場」(講師:米光氏)

特別ゲストとして、小説家の長嶋有氏も登場。講義にも使われた「あるゲーム」は、氏の小説「ねたあとに」からの引用

 「角砂糖が水に溶ける様子」を観察させたり、麻雀牌を使った「あるゲーム」の一場面からそのゲームのルールを推測させたりと、米光氏の講義は体験形式で進行。何かテーマを決めたら、まずそれについて脳内で想像してみて、次に実際にそれを観察してみる。想像と観察の間を何度も往復しながら、徐々に具体的なアイデアを固めていく――というのが米光氏なりのゲームの作り方だそうだ。

4時間目:「『携帯ゲーム化会議』製作秘話」(講師:麻野氏、飯田氏、米光氏)

完成したゲームはこんな感じ。イメージしたのは「J-POP」だそうで、プレイ中は画面下に表示される「歌詞」にも注目

 最後は、3人が現在開発中の携帯電話向けゲーム「さくら」を例に、携帯ゲーム開発の裏側では日々どんなことが行われているのかが語られた。なおこのゲームは米光氏の発案によるもので、はらはらと舞い落ちる桜の花びらを、風を吹かせてより遠くまで届けるのが目的。モバイルサイト「三文堂」にて、2月19日リリース予定とのことなのでお楽しみに。


 授業中もアルコールOK(もちろん講師陣も)という自由な校風もあって、講義は終始なごやか……というか、時間帯相応の混沌とした雰囲気のなか進行。途中、飯田氏によるギター弾き語りや、ここでは書けないような裏話なども披露され、とにかくアッと言う間に時間が過ぎていった。飲んで、食べて、笑えて、それでいてためになる「夜のゲーム大学」。ぜひ第3回の開催にも期待したいところだ。

まだまだ寒い季節にもかかわらず、会場内はギュウギュウに詰まった参加者たちの熱気で汗がにじむほどだった
いきなりビールで乾杯をはじめる講師陣。このユルさも「夜のゲーム大学」の魅力です
3人による著書「日本文学ふいんき語り」「恋愛小説ふいんき語り」もひっそりと売られていた

最後に紹介した「さくら」のダウンロードはこちらから

※2月19日配信開始予定
QRコード
  • i-mode:メニューリスト→ゲーム→ミニゲーム→\99ゲーム・マチウケ三文堂→携帯ゲーム化会議
  • Ezweb:メニューリスト→ゲーム→FLASHゲーム→フラッとおいでよ三文堂→携帯ゲーム化会議
  • Yahoo!ケータイ:メニューリスト→ケータイゲーム→ゲームパック→フラッとオイデヨ三文堂→携帯ゲーム化会議

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  9. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声
  10. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」